FANDOM


Dorthe2.jpg

Children (子供) はThe Elder Scrolls V: Skyrim に登場している[1]。 すべての子供は人間 (NordImperialBretonRedguard) である。エルフ"獣人"の子供は Skyrim には登場しない。

子供の種族や経済事情にもかかわらず、すべての少年はカラーをつけたセーターと茶色いズボンを、すべての少女はシンプルななベルトをつけたドレスを着ている。しかしセーターやドレスの色は子供によって異なる。

子供には Dragonborn と遊ぶことができる者がいる。ゲームでは Hide & Seek (かくれんぼ) や Tag (鬼ごっこ) が含まれている。何人かの子供はお金をねだる (Svari)。

無敵 編集

Fallout 3 に酷似して、子供を殺す、傷つける、殴って気絶させることも、子供にスリをすることもできない。Dragon Shouts も使用するシャウトを問わず子供に影響を与えない。しかし子供を攻撃することで武器のスキルを上昇させることができる。

たとえ子供に危害を加えることができなくても、子供を攻撃することは、大人に危害を加えるのと同様に暴行の告発を受けうる。もし Dragonborn が法を破っているところを子供に見られれば、子供は最寄りの大人に通告するだろう。

注目に値する子供たち 編集

声の出演 編集

The Elder Scrolls V: Skyrim 英語版ではほぼすべての女児の声優は子役女優の Harley Graham (ImDb)が担当している。この女優は Skyrim 発売時点でまだ8歳であり、Skyrimに登場する子供も、本物の子供がそこにいるかのようなリアリティある演出に成功している。ほぼすべての男児も実際の男児の声である。

しかし残念なことに、The Elder Scrolls V: スカイリム 日本語版 の日本語吹き替え声優は、ほぼすべて大人の声である。Aventus Aretino を除き、ほぼすべての男児と女児の吹き替え音声を大人の女性が担当している。

トリビア 編集

関連項目 編集

バグ 編集

  • 子供によっては、もしプレイヤーの悪事を見つけると、プレイヤーを殺すために mercenary (傭兵) や Dark Brotherhood を雇うことができる。これは大人用であった。
  • 子供のそばにアイテムを落とすと、子供は落とした物のことをプレイヤーに話して持ち主に送り返そうとする。しかしインベントリにはなにもアイテムが追加されない。
  • 他のNPCのように子供を後退りさせることができるウェアウルフの突撃は、子供たちを傷つけることはないが起き上がらせてしまう。
  • ときどき、子供の近くで Frenzy スペルを使用すると、子供がその効果を受けて町のガードが子供を殺そうとし、ゆくゆくは子供を町から追いだそうとする非常に滑稽なシーンを目撃することができる。

参考文献 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki