Fandom

The Elder Scrolls Wiki

Forsworn

1,148このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
Forsworn.png

Forsworn Briarheart

Quotebg.png
"You want to know who the Forsworn are? We are the people who must pillage our own land. Burn our own ground. We are the scourge of the Nords. The axe that falls in the dark. The scream before the gods claim your soul. We are the true sons and daughters of the Reach."

"お前は Forsworn が何者か知りたいか? 我々は我が土地を略奪しなければならない者だ。我が大地を燃やせ。我々は Nord の災難だ。闇の中に落ちる斧だ。神を前にしたその叫びはお前の魂を奪う。我々は忠実なる Reach の末裔だ。"
The Madmen of the Reach[典拠]

"Reachmen" (リーチメン) や "Witchmen of High Rock" (High Rock のまじない師) としても知られる Forsworn, は、 The Elder Scrolls V: SkyrimThe Reach を脅かしている好戦的な Breton の一族である。

彼らは初めは風変わりな bandits (追い剥ぎ、山賊) の位置団に見えるが、詳細な調査によると Forsworn は、実際には数十年前の地元の Nord と土着の Breton 都の間に起きた民族紛争の残存者であるということが明らかになっている。

背景 編集

The Western Reach (ウェスタン・リーチ) 地方は、歴史的に激しい対立と混乱 という困難な状況が頻発している。その High Rock (ハイ・ロック) と Skyrim (スカイリム) との間の場所はその2つの地域に、その占拠を巡って激しく争わせてきた。和平協定は何世紀も前に達成したが、その地域での Breton と Nord の交わりは、地域的にはっきりと異なる Reachmen と呼ばれる Breton 一族を生み出した。これらのうちいくつかは、特異な文化、山賊行為、hedge-magic (境界魔法) のほかに Nord を憎む執念を生み出した Forsworn を形成した。彼らは亡命中である。ある者は彼らが Daedric Princes を崇拝しているという。

Forsworn は The Reach を自分たちの先祖の土地と見ており、Nord の占領を認めていない。彼らは、Skyrim でドラゴンが覚醒するよりもおよそ約20年ほど前に Ulfric Stormcloak とその部下たちが町から彼らを追放するまでは、Markarth の支配者だった。彼らはそれ以来、近隣の採掘坑と同様に、町の悩みの種となっている。彼らの古代の神に加えて、Forsworn は、随所の Forsworn の野営地で見つかる Hagraven を崇めている。

メンバー 編集

Foresworn.jpg

クエスト 編集

種類 編集

戦闘 編集

Forsworn Pillagers (Forsworn の略奪者) は、頻繁に二刀流で剣や斧を巧みに扱い素早く猛打を浴びせるので、近距離では殊のほか命取りになりやすい。Forsworn Briarhearts はもっとも強い種だが、彼らには重大な欠陥がある:彼らが持っている Briar Heartpickpocket (スリ) に成功すれば即座に死に至らしめることができる。Forsworn は、盾を使わない。そのため、武器でブロック中ですらパワーアタックとほぼ同程度に通常攻撃の影響を受けやすく、彼らにはシールドバッシュする能力がなく、大ダメージを与える。

武器と防具 編集

ForswornSword.png

A Forsworn Sword

Forsworn の装備は 使用する骨、毛皮、衣装で区別される。それは印象的なデザインで驚くほど高価にも関わらず原始的である。彼らの交戦テクニックと装備によれば、Forsworn は両手武器と盾の不足を補うことを意味するであろう、スキルにそぐわない二刀流を好む。

トリビア 編集

  • Forsworn (フォースォーン) は、新楽しにきたローマ人、後のアングロサクソン人、ヴァイキングと戦った鉄器時代の ウェールズスコットランドアイルランド (と、実際には古代のイングランド) の ケルト戦士の部族に似ている。さらに、Celtic Irish (ケルトのアイルランド人) は、ヴァイキングと、後のアングロノルマン (ノルマン系英国人) と戦った。これは、とりわけ Forsworn (偽証した、~をやめると宣誓するの意) が伝統的なケルトのファーストネームを反映し、Nord がヴァイキングやサクソン人の侵略者のように思わせる手法である。しかしながら、金属製の兵器をまったく持たない彼らは、石、木、骨でできた武器や道具を使う新石器時代前の部族とかなり調和している。彼らの加工されていない自然のままの動物の皮の衣料品も、新石器時代と初期の青銅器時代の文化ともかなり調和している。

登場 編集

参考文献 編集

  1. Forsworn Missive
  2. The Bear of Markarth
  3. The Legend of Red Eagle
  4. The "Madmen" of the Reach

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki