FANDOM


ESOでは、個人が開発したアドオン (Add-On) という、MODのような便利なソフトウェアを利用することができます。 このソフトをESOにインストールするとESOのプレイを円滑に進めることができます。


アドオンは、Skyrim などの MODとは違い、ルールが厳しく使い方を誤るとBANされてしまうこともありますが、正しい使い方を知っていればそういうこともなくなります。

ESOのアドオンは主にLua (ルア) というスクリプトタイプのプログラミング言語を使ってコーディングされているようです。

Skyshard (スカイシャード) という、集めるとスキルポイントを稼げる強力なアイテムがTamriel (タムリエル) には散らばっています。これを集めるのはなかなか苦労します。そこでアドオンの出番です。ここではまだ採集していない Skyshard の場所をマップマーカーで表示して収集を便利にするアドオンを Windows 7にインストールする方法を紹介します。

こちらのブログエントリ (記事) の情報は古くなっている可能性があります。下記の記事のインストール手順については、アドオン (ESO)にも転記されています。ブログエントリ記事は原則として一人しか編集できないため、徐々に情報が古くなっていきます。アドオンのインストールについての最新の情報はアドオン (ESO)の閲覧を推奨します。

アドオンをインストールする前の準備

アドオンをインストールする前に、まず自分の「マイドキュメント」フォルダ (ディレクトリ) がどこにあるかを確認しておく必要があります。 とくにOSの設定を弄っていなければ、Windows7では「マイドキュメント」フォルダ (とESOの設定フォルダ) は下記にあります。

C:\Users\<ユーザ名>\Documents\Elder Scrolls Online\<バージョン>\

<バージョン>は、ESOを北米 (NA) サーバでプレイしている場合は "live" 、欧州 (EU) のサーバでプレイしている場合は "liveeu" となります。

もし、マイドキュメントの場所を別のドライブなどに移動している場合は、Documents の位置が違うところにあり、上記のデフォルトのフォルダに (ESOなどのサブフォルダを作成しながらも) アドオンをインストールしようとしてもESOの ADD-ONS メニューから認識されません。「エイリアス」(シンボリックリンク) ではなく実体のあるディレクトリを指定してください。例えば、マイドキュメントを "X:\Documents" に移動している場合は次のようになることに注意してください。

X:\Documents\Elder Scrolls Online\<バージョン>\

ここで、<バージョン> フォルダの中をさらに覗くと "Addons" というフォルダがあります。ここにアドオンをドロップすればアドオンをインストールできます。

SkyShard のアドオンをインストールする

それでは早速Skyshardのアドオンをインストールしてみましょう。

Skyshard のアドオンはhttp://www.esoui.com/downloads/info128-SkyShards.htmlでダウンロードできます。そのページの右側にある「Download」をクリックすると、アドオンをダウンロードできます。

ダウンロードして、ファイルを解凍します。すると、Skyshard というフォルダが現れます。これをフォルダごと、先ほど挙げた Addons フォルダに丸ごとコピーします。必ず Addons フォルダの下に Shyshardフォルダごとコピーしてください。そうでないと正しく認識されません。

ESOを起動してアドオンを有効にする

次にESOを起動します。START ボタンをクリックして、ログインし、キャラクター選択画面に移ります。

キャラクター選択画面で、左メニューの ADD-ONS をクリックします。 すると先ほどコピーした Shyshard がメニューに表示されます。初めてこのメニューを開こうとしたときは、アドオンの取り扱い方法についての注意事項が長文で説明されます。その注意事項や利用規約を守らないとアカウントをBANされるなどの警告が載っていると思います。いまのところ、このSkyshard というアドオンにはそのような利用規約に違反するようなスクリプトは入っていないので、問題なくインストールできます。

Shyshard がメニューに現れるので、Shyshard のチェックボックスをオンにします。 メニューの左上のドロップダウンリストから、すべてのキャラクターに対して有効にするか、特定のキャラクターに対して有効にするかも選択できます。

Tamriel全土にあるすべてのSkyshard をまだ取得しきれていないのであれば、3つのアライアンスの地域 Aldmeri Dominion, Daggerfall Covenant, Ebonheart Pact で活動するキャラクター全員に便利なアドオンので、すべてのキャラクターに対して有効にしておくとよいでしょう。

Skyshardアドオンの動作を確認する

さて、メニューを終了して、キャラクターを選んで実際にアドオンが正しく動作するか確認してみましょう。 キャラクターを選んでプレイが始まってから、「M」キーでマップを開いてみましょう。スカイシャードの形をしたマップマーカーが現れると思います。 取得済みのシャードは白で表示され、まだ取得していないシャードは黒で表示されます。

洞窟や建物内にある場合でも、マップ上には表示されます。洞窟や建物に入ってマップが洞窟/建物内のマップに切り替わると、さらにその中でどのあたりにあるかが示されます。

当然ながらこの機能は 3つのアライアンス Aldmeri Dominion, Daggerfall Covenant, Ebonheart Pact玉座を狙って凌ぎを削って交戦中の Cyrodiil (シロディール) 上でも有効です。

自分のアライアンスの勢力が劣勢のときは、敵陣でなくてもボーナスが足りないために敵NPCが強くて、敵NPCに守られた洞窟や建物の中にあるスカイシャードを取ることは難しいものです。そういうときは、レベルを上げたり武器防具を強化したり、仲間を募って協力をお願いするのも重要ですが、自分のアライアンスが優勢そうなキャンペーンに切り替えてみるのもよいでしょう。たとえば、Auriel's Bow というキャンペーンは現在 Daggerfall Covenant がもっとも優勢です。 このブログエントリを書いた時点ではすべての要塞とElder Scroll ダガーにすべて占領されているため、Daggerfall Covenant に所属していないプレイヤーにはおすすめできません。逆にダガーに所属しているプレイヤーには、ボーナスがついているので敵NPCも倒しやすくて Cyrodiil 全土にあるスカイシャードを簡単に手に入れられるかもしれません (個人的には一番人口が多く3勢力が拮抗している Wabbajack キャンペーンがスリル満点で大好きでおすすめですが)。

上記のアドオンのインストール方法については、このブログエントリ投稿後に新たに投稿した記事アドオン (ESO)にまとめてあります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki