Fandom

The Elder Scrolls Wiki

Ebonheart Pact

1,148このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
Online ebonheart crest.png

Ebonheart Pact (エボンハート・パクト、エボンハート協定) とは、来たるMMO The Elder Scrolls Online主要なファクション

Tamriel 史上もっとも脆弱な同盟関係の一つであった。彼らは古くから対立関係にあったために、3つの種族はお互いに大きな不信感を共有し、お互いのために関係を持っているだけであった。[OOG 1]

Ebonheart Pact は Skyrim, Morrowind, Black Marsh の地方にわたって伸びている。ファクションは Jorunn the Skald-King として知られた Nord を旗頭にしていたにもかかわらず、首都は Dunmer の母国 Mournhold の都市であった。[OOG 1]

背景 編集

Ebonheart Pact は脆弱だったが強固な同盟関係だった。Second Akaviri Invasion (アカヴィリ二度目の侵略) があった 2E 572 (第2紀572年) に組織された。

After the Sack of Windhelm と、Skyrim の王族の消滅後、AkaviriRiften に向かって南に進軍し始めた。必死の思いで苦しみながら最後まで生き残った王族の一人 Jorunn は助言を受けるために Graybeards に近づいた。Greybeards は彼の嘆願に答えて救済するために Sovngarde から Wulfharth the Ash-King を召喚した。Wulfharth の存在に刺激され、Jorunn の Nord 戦士の軍隊は Akaviri に立ち向かう準備をした。[OOG 2]

Nord を拡大する脅威を刺激するものとして見た Akabiri は Nord との遭遇を避け Morrowind に真っ直ぐ向い、Nord が自分たちを無視してくれると望んでいた。しかし Nord は Akaviri の軍隊を強引に追跡し、Bethesda によってまだ説明されていない理由の戦いに交わっていた Dunmer と Argonian との挟み撃ちによって彼らを捕らえた。この戦いで Akaviri の部隊に対する勝利は後にこの同盟関係を構築する重要な役割を担った。[OOG 2]

Akaviri の敗北に従い、Nord、Dunmer、Argonian は Great Moot を結成した彼らは一体となって戦い、Akaviri の奴隷の主の侵略を撃退した。[OOG 1]

Ebonheart Pact は Tamriel 本土で最大の領土を支配している。[OOG 3]

リーダーシップ 編集

Dunmeri Tribunal の神のようなパワーをよそに、このファクションは Skyrim の High King を旗頭にしていた。しかし彼は専制的な支配をしなかった。すべての統治による決定は承認された Great Moot で持ち込まれ議論された。[OOG 1]

Jorunn the Skald-King はユーモラスで人を鼓舞する人物と言われていたが、鉄の意志も抱いていた。Skyrim の権力の座が Windhelm にあるという事実にもかかわらず、Jorunn は他から選出された Moot がいる Mournhold で自分の時間をほとんど費やした。[OOG 1][OOG 4]

メンバー 編集

Nords編集

Nord Crest.png

Dragonborn を象徴する Nord のクレスト。

Ebonheart Pact の種族を導いている。彼らは偉大なる征服者として知られている。Nord はかつては Ayleid の大国を破り、AltmerHigh Rock の外にほぼ追いやり、Dunmer が到着する前に Morrowind の大部分を支配していた。彼らは自分たちのことを運命づけられた Tamriel の支配者だと信じている。Nord は無比の獰猛性で敵にぶつかる大陸最強の戦士達である。[OOG 1]

Dunmer 編集

Dunmer Crest.png

Tribunal の3人を象徴する Dunmer のクレスト。

外交手腕、言い訳、戦略的な才能の有用性で知られている。Dunmer は地方への侵略に対して防衛した長い歴史を持っている。これは彼らをまさに偏執性の共同体に仕立てあげ、彼らの文化はこのマインドセットを悟るようになった。Dunmer は Tribunal の現人神を旗頭にしている。[OOG 1]

すべての Dunmer が宿敵 Argonian と一緒になることに同意しているとは限らない。また House Telvanni もその一例である。[OOG 4]

Argonian 編集

Argonian Crest.png

未知の Argonian の英雄を象徴する Argonian のクレスト。

ゲリラ型の戦いに従事することで有名な Argonian は Dunmer のせいで奴隷にされてきた時代に耐えてきた。この経験は彼らをより大規模な軍隊からの国境防衛に熟練させることとなった。Argonian は協定のスカウト (偵察者) や散兵としての役割を果たした。[OOG 1]

ギャラリー 編集

登場 編集

参考文献 編集

ノート: 下記はゲーム外のリファレンスです。ゲーム内の書物では見られませんが、The Elder ScrollsLore の一部と見なされ完全に盛り込まれています。
  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 Ebonheart Pact Guide
  2. 2.0 2.1 The Stories of Tamriel: Jorunn the Skald-King
  3. Alliances
  4. 4.0 4.1 Ask Us Anything: Ebonheart Pact (Part 2)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki