FANDOM


Bethesda-creation-kit.pngBetter Oblivion Sorting Software
タイプ ツール、ソフトウエア
Description マスターリストに登録されたesp/esmファイルのロード順を自動的にソートするツール
バージョン 2.3.0
製作者 The BOSS Development Team
ソース http://boss-developers.github.io/
BOSS (Skyrim Nexus) (リンク切れ)
Download
http://boss-developers.github.io/
有用なリンク
SkyrimのMod使用法
·

Better Oblivion Sorting Software (BOSS) とはThe Elder Scrolls III: MorrowindThe Elder Scrolls IV: OblivionThe Elder Scrolls V: Skyrim のModの esp/esm ファイルのロード順をマスターリストに従って自動的にソートしてくれるソフトウェア。The Elder Scrolls シリーズに限らず、The Elder Scrolls IV: OblivionMod から作られた Nehrim: At Fate's EdgeFallout 3、Fallout: New Vegas など他のゲームのModのロード順変更にも対応している。

元は FCOM: Convergence というThe Elder Scrolls IV: Oblivion の大型Modとマスターリストに登録された他のModとのロード順を自動的にソートしてくれる FCOM Helper という名のツールだった。 Skyrim 版は Better Oblivion Sortinf Software for Skyrim という名称だったが、BOSS というシンプルな名称に変わった。

マスターリストは頻繁にアップデートが繰り返されている。新しい Modが登場するか、有志による検証によってマスターリストは更新され続けている。2012年10月16日 (火) 14:57現在ではこのツールのダウンロード先が Google Code ページに移っている。

2014年5月現在、BOSSのバージョンが2.1.1 であると、マスターリストのアップデートができなくなっているので、BOSSのバージョンを2.3.0にアップデートする必要がある。v2.3.0のBOSSは、GitHubからダウンロードできる。ZIPアーカイブバージョンとインストーラーバージョンの2種類がある。

また、2014年4月からは、BOSSから新しいLOOTというソフトウェアへの以降が計画されているという。そのため、LOOTへの以降に備えてしばらくマスターリストの更新はされない見込み。ただし、espファイルの登録やクリーニングが必要なmodの報告はBOSSを起動した時にログに表示されるスレッドのリンクからいつでも可能である。


使用方法 編集

有名な Mod のesp/esm ファイルであればすでにBOSSのマスターリストに登録されているので、使用方法は至って簡単である 実際に使用するにはBOSS GUI を起動して Run をクリックして実行するだけよい。

実行結果表示 編集

ソートが終わると結果をHTMLで返すためにブラウザを起動して表示してくれる。 結果には、SKSEやSKSEプラグインのバージョン、CRC表示などの機能もある。 また注意事項があるModについてはその旨がそのesp/esmファイルの下にメッセージとして表示される。たとえば Unofficial Skyrim Patch の esp と Dawnguard.esm を併用していると、Unofficial Dawnguard Patch を導入するように警告メッセージが表示される。

クリーニング警告メッセージ 編集

詳細は TES5Edit を参照

The Elder Scrolls V: Skyrim 版と The Elder Scrolls IV: Oblivion 版では、Dirty Edit と呼ばれる問題を抱えているesp/esmファイルはCRCで判別して、SKyrim なら TES5Edit、Oblivionなら TES4Edit によるクリーニングを促される。Modがすでにクリーニング済みか、日本語化などによってespファイルのCRCが変わっている場合は、クリーニングメッセージは表示されない。

互換性メッセージ 編集

mod によっては他の mod と互換性があるかないか、互換性を持たせるパッチの導入を促されるメッセージが表示されることがある。

The Elder Scrolls V: Skyrim ではmod によっては互換性のために次のようなメッセージが表示されることがある。

Warning: Contains unexpected (or out of order) records. A compatibility patch fixed and cleaned with TES5Edit can be obtained here. (Compatibility Patch)

このメッセージではSharlikrans Compatibility Patches という互換性パッチmodの導入を推奨している。

Wrye Bash との連動 編集

Wrye Bash とも親和性が高く、BOSS のアイコンをクリックするだけでソートしてくれる。ただしWrye Bash から使う場合は、事前にBOSSのアイコンを右クリックして表示されるメニューからBOSS Disable Lock Load Order にチェックが入っていることを確認し、入っていなかったらチェックを入れる必要がある。

また BOSS GUI も BOSSのアイコンを右クリックすれば起動できる。このGUIではユーザールールと設定の変更やマスターリストやBOSS本体のアップデートをする機能がある。

手動でロード順を変更する 編集

BOSSのマスターリストに登録されていない esp/esm とのロード順を変更するには、手動で行うか、Userlist を作成/編集する必要がある。このユーザーリストの作成と編集は BOSS GUI を起動して Edit User Rules ボタンをクリックすると可能になる。

例として2つのespファイルのロード順を変更するには以下のような手順を踏む:

  1. 右側のesp/esmファイル一覧からソートしたいファイルをドラッグして左側の For の部分にドロップする。
  2. Sort Item にチェックを入れて、ラジオボタン Sort を選択する。
  3. 2つ目の esp/esm を右側のesp/esm一覧から Sort の空欄にドロップする。
  4. 2つ目の esp/esm をFor で指定したespより後にロードしたければドロップダウンリストから After を選び、前にロードしたければ Before を選ぶ。
  5. Create New Rule をクリックすると新しいルールが左の User Rules に表示される。
  6. 最後に、この変更を反映するために Save and Exit ボタンを押して終了する。これで一つのユーザー定義が完成する。

不具合と対策 編集

ときどきBOSSがThe Elder Scrolls V: Skyrimを認識できなくて起動できないことがる。そのときは Skyrim を Steam から[プレイ]ボタンで直接起動して初期化を完了すること。Steam上でSkyrimの言語設定を日本語から英語に切り替えた場合などもこの現象が発生することがあるで、言語を切り替える度にこの初期化が必要である。初期化が終わると Wrye Bash からでも難なく BOSS を起動できる。

BOSSの非常に古いバージョンはディレクトリ構成がまったく異なるのでそのままアップグレードしようとすると正常に動作しない可能性がある。バージョンによってはアップグレードの際はアンインストール/再インストールなどが必要になる場合がある。

"userlist.txt" 編集後に BOSS GUI を起動してソートを開始しようとしたときにエラーが出るときは、"userlist.txt" に問題がある可能性がる。そのときは一旦 "userlist.txt" を別のディレクトリに対比してからソートを実行してみる。それでエラーが出なければ "userlist.txt" に原因があることがわかる。"userlist.txt" を書きなおすか、BOSS GUI から User Rule Manager を起動して編集する。

BOSSのマスターリストに未登録のmodの登録を依頼する 編集

BOSSのマスターリストは、リストを実際に作成している BOSS Team とマスターリストの作成に貢献している有志によって構築されている。同時にTES5Editによるクリーニングが必要なesp/esmファイルの報告も行うこともできる。報告するには、Bethesda Forum の専用のスレッドを使う。

BOSSの最新スレッドを簡単に見つける方法は、BOSSを起動してBOSSのログのメインページからアクセスすることである。ログページには最新スレッドへのリンクが記載されている。

その他の方法では、Nexusmodsから辿れるスレッドのすぐにレス数が限界に達してロックされることがあるので、例として、「[Thread 26]->[BOSS Skyrim]->[Load Order]」の階層の一つ上のスレッド一覧で例えば「BOSS for Skyrim」などの名がつく別のスレッドを探す。ロックされていないアクティブなスレッドを発見したならば、スレッドの冒頭の注意事項をよく読んで 登録されていない (Unrecognized) mod や クリーニングされていない (Uncleaned) mod のマスターリストへの登録のリクエストをスレッドに投稿する。投稿するには Bethesda Forum のアカウントの作成が必要なので事前に作成しておく。

フォーラムのスレッドにリクエストする 編集

未登録 mod の登録をリクエストするには、その mod の正確な esp/esm ファイル名、その esp/esmファイルをダウンロードできる正確なリンクURLを記入する。できればそのesp/esmファイルの適切なロード順がわかりその順序にする理由があればそれらも情報として提供する。

クリーニングされていない esp/esm の情報を提供する 編集

クリーニングされていない esp/esm の情報を提供するには、esp/esmのファイル名にダウンロードできるURLに加えて、必ずその esp/esm をクリーニングする前の CRCを記入する。esp/esmファイルのCRCはBOSSを起動すると表示することができる。ファイルのCRCを基準にクリーニングすべきかどうかを判別するので、間違ってもクリーニング済みのCRCは記入しないこと。さらにクリーニングしたときに表示される ITM (Identical to Master) の数と UDR (Undeleting and Disabling References) と アンデリートできない Navmeshの数を記入する。これらの情報は下記のようにクリーニングしたときに表示される下記のようなTES5Editのログから確認できる。

Removing: ...
[Removing "Identical to Master" records done]  Processed Records: 16239, Removed Records: 6, Elapsed Time: 00:00
Undeleting: ...
[Undeleting and Disabling References done]  Processed Records: 16233, Undeleted Records: 1012, Elapsed Time: 00:01
<Warning: Plugin contains 2 deleted NavMeshes which can not be undeleted>

この例の場合、それぞれ ITM数 6、UDR数 1012、アンデリートできないNavmesh数 2 である。

関連項目 編集

外部リンク 編集

Code ページ]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki