FANDOM


Infernal City

The Infernal CityはThe Elder Scrollsの世界を舞台にした小説。著作者はGregory Keyesであり続編のLord of Soulsも彼が手がけた。

The Infernal CityはDel Reyによって2009年11月24日に出版された。

要約 編集

序章編集

Dunmerであるsulは、ChorrolにあるLank Fellow InnにてIffechKeem二人のKhajiitと人間のGrayneが航海している途中、空に現れた浮遊都市によって殺されてしまうビジョンを見て叫び声を上げて目覚める。宿主がドア付近に立っておりsulはとっさに剣に手を伸ばすが宿主は彼の叫び声を聞いて来ただけであった。彼が顔を洗っている時2冊の本の存在に気が付く。その本は進むべき道と探すべき人、Attrebusに関するものをAzuraが示した物だった。彼は旅路を整え宿を後にした。

一章編集

1 編集

17歳の若きBretonの少女Annaïgは、よく錬金術で薬を作ってはArgonianの友達Glimに薬の効果を試してもらっている。危ない冒険を終えて彼女の家で父のワインを楽しみながら話をする二人。その話の途中Glimは従兄弟から聞いた「浮遊する都市(Umbriel)がLilmothに向かっている」という話をした後眠りにつく。

2 編集

Penitus Oculatusの入団テストのため、一人の男の削除の任務を遂行しようとしていたColin目標に近づき雑ではあったが殺害に成功する。他の検査官のArcusとKhashaが現れ死体を川に投げ入れるのを手伝うがやり方が雑であったと非難されるが合格して検査官になる。翌日Intendant Marallに正式な検査官の書類を渡す。Colinは殺した男について質問するが、標的がなぜ標的なのか考える必要は無いと言われる。

3 編集

目が覚め、ご飯を食べながら父Taigと浮遊都市の話をしていると、町でその話をして回ってるPsijicUrvwenがいる事を知る。父は話を聞いてAnnaïgをLeyawiinに送ろうとするが、心の中で彼女はこの浮遊都市を見に行くと決めていた。彼女はGlimに自分は良質な浮遊ポーションのためHecuaに会いに行くといいGlimはPsijicのUrvwenに会って話を聞いてくるよう言う。Glimはなぜポーションなのかと聞くが彼女はこの浮遊都市に入り込むつもりでいたのだ「ああ、...嘘だろう...」と戸惑うが彼女に説得されUrvwenに会いに行くことに。Urvwenの元に着きこの浮遊都市について聞くとこの都市は「他の世界から何かが移され、ここへ向かっている」らしい。Urvwenの話を聞いた後Glimは従兄弟の元へワインを取りに行くことにした。少しくらい遅れても良いだろう。

4 編集

良質な浮遊ポーションのためにHecuaの元を尋ねたAnnaïgはそこで見つけた素材が浮遊ポーションの鍵となると考えた。Hecuaが言うにはこの素材はOblivionに踏み入った男が持ってきたものだと言う。家に戻りこの未知の素材の効果をテストしている時、彼女はGlimの帰りが遅いことに気がつき母親からもらったエンチャントされ金属で出来た鳥Cooを放った。その後父親が来てさきほど話したLeyawiinへの旅行について話すことがあるという、しかしTaigに借りがあるというOrcが現れ彼女を連れ去ろうとする。父はAnnaïgがLeyawiinへ行くつもりが無いことを理解していて街に危険が迫ってると思い彼女を強制的にLeyawiinに送ろうとしていた。 ワインを楽しみ従兄弟の元を去ったGlimの元にCooが飛んできた。しかしそこから聞こえてきたのは誘拐されそうになっているAnnaïgの声だった。彼女の父が自らの娘を誘拐して街から追い出そうとしていることを理解し、走り始めた。

5 編集

Annaïgは船に連れていかれる前に脱出のチャンスがないか伺っていたがそのチャンスは訪れなかった。しばらくするとGlimからCooを通して連絡が来た。Glimは彼女を船から助け出そうと居場所を聞き向かった。街から20マイルほど離れた場所でGlimは彼女を助け出す事に成功し彼女を乗せたまま街まで泳いで行こうとする。残り10マイルあたりの地点で岩辺に上がり休憩し、街に戻り皆に危険を知らせようと話しているとUmbrielが街に向かって動いているのを目撃する。Glimは呆気に取られ、Annaïgは浮遊都市に乗り込むという考えを変えて街に戻ろうと考えるが体が浮遊都市の方へ引き寄せられ始めた。Annaïgは自作した浮遊ポーションを彼に飲ませ自分も飲み脱出を試みるが更に浮遊都市の方へ引き寄せらてしまう。

批評 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki