FANDOM


Calaxes Septim(3E ? - 3E 398) とは皇帝 Uriel Septim VII (ユリエル・セプティム七世) の非嫡子で Imperial City の The One (神様) の Archbishop (大司教) であった。書籍 Words and PhilosophySkyrim公式日本語訳では「キャラクセス」と訳されている。

名残 編集

非嫡子として Calaxes は皇位継承の家系ではなかったという事実にもかかわらず、彼は Imperial City とその信仰が崇拝されている Tamriel 各地で有力な地位である、The One の Archbishop の職を与えられた。

Calaxes が、神は現在の帝国の州と皇帝に怒っていると信じているという噂が広まった。Calaxes が帝国に神権政治を確立するために全面的な謀反を支持するとすら言われていた。そしてそれは Calaxes と皇帝との間の関係が極めて荒々しくなったことからそれに一理はあった。

ある日 Calaxes は跡形もなく消息を絶った。帝国にとっての脅威と捉えられて Imperial Guard に殺されたと信じる者もいる。Lady Allena Benoch が彼の消息と関わったと示唆されている。


舞台裏 編集

Calaxes の失踪日は 3E 498 (第3期498年) の Sun's Dusk に記録されている。しかし、それはその日付がまったく存在しないという事実によって起こり得ないことである。3E 433 は Third Era (第3期) 最後の年である。彼が登場する文献 Words and Philosophy は、彼の失踪時期よりも71年も早い 3E 427 (第3期427年) の時代が物語の舞台の始まりである The Elder Scrolls III: Morrowind で入手できる。

ソース 編集

登場 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki