FANDOM


Reader (Achievement)Annals of the Dragonguard
Book07
タイトル: Annals of the Dragonguard
タイトル日本語名: ドラゴンガードの歴史
完全タイトル: Annals of the Dragonguard
完全タイトル日本語名: ドラゴンガードの歴史
著者: Brother Annulus
重量:
{{{weight}}} WeightIcon
価格:
{{{value}}} GoldIcon
詳細は Books (Skyrim) を参照

Annals of the Dragonguard (ドラゴンガードの歴史) は The Elder Scrolls V: Skyrim で入手できる書物。

既知のロケーション編集

Skyrim編集

関係のあるクエスト編集

内容編集

原文編集

Sky haven temple map

Akaviri map of Skyrim

Scribe's Note: I have faitfully copied the following from the Annals of the Dragonguard of Sky Haven Temple for the years 2800-2819 (4329-4338 in the Old Calandar), Brother Annulus, 2E 568.

2801: Emperor Kastav again ordered the Dragonguard to seize hostages from Markarth and Hroldan to ensure that the jarls meet their conscription quotas. Our Master's official protest was denied, as usual. This will make relations with the local populace more difficult, although the "hostages" are in fact housed and trained with the other acolytes.

2804: Upon the outbreak of the Winterhold Rebellion, our Master refused orders to send the Dragonguard out to help suppress the rebellion. The Emperor ordered our supplies cut off, but we have made arrangements with the local Reachmen and are effectively self-sufficient. The Grandmaster supports our Master's action on the grounds that it violates the Oath of Allegiance.

2805: The Temple is besieged. The fool Kalien was sent to Winterhold and sacked the city. There was a reason he was denied entry into the Dragonguard. But the local people do not count the difference between Akaviri. All our years of building up trust with people of Skyrim are now for naught.

2806: We learned of the accession of Reman II (of blessed name) when the siege of the Temple was lifted. We provided the honor guard for the Emperor's first visit to Skyrim, a great boost to the Temple's prestige.

2809: We received reports of a dragon in the east. Scouts were sent immediately, and signs of it were discovered, but it fled at our approach. The survivors have grown wary indeed.

2812: We finally received permission from the Emperor to begin construction of Alduin's Wall. Craftsmen from Temples across the Empire have arrived and begun the great work, overseen by our own Master, as is only fitting, as she is unmatched in her dragonlore.

2813: Work on Alduin's Wall progresses. The Master dismissed several craftsmen (from a western Temple that I do not need to name, they are so well known for stiff-necked pride), which has delayed the work, but there must be no compromise. Alduin's Wall is our gift to those that come after us.

2815: The Grandmaster visited the Temple in the summer to view the progress of the Wall. He has received complaints about the expense (there is no doubt where these originate), but he was so impressed by the Wall even in its half-finished state that he gave our Master a Writ of Requisition under the Emperor's seal. There will be no more delays!

Further reports of dragons in the east which could not be verified.

2818: An auspicious year. Alduin's Wall was finished, a dragon was located and slain, and Emperor Reman II visited to officially dedicate the Wall. The Blood Seal was consecrated in the presence of all the Dragonguard of Skyrim, a great honor with which few Temples can boast.

公式日本語訳編集

記者のメモ: ついにスカイへブン聖堂のドラゴンガードの歴史2800-2819年(旧暦4329-4338)の写しを完成させた。 2E 568.

2801: 皇帝カスタブが再びドラゴンガードにマルカルスフロルダン、それぞれの首長が衛兵を適当に割り当てさせるのを確実にするため、人質を捕らえ来るよう命令を下した。我々のマスターの抗議申し立ては、いつも通り却下された。 これで、地元住民と関係を築くのは難しくなるだろう、だけど"人質"と言っても彼らはここで他の者たちと住んで訓練している。

2804: ウィンターホールドの反乱が始まり、その反乱を抑圧するためにドラゴンガードを派遣せよという命令をマスターは拒んだ。これにより皇帝は我々への物資供給を全て止めた、しかし我々はリーチの民と折り合いを付け、自給自足を行った。グランドマスターは皇帝の行いが忠誠の誓いに反するとしてマスターの行いを支援してくれた。

2805: 聖堂が包囲された。愚かなカリエンがウィンターホールドに送り込まれ、町を略奪した。彼がドラゴンガード入団を断られたのには理由があった。地元住民は奴とアカヴィリとの違いを考慮などしないだろう。ここ数年スカイリムの人々との間に信頼を築こうとした努力がこれでは水の泡だ。

2806: 聖堂の包囲が去った後我々は、レマン二世 (祝福された名)が継承される事を聞いた。皇帝のスカイリム初訪の際は儀仗兵を提供し、聖堂の評判を高めた。

2809: 東にドラゴンがいるとの報告を受けた。すぐ偵察隊が派遣された、だが形跡は発見されたものの、我々の接近に伴い逃げてしまったようだ。

2812: ついに皇帝からアルドゥインの壁の建造許可が下りた。聖堂から帝国にかけて様々な職人が集まり、その偉大な仕事に取り掛かった。我らのマスターはその監督をしていた。なぜなら彼女のドラゴンの知識に匹敵する人物がいなかったからである。

2813: アルドゥインの壁の建造が進められる。マスターが数名の職人を解雇した、(名前は上げないが、西の聖堂から来た頑固でプライドの高い人物だった)事によって作業は遅れたが、妥協は許されない。アルドゥインの壁は後に来るものへの贈り物なのだ。

2815: 夏にグランドマスターがアルドゥインの壁の作業状況を見に聖堂を訪れた。 彼は経費に関する不満を受けていた、そしてアルドゥインの壁を見た彼はまだ半分しか完成していないのにも関わらず感銘を受け、マスターに皇帝印の要求書をくれた。これでもう遅れることはない!

確認できていないが東のドラゴンに関する報告をまた受けた。

2818: 素晴らしい年だ。 アルドゥインの壁が完成し、ドラゴンの居場所も分かり殺すことが出来き、そしてレマン2世が式を行うため聖堂に訪れた。そしてスカイリムのドラゴンガード全員の前で少数の聖堂しか持つことの出来ない、大変な栄誉である血の印を捧げた。

トリビア編集

クエストAlduin's Wallの進行中EsbernSleeping Giant Innの隠し部屋のテーブルの上にこの本を置く。この本はクエスト終了までクエストアイテムとなり捨てられなくなる。クエスト終了後は捨てることも、保管しておくことも、売ることも出来る。

登場編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki