FANDOM


Honorhall Orphanage
TESV Honorhall Orphanage
Map
このロケーションのマップをお持ちですか?
もしお持ちならアップロードしてください!
ホールド The Rift
タイプ Orphanage
クエスト Innocence Lost
キャラクター * Grelod the Kind
None

Honorhall Orphanage (オナーホール孤児院、オナーホール児童養護施設) は Skyrim で親に亡くなられた見捨てられた Skyrim の子供たちのための家である。非公式に Maven Black-Briar の援助を受けている。施設は Grelod the Kind が運営している。入り口は Riften の中にあるが、内部には塀で囲まれた中庭に続く出口がある: 児童養護施設を通らずにその中に入る方法はないが、プレイヤーは望めばそこへファストトラベルできる。Hearthfire インストール後はプレイヤーが自分の家に子供部屋を増築すると子供たちは養子になることに乗り気になる。

公式日本語訳 編集

Honorhall Orphanage公式日本語訳は「オナーホール孤児院」となっているが、オナホールとは全く関係がなければ、誤訳でもない。固有名詞の Honorhall のうち、Honor は光栄、名誉、名声、誠実、高潔さ、道義心、自尊心、道徳規範、優等賞などを意味し、Hall は日本語の「ホール」や会館、集会所、公会堂、大広間などの普通の意味である。この固有名詞を普通の名詞のように日本語に訳すと「栄誉の館」のような意味となる。

他者との交流 編集

この児童養護施設から逃げ出した Aventus AretinoThe Black Sacrament を執り行った後で Grelod を殺すことは、The Dark Brotherhood へ加入するための入会儀式の一環となる。

注目すべき略奪品 編集

クエスト 編集

トリビア 編集

  • この子供たちは、Grelod や Constance が管理してようとしていなくとも、養子縁組ではないと公にされている。The Elder Scrolls V: Hearthfire をインストールすると、特定の条件に合えば子供たちをプレイヤーによって養子にすることができる。
  • "Game Jam" の週間号によると、Bethesda Softworks は多数の Skyrim の追加機能を作り上げている。これらのうちいくらかは後のアップデート (例 : Archery のキルカメラなど) や The Elder Scrolls V: Dawnguard (例: Vampire Lord モード) でリリースされた。これらの機能のひとつは養子縁組だった。それは将来のアドオンでこの機能が検討されていた Honorhall Orphanage からの養子縁組を示唆するものであった[1]。2012年9月4日 (XBOX 360) と2012年10月4日にリリースされた The Elder Scrolls V: Hearthfire にはこの機能が含まれている。
  • クローゼットには shackle (手枷) のセットがある。Grelod の残虐な本性を考えると、それらが子供たちの拘束や痛めつけることに使われていると見られる。
  • Hearthfire では、子供の親を殺すと、その子供はここに連れて行かれ養子にすることができる。

登場 編集

参考文献 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki