FANDOM


Reader (Achievement) The Death Blow of Abernanit
BookLarge01
タイトル: The Death Blow of Abernanit
フルタイトル: The Death Blow of Abernanit With Explains by the sage Geocrates Varnus
著者:
Skyrim
スキル Block
重量 1
価格 50
FormID 0001AFDD
詳細は Books (Skyrim) を参照
詳細は Books (Oblivion) を参照
詳細は Books (Morrowind) を参照

The Death Blow of Abernanit とは、House Dagoth の要塞のひとつ Abernanit での戦いについての詩。

The Elder Scrolls V: スカイリム 日本語版ではアイテム名が『アベルナニット必殺の一撃』、書籍の完全タイトルが『アベルナニット必殺の一撃 賢者ゲオクラテス・ヴァーナスによる解説』と訳されている。


既知のロケーション 編集

Morrowind 編集

Oblivion 編集

  • AnvilFighters Guild、2階の食堂のそばにある鍵のかかったベッドルームの化粧棚の上にあるチェストの中。

Skyrim 編集

内容 編集

= 原文 編集

The Death Blow of Abernanit
With Explains by the sage
Geocrates Varnus


Broken battlements and wrecked walls
Where worship of the Horror (1) once embraced.
The bites of fifty winters (2) frost and wind
Have cracked and pitted the unholy gates,
And brought down the cruel, obscene spire.
All is dust, all is nothing more than dust.
The blood has dried and screams have echoed out.
Framed by hills in the wildest, forelorn place
Of Morrowind
Sits the barren bones of Abernanit.

When thrice-blessed Rangidil (3) first saw Abernanit,
It burnished silver bright with power and permanence.
A dreadful place with dreadful men to guard it
With fever glassed eyes and strength through the Horror.
Rangidil saw the foes' number was far greater
Than the few Ordinators and Buoyant Armigers he led,
Watching from the hills above, the field and castle of death
While it stood, it damned the souls of the people
Of Morrowind.
Accursed, iniquitous castle Abernanit.

The alarum was sounded calling the holy warriors to battle
To answer villainy's shield with justice's spear,
To steel themselves to fight at the front and be brave.
Rangidil too grasped his shield and his thin ebon spear
And the clamor of battle began with a resounding crash
To shake the clouds down from the sky.
The shield wall was smashed and blood staunched
The ground of the field, a battle like no other
Of Morrowind
To destroy the evil of Abernanit.

The maniacal horde were skilled at arms, for certes,
But the three holy fists of Mother, Lord, and Wizard (4) pushed
The monster's army back in charge after charge.
Rangidil saw from above, urging the army to defend,
Dagoth Thras (5) himself in his pernicious tower spire,
And knew that only when the heart of evil was caught
Would the land e'er be truly saved.
He pledge then by the Temple and the Holy Tribunal
Of Morrowind
To take the tower of Abernanit.

In a violent push, the tower base was pierced,
But all efforts to fell the spire came to naught
As if all the strength of the Horror held that one tower.
The stairwell up was steep and so tight
That two warriors could not ascend it side by side.
So single-file the army clambered up and up
To take the tower room and end the reign
Of one of the cruellest petty tyrants in the annals
Of Morrowind,
Dagoth Thras of Abernanit.

They awaited a victory cry from the first to scale the tower
But silence only returned, and then the blood,
First only a rivulet and then a scarlet course
Poured down the steep stairwell, with the cry from above,
"Dagoth Thras is besting our army one by one!"
Rangidil called his army back, every Ordinator and
Buoyant Armiger, and he himself ascended the stairs,
Passing the bloody remains of the best warriors
Of Morrowind
To the tower room of Abernanit.

Like a raven of death on its aerie was Dagoth Thras
Holding bloody shield and bloody blade at the tower room door.
Every thrust of Rangidil's spear was blocked with ease;
Every slash of Rangidil's blade was deflected away;
Every blow of Rangidil's mace was met by the shield;
Every quick arrow shot could find no purchase
For the Monster's greatest power was in his dread blessing
That no weapon from no warrior found in all
Of Morrowind
Could pass the shield of Abernanit.

As hour passed hour, Rangidil came to understand
How his greatest warriors met their end with Dagoth Thras.
For he could exhaust them by blocking their attacks
And then, thus weakened, they were simply cut down.
The villain was patient and skilled with the shield
And Rangidil felt even his own mighty arms growing numb
While Dagoth Thras anticipated and blocked each cut
And Rangidil feared that without the blessing of the Divine Three
Of Morrowind
He'd die in the tower of Abernanit.

But he still poured down blows as he yelled,
"Foe! I am Rangidil, a prince of the True Temple,
And I've fought in many a battle, and many a warrior
Has tried to stop my blade and has failed.
Very few can anticipate which blow I'm planning,
And fewer, knowing that, know how to arrest the design,
Or have the the strength to absorb all of my strikes.
There is no greater master of shield blocking in all
Of Morrowind
Than here in the castle Abernanit.

My foe, dark lord Dagoth Thras, before you slay me,
I beg you, tell me how you know how to block."
Wickedly proud, Dagoth Thras heard Rangidil's plea,
And decided that before he gutted the Temple champion,
He would deign to give him some knowledge for the afterlife,
How his instinct and reflexes worked, and as he started
To explain, he realized that he did not how he did it,
And watched, puzzled, as Rangidil delivered what the tales
Of Morrowind
Called "The death blow of Abernanit."

Geocrates Varnus explains:

(1) "The Horror" refers to the daedra prince Mehrunes Dagon.
(2) "Fifty winters" suggests that the epic was written fifty years after the Siege of Abernanit, which took place in 3E 150.
(3) "Thrice-blessed Rangidil" is Rangidil Ketil, born 2E 803, died 3E 195. He was the commander of the Temple Ordinators, and "thrice-blessed" by being blessed by the Tribunal of Gods.
(4) "Mother, Lord, and Wizard" refers to the Tribunal of Almalexia, Vivec, and Sotha Sil.
(5) "Dagoth Thras" was a powerful daedra-worshipper of unknown origin who declared himself the heir of the Sixth House, though there is little evidence he descended from the vanished family.

Skyrim公式日本語訳 編集

アベルナニット必殺の一撃
賢者ゲオクラテス・ヴァーナスによる
解説



壊れた狭間胸壁と大破した壁恐怖(1)の崇拝が一時受け入れられた場所。
50回の冬(2)の傷、霜と風不浄の門を砕き、穴を開け、そして、酷くみだらな尖塔を降ろさせた。
すべては塵、すべては塵にすぎない。
血は乾き、そして悲鳴はこだまして消えた。
荒れた丘に囲まれた、見捨てられた場所モロウウィンドアベルナニットの不毛な骨がある。

三度祝福されたランギディル(3)が初めてアベルナニットを見たときは、力と不変性で光沢のある銀色に輝いていた。
恐ろしい場所を恐ろしい男たちが守っている熱を帯びた硝子の目と恐怖を介しての力敵数のほうが遥かに多いのをランギディルは見た。
彼が率いる数名のオーディネーターボイアント・アーミガーよりも、野原と死の城を上の丘から見る、建っている間は、人々の魂を呪ったモロウウィンドのアベルナニット、呪われた邪悪な城。

合図が鳴らされ、神聖な戦士を戦場へ呼んでいる悪しき者の盾に正義の槍でこたえるために、前で戦い勇敢になるために彼ら自身の心を鋼に。
盾と薄い黒檀の槍をランギディルもつかんだ戦いの喧騒が鳴り響く衝突とともに始まった空から雲を揺すり落とすために。
防御壁は崩され、血が止まった野原の地面、唯一無二の戦いモロウウィンドのアベルナニットの悪を滅ぼすために。

確かに、乱心の大群は武器に長けていた、しかし、三つの聖なる拳、母、卿、ウィザード(4)は押し進んだ怪物の軍は突撃に次ぐ突撃のあとに戻ってくる。
ランギディルは上から見た、軍に防衛するよう駆り立てた、ダゴス・スラス(5)彼自身が邪悪な塔の尖塔にいる、悪の心を捕まえたときに限り土地は真に救われるであろう。
そして彼は神殿と聖なる法廷に忠誠を誓うモロウウィンドのアベルナニットの塔をとるために。

強烈な押しで、塔の土台は貫かれた、しかし、尖塔を落すすべての努力は無意味であった恐怖のすべての力があの1個の塔を支えているかのように。
登り階段は急で細く戦士2人が並んで昇れない。
軍を1列に、上へ上へとよじ登った塔の部屋をとって支配を終わらせるために史記の中の一番残酷でつまらない暴君の1人モロウウィンドのアベルナニットのダゴス・スラス

彼らは先発からのときの声を待って塔をよじ登ったしかし、沈黙のみ戻った、そして血、最初はただの小川、そして勢いのよい緋色上からの叫びとともに、階段を流れ落ちた、「ダゴス・スラスは我らの軍を一人一人倒している!」ランギディルは軍を呼び戻し、オーディネーター全員と、ボイアント・アーミガー、そして彼自身で階段を登り、最高の戦士たちの血だらけの亡骸を通りすぎたモロウウィンドのアベルナニットの塔の部屋へ。

ダゴス・スラスは死のカラスが巣に乗っているようであった塔の部屋の扉で、血だらけの盾と血だらけの刃を握りしめている。
ランギディルの槍のすべての猛攻は容易く防御されランギディルの剣のすべての斬撃は跳ね返されランギディルのメイスのすべての打撃は盾にあたったすべての速射も的がない怪物の最高の力はその恐ろしい祝福にありどの戦士からのどの武器もどこからでもモロウウィンドのアベルナニットの盾を越えられない。

時がすぎ、ランギディルは理解したダゴス・スラスで、どのようにして最高の戦士たちが最後を迎えたか。
彼らの攻撃を防ぐことで、彼らを疲れ果てさせることができるのだそして、故に弱まって、彼らは簡単に切り倒された。
悪人は辛抱強く、そして盾使いが巧みであった。
ランギディルは自らの強い腕がしびれてくるのを感じたその間、ダゴス・スラスはすべての斬撃を予測して防御した。
ランギディルは神聖なる3人の祝福なくしてはモロウウィンドのアベルナニットの塔で死ぬと懸念した。

しかし、彼は叫びながら打撃を浴びせかけた、「敵よ! 我はランギディル、真実の神殿の王子、我は多くの戦闘で多くの戦士と戦い彼らは我が刃を止めようと試み、失敗した。 我がどの打撃を放つかを予測できるものは数少ない、予測できても、その攻撃を止められるもの、または、我が攻撃を受け止められるものはさらに少ない。
より素晴らしい盾防御のマスターはどこにもいないモロウウィンドのアベルナニットの城以外には。

我が敵よ、闇の支配者ダゴス・スラス、我を殺す前に、どうして防御のしかたを知っているのかを教えてくれ」途方もなくごう慢なダゴス・スラスはランギディルの嘆願を聞き、神殿のチャンピオンのはらわたをくり抜く前に、死後のために知識を授けてあげようと決め、どう彼の直感と反応が働くか、それを、説明を始めたところ、どうやっているのか知らないことに気がついた、ランギディルが繰り出すのを、困惑しながら見ていた、モロウウィンドの「アベルナニット必殺の一撃」を。


****

ゲオクラテス・ヴァーナス 注釈:
(1)「恐怖」とはデイドラの王子メエルーンズ・デイゴンのことである。
(2)「50回の冬」は、叙事詩が第三紀150年に行なわれた、アベルナニット攻城戦の50年後に執筆されたことを示唆する。
(3)「3度祝福されたランギディル」はランギディル・ケティルであり、第二紀803年に生まれ、第三紀195年に死去している。彼はテンプル・オーディネーターの指揮官、そして神々の法廷によって祝福されることによって、「3度祝福された」ことになる。
(4)「母、卿、ウィザード」とは、アルマレクシアヴィベクソーサ・シルの法廷のことである。
(5)「ダゴス・スラス」は出所不明な強力なデイドラ崇拝者であり、彼自身は6番目の家の継承者であると宣言したが、彼がその滅んだ家系に由来するという証拠は少ない。


登場 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki