FANDOM


Bethesda game studios logo

Bethesda's logo

Bethesda Softworks, LLC (ベセスダ・ソフトワークス) は、Zenimax Media の子会社であり、ビデオゲーム開発企業であり出版社。Bethesda Softworks は The Elder Scrolls ゲームシリーズの開発で有名。

歴史 編集

Bethesda Softworks は2年から5年間の間に、開発企業かつインタラクティブ・エンターテイメント・コンテンツの出版社であった。1985年に Christopher Weaver によってメリーランド州のベセスダ (地名) に設立され、その後1990年にはメリーランド州のロックビルに移転した。そしてPCとコンソールゲームの長い歴史が始まった。 社長の Vlatko Andonov の記憶によれば、Weaver は元々 "Softworks" という名前の会社にしたかったものの、その名前はすでに使われてしまっていた。「だから、我々の創設者は、Bethesda にある自分の台所のテーブルに座って多くの時間を労した思索を経て、Softwork に、もとあった会社の地名 Bethesda を追加することを決定した。それごらん、あなたの言うとおりだ!」Bethesda は 1999年に Weaver と共同出資した Zenimax media, Inc,. に買収された。

会社の創始者 Chris Weaver は Arena のリリースによって、会社を委員会制度から、「1人のビジョン」:彼 に従わなければならないよう一変させた。「18年間、」Weaver ははっきり言った。「1981年から1999年まで会社に投資した資金はすべて自分のものだった。」Bethesda の制作に先立って、Weaver は MIT で「音声解析、グラフィックインタフェース、シンセサイザーの世界──いま人々がバーチャルリアリティと呼んでいるもの...最先端の物事」に従事していた。彼はABCの Technology Forecasting (技術予測) のディレクターとして NBCのニュース放送関係で働いていた。最終的に彼はアメリカの下院通信技術小委員会のチーフエンジニアになっていた。彼は「PC市場にゲームを開発する場所があるか確かめるために」Bethesda を作った。行政命令 (executive command) と個人的な投資が、彼自身に同社を Weaver の言葉で "a boutiguw house"「ブティックハウス」にすることを可能にした。house とは "kept rewriting rules and inventing new things"「書換規則と新発明を続けること」である。ジャーナリスト Joe Blancato の意見によれば、Weaver は「よく良いアイデアを思いつく」男だった。Weaver の後の最初の社員 Edward Fletcher は電気技師としての訓練を受けていた。彼はデバッガー、コンピュータ機器設計者、プログラマーとして働いていた。Fletcher の会社のビジョンは Weaver のよりも控えめで、低コストで Amiga のためにゲームを設計することだけを望んでいた。

Bethesda の最初のタイトルの書き換え規則は、Gridiron だった! (アメリカンフットボールのこと) Gridiron は偶然生み出された。Fletcher は選手の統計データのルックアップテーブルに先立って、1980年代の多くのスポーツゲームが信頼するフットボールゲームを創作したがっていた。Weaver はスポーツについてほとんど知らなかったが、ルックアップテーブルが退屈なものだと理解しており、フットボールゲームを作るよりより改善策があるに違いないと思っていた。エレクトロニック・アーツ は Gridiron にかなり感銘を受けていた! 彼らは初期の John Madden Football を開発するために Bethesda を雇った。Bethesda は 1987年に、Gridron の多くの要素が彼らの John Madden Football に取り込まれた後で、Gridronを複数のコンソール機でリリースすることを中止したエレクトロニック・アーツを相手取って、ついに730万ドルの賠償を要求する訴訟を起こすことに決めた! Bethesda の初期のゲームはゲーム雑誌で Wayne Gretzky Hockey によって「私がプレイしたことがある楽しかったゲームの中でもっとも精密でかつ楽しいスポーツのシミュレーション」「シミュレーションにもかかわらず最高のアイスホッケーだ」と高い評価を得ていた。そしてGridiron は "demands a look"「見た目を必要としている」と言及した。

ロールプレイング、レーシング、シミュレーション、スポーツと、見事な勢揃いで幅広いゲームを扱う Bethesda Softworks は大規模なフランチャイズを展開して世界中で広まった。

Bethesda は1986年、Electronic Arts のために最初の John Madden Football というBethesda のゲーム制作をBethesda を導いた Atari ST、Commodore Amiga、Commodore 64/128 用の物理学ベースのスポーツシミュレーション (Gridiron) の創作で認められた。数多くのジャンルの開発で長い歴史があるにもかかわらず、彼らはWeaver が1992年に開始した Julian Lefay の独創的なプログラミングに基づいた The Elder Scrolls RPG シリーズの制作で最もよく知られているだろう。シリーズの序章は The Elder Scrolls: Arena というタイトルがつけられて1994年にリリースされた。その時以来から、他の章がリリースされていった。前章 The Elder Scrolls IV: Oblivion は2006年3月にリリースされ、シリーズ最新作 The Elder Scrolls V: Skyrim は2011年11月11日にリリースされている。

Bethesda は3つの新しい Star Treak ゲームの公開もしていた Star Trek - Legacy (PC/Xbox 360用)、Star Trek - Tactical Assault (Nintendo DS/プレイステーション・ポータブル)、Star Trek - Encounters (プレイステーション2)。(プレスリリース)

2004年、Bethesda は Interplay Entertainment から Fallout の販売権を獲得した。Todd Howard は2007年1月に、「我々は少数で2004年末期に (Fallout 3) の仕事を始めた。我々は Oblivion が終わるまでその仕事に約10人しかいないが、今は我々のスタッフのほとんどが好調だ。」

Bethesda Software は 「Xbox 360 で拡張パックをリリースできることを Oblivion で実証したことがある一番最初の企業であり、恐らく Fallout シリーズで Xbox に Downloadable Content (ダウンロード可能なコンテンツ) を導入した "guinea pigs"『モルモット』」として Xbox 360 での業績でもよく知られるようになった。[1]

このページは クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示 - 継承 3.0 非移植 (CC BY-SA 3.0) のもとでリリースされています。著作物の帰属に関しては Project:Wikiscrolls を参照してください。

Elder Scrolls シリーズ 編集

下記は Elder Scrolls シリーズで Bethesda によって製作されたすべての公開作品リストである。

参考文献 編集

関連リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki