Fandom

The Elder Scrolls Wiki

コメント0

ESOのアップデートで自分が所属していないギルドストアの物品購入が可能に。PvPキャンペーンも更新

Gurgate 2014年8月8日 User blog:Gurgate

ESOが最近アップデートされましたね。

古いアドオンの更新が必要

おかげで、いままで使っていたほとんどのアドオンも Out of Date 表示になり、使えなくなってしまったものもでてきました。 アップデートが来たら、すぐにでも使用しているアドオンの最新版がないか確認してみましょう。 使用中にLuaのスクリプトに関するエラーが出ているなら、そのアドオンの利用頻度が少なければ一時的に無効にしてしまってもいいでしょう。もしどうしてもそのアドオンを使用したければ、作者に更新をお願いしたり、他のアドオンを探してみるといいでしょう。

一時的にギルドストアが使えなくなった

そして、突然ギルドストア (Guild Store) が使えなくなってびっくりしました。自分が所属しているギルドで売りに出していたアイテムはどこに? となりました。そしたら、そのときは公式アナウンスにより、一時的にギルドストアを無効にしているとのことでした。 そして Tamriel のあちこちにギルドストアの屋台が登場するようになりました。話しかけてみると、 Good Bye 以外の選択肢がありませんでした。これこそ新しい更新のようです。後に、公式アナウンス一時的に使えなくなっていたギルドストアが復活しました。

便利なギルドストアがバンクから分離しタムリエル中に散らばった

つまり、いままでは Bank (バンク) に直接立ち寄って自分が所属しているギルド経由でしか他のプレイヤーとアイテムの売買ができませんでした、それが、このギルドストアによって、自分が所属していないギルドのプレイヤーが売りに出しているアイテムの購入ができるようになりました、ということです。

そしてさらに、自分のギルドに所属していない他のプレイヤーが自分が売りに出しているアイテムを購入できるようになりました。 しかもギルドストアが世界中に散らばって、わざわざバンクに行かなくても他のプレイヤーが売っているアイテムを購入できるようになりました。 しかも、いままではプレイヤーは一度に3つのギルドにしか加入できなかったため、ギルド経由での他のプレイヤーとの売買は3つのギルドでしかできませんでした。そのため、それ以外の方法では、他のプレイヤーに直接 Interact して売買する必要がありました。(購入と販売の方法にある程度の制限がありますが) それがすべてのギルドで売買が可能になりました。

自分が所属していないギルドのストアの屋台でアイテムの購入ができるようになった

これで、自分が所属していないギルドのストアの屋台で料理レシピを大量購入しました。これで、Provisioning (料理) に必要な食材が有り余って使えなかったところ、ちゃんと消費できるようになり、料理だけでお金を稼ぎやすくなりました。 ギルドストアの屋台の場所は、どうやって決めているんでしょうかね。その辺りはまだわからないのですが、だいたいが町の中にあります。たまに町のすぐ外で販売していることもありますね。

なんにせよ、これで Bank に人がよってたかって集まって混みあうこともほとんどなくなったんじゃないかと思います。かなり空いてきました。場所によっては、Bank の部屋が寂しくなっているところでてきました。

Dye Station で防具の染色が可能に

さらに、公式のアナウンスでもありましたが、ESOには Dye Station という作業場が新たに追加されました。これで、自分の鎧やローブなどをタダで染色することができるようになりました。すべての色が使えるわけではく、新しい色をアンロックするには何か条件を満たす必要があるようです。わりと鮮やかな色が多いと思います。金属鎧がいかにもメタリックな鮮やかなカラーになり少し格好良くなりました。自分の防具を染色すると、その防具は自分専用になり、他のプレイヤーには渡すことができなくなる点には注意です。

新しいCyrodiilのキャンペーン

そしていままでの Cyrodiil の PvPキャンペーンが終わって、負けたけれども、Ebonheart Pactにそれなりに貢献したということで、たっぷりとゴールドをもらえました。30000Gくらいもらえました。さっそく、Bag の容積を最大まで増やし、Bank の保管庫の枠も増やてみました。もっと強くて、もっと貢献していれば多分さらにどでかい報酬が貰えるんでしょうねえ。次こそはがんばろう。まずは、Cyrodiil以外の通常のクエストを進めて、レベル50まで上げなくてはほとんど勝ち目がない…。それにしてもドミニオンチーム ( Aldmeri Dominion) 強すぎです。

そしてキャンペーンが新しくなり、「Wabbajack」という以前のキャンペーンが亡くなって、30日キャンペーン、14日キャンペーン、7日キャンペーン?といったものにわかれました。30日キャンペーンにエントリーしようとしたら錠前のアイコンがついて満席。しかたなく14日キャンペーンに。 14日キャンペーンはわりと拮抗しているんじゃないかと思います。そして恐るべきドミニオンもなぜか初心者が多くてそこそこ勝てる相手が多かったような。しかしその中に強いのがいたり。どういうわけか、このキャンペーンでもドミニオンチームにはステルサー (Stealther) が多く、奇襲攻撃で背後から何度も瞬殺されました。

いままでのキャンペーンでは、Wabbajack 以外では特定のチームがあまりにも強くて、マップが真っ黄色に染まったり真っ青に染まったりと、スカウトのクエスト以外ではほとんど Alliance Point (アライアンスポイント) を稼げないという苦しい事態がありました。別のドミニオンのキャラクターでプレイしているときに、すべての取りで真っ青に染まってすべての Elder Scroll が奪われて絶望的で困難な状況で、奮闘している仲間プレイヤーの方もいました。そこでそこそこのプレイヤーキルや、防衛による報酬がもらえたりはしました。しかし砦とエルダースクロールを奪還できないのは痛いですねえ。エルダースクロールを奪うかどうかで、戦況も大きく左右されますし。レベル50のプレイヤーには瞬殺されるので、ひたすらスカウトのクエストを受けてお金とアライアンスポイントを少しずつ稼ぐという状態でした。

そんな問題に運営が気づいたのか、短期間キャンペーンを用意してくれたようですね。以前よりもキャンペーンの数は減りました。がら空きで勢力バランスの悪いキャンペーンが多すぎたんですかね。

エボンハートとドミニオンとの狭間にあるチョークポイント

 哀愁を感じさせる Castle Alessia (Fort Alessia) の城跡。Oblivion の時代にはすっかりと廃墟になっている

哀愁を感じさせるCastle Alessia (Fort Alessia) の城跡。Oblivion の時代ではすっかりと廃墟になっている

それにしても、Ebonheart PactAldmeri Dominion との間には、戦況を大きく左右するチョークポイントがしっかりと設定されていますね。The Elder Scrolls IV: Oblivion をプレイしたことがある方ならわかると思いますが、Cyrodiil の南東には、Imperial City から南東に向かって流れる川があります。 Niven River という川が流れています。ESOでは、その川に3つの橋がかかっているのですが、Imeprial City の一番手前にある橋が一番の激戦区です。その橋が沿岸要塞として機能し、Ebonheart PactAldmeri Dominion との間で、Castle Alessia (Oblivionでは Fort Alessia) を巡って激しい交戦が繰り広げられることがあります。Oblivion では、バンディットが通行料をかすめ取ろうとする程度ののどかで眺めのいい細長い橋だったのですが、Oblivion の時代を何百年も遡った時代にはまさかあんなに激しい戦いがあったとは想像もつきませんね (笑)。


なにせ、ESOのPvPでは、Oblivionとは違って、この川を泳いで渡ることはできないのですから。無理に泳いで渡ろうとすると、Slaughterfish に食い殺されてしまいます。今までのシリーズと違って、Slaughterfish を殺すことはできません。釣り竿でたまたま釣餌にひっかかった魚が Slaughterfish だったということはありますが (笑)。だから双方のチームが敵対チームの砦を攻略するには、この橋が重要なわけです。他にも2つの橋がかかっていますが、距離があまりにも遠いためほとんど使われることはありません。

このチョークポイントの存在が不公平だと感じるプレイヤーもいるようです。 そういう点から見ると、Daggerfall Covenantはある意味で恵まれているかもしれません。この件についても運営側から何かしらの調整が入ることがあるかもしれませんね。でも、ダガーフォール・カバナントにチョークポイントがないということは、逆に防衛しづらいということでもあります。ドミニオンとエボンハートとの挟み撃ちにされやすいという点でもありますね。ということなので、それぞれ有利不利な点があります。 すこし勘違いがありました。川ではありませんが、ドミニオンとダガーフォールとの間、ダガーフォールとエボンハートとの間には川の代わりに山に挟まれたゲートによるチョークポイントはあります。その前後どちらかには Outpost (前哨基地) がそれぞれあります。しかしゲートを巡っての戦いはいまのところほとんど見たことがないですね。

まあしかし、Slaughterfish が怖いなら船を使えばいいじゃないか! と思ってしまうかもしれないですね。包囲攻撃兵器を組み立てられるのに船を組みたれられないのはおかしいんじゃないかと思っている人もいたり? そんなこと言い出すとキリがないですが、このチョークポイント、どうにかしたいですねえ。この橋を突破するかどうかで、その後の戦況が全然違う。突破すればドミニオンを一時的に劣勢に立たせることができます。逆に突破されるとエボンハートは苦しくなりやすい傾向にありますね。

それに その橋の北東にある Outpost (前哨基地) という種類の砦もなかなかの曲者です。城壁に囲まれていないために簡単に攻略出来てしまうとう難点があります。外からの攻撃に明らかに弱いです。橋を突破されるとこの前哨基地もすぐに攻め落とされます。他の Outpost にも言えることですが、すぐに占領されてしまいやすい建物です。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki