FANDOM


The Elder Scrolls V: ドーンガード 日本語版には、The Elder Scrolls V: スカイリム 日本語版のかなりの誤訳を引き継いでいる。そのうちいくつかはDawnguardで修正されたものも含まれているが、新たな誤訳も登場している。そそのような訳によってゲームの中ではまったく異なる意味になる文や会話が散見している。実際にゲームをプレイせずに翻訳したと見られる訳、ゲームの世界観を誤解しやすい訳、過去のシリーズの世界観を無視した訳、訳の内容によっては折角用意されたイースタエッグの意味がわからなくなっていることもちらほら存在する。The Elder Scrolls V: スカイリム 日本語版 の誤訳については、Skyrim公式日本語版の誤訳悪訳珍訳を参照。

誤訳一覧 編集

名詞 編集

  • 呪文の書 : エクスプロージョン - "Spell Tome: Fire ball" の誤訳でかつ Incinerate の訳語ファイアボールと混乱しやすい訳語。Fire ball は名前の通り火の玉を高速で投げて命中箇所が爆発する。Incinerate は「焼く」という意味であり、ゆっくりと炎のような大きな塊が放った方向に進む。Fire ballのように小さな球体を高速で投げる魔法でもなければ爆発もしない。一方で Fire ball は爆発するから「エクスプロージョン」と訳したのだろうが、それでは球体でもない Incinerate の立場がないので明らかに誤訳。混乱を避けるためか The Elder Scrolls V: Dawnguardではこの「エクスプロージョン」は「火炎球」という訳語に変更されているが、「Spell Tome: Fire ball」の訳語は相変わらず「呪文の書:エクスプロージョン」から変わっていない。
  • 呪文の書 : ファイアボール - Incenerate の誤訳でかつ Fire ball との混乱しやすい訳語。Incenerate は「焼く」という意味であり、ゆっくりと炎のような大きな塊が放った方向に進む。Fire ballのように小さな球体を高速で投げる魔法でもなければ爆発もしないので明らかに誤訳。これとは別に Fire ball というスペルの訳語はなぜかエクスプロージョンと訳されている。混乱を避けるためか The Elder Scrolls V: Dawnguardでは「エクスプロージョン」は「火炎球」という訳語に変更されているが、"Spell Tome: Fire ball" の訳語は依然として「呪文の書: エクスプロージョン」と訳している。
  • デイドラ王子 - Daedric Prince の誤訳。なぜなら Azura のような女性でも Daedric Prince と呼ぶことがあるため。Prince には大公、君主、親王という意味もある。原語 は Daedric なのに対して日本語ではこのように Daedra と名詞形に無理やり置き換えている。ディドリック・プリンスまたはディードリック・プリンスにするか、ディドリック大公、デーィドリック親王あたりにするが適切な訳。
  • ファルメル - Falmer (ファルマー) というエルフ族 (Mer) の訳語不統一。Dunmer、Bosmer などほかのエルフ族はほとんど語尾が「マー」で終わっているが Falmer だけ「メル」で終わっている。
  • ヴァーミルナ - Vaermina (ヴァールミナ) の誤訳。「ル」と「ミ」が逆になっている。「ヴァーミルナ」だと元のスペルは Varmilna のようになってしまう。
  • 武装したトロール - Armored Troll の訳語不統一。「鎧のトロール」という訳も使われている。
  • 鎧のトロール - Armored Troll の訳語不統一。「武装したトロール」という訳が主に使われている。

その他 編集

  • 12本 - twenty の致命的な誤訳。オリジナル版ではElven ArrowからSunhallowed Elven Arrow を生産するのにElven Arrowが20本必要だと Knight-Paladin Gelebor が言って、実際に20本の矢を変換してくれるが、公式日本語版ではなぜか「12本」という中途半端な数を声優がしゃべる。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki