FANDOM


Skyrim には、すべて特異的性質を持ったさまざまなキノコ (Mushroom) や菌類 (Fungi) の種 (しゅ) が数多く存在する。これらは多くの洞窟の一帯や Skyrim の地下のいたるところに豊富に見られる。種によっては腐食した木材や地上の死にかけた樹木の根の上で成長することを好むものも存在する。これらはポーションを生産に利用する優れた錬金術の原料となり、ほとんどの場合簡単に見つけることができる。

The Elder Scrolls V: Hearthfire では、収穫した菌類をグリーンハウスに植えることができる。

編集

下記の種 (しゅ) が Skyrim の 9の Hold 各地で発見されている:

植物群系 編集

Knifepoint Ridge の真南には、まぎれもなくフェアリーリングとして知られている環を形作る、小さな White Cap と石の一団がある。この形成物の中央には "Father of the Niben" のコピーとレベルで変動する杖がある。

大きいが密度は小さい、多数の菌類の種からなるもう一つのフェアリーリングがある。これは Bilegulch Mine の北東か Fort Sungard の南西の森で見つかる。比較的特徴的な目立つ建造物 Dragon Burial Moundが非常に近い場所にある故に見つけるのが難しいかもしれない。そこへ行く簡単な方法は Fort Sungard に行き南の壁に跳び、注意しながら高く飛ぶ。次に、舗装道路を横断し、Bilegulch Mine 方面の登り坂に辿り着く。数歩ほど歩くいて Dragon Burial Mound の左からさらに5歩ほどの場所に複数の菌類からなるフェアリーリングがある。

巨大キノコ 編集

巨大キノコ (Giant fungi) は Skyrim 中で多方面でジメジメした場所で見られる。太古の Dwemer の遺跡 Irkngthand には大きな輝くキノコを含め少数の巨大キノコの種 (しゅ) がある。 Blackreach の Dwermer の遺跡には巨大な輝くキノコが林立している。Darkfall Cave には相当量の巨大キノコが存在する。

The Elder Scrolls V: Dragonborn では、Solstheim の南東に Tel Mithryn という名の巨大キノコの建造物が存在する。このキノコは、House Telvanni のウィザード Neloth が育てて建造物にした。このタイプの巨大キノコは Telvanni Tower と呼ばれ、The Elder Scrolls III: Morrowind でも登場している。このタイプのキノコを利用した建物では、キノコの内部をくり貫いて Telvanni のウィザードのための居住空間と研究室が見られる。

関連項目 編集

キャラリー 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki