FANDOM


Jagar Tharn
Jagar Tharnの画像・絵柄をお持ちですか?
もしお持ちならアップロードしてください!
詳しくは画像ポリシーを御覧ください。
Basic Info
Quotebg.png
"...for you have never faced a being as powerful as I."
―Jagar Tharn

Jagar Tharnは、3E 389から3E 399に死ぬまでの短い間、帝国を支配したBattlemageである。

生涯編集

Jagar Tharnは、Imperial Battlemageの地位に就く前には、High RockCamlornにあるTemple of Sethieteの魔術師/司祭であった。

3E 376に、彼はMournholdBarenziah女王を騙し、Old Mournholdへの道を教えさせた。そこはStaff of Chaosが隠されていた場所であった。そして彼はstaffを盗み姿を消した。[1]

その後、彼はUriel Septim VIIのImperial Battlemageの座を手に入れた。第3紀389年、TharnはUriel VIIを捉え、彼をStaff of Chaosと共にOblivionへと消し去った。その後Tharnは、皇帝に化けタムリエルの帝位を簒奪し、皇帝の衛兵と召使いたちをDeadraやその他の醜い生き物に差し替えた。この計画の唯一の問題点は、もし皇帝がオブリビオンの荒野で死んだ場合、Tharnの裏切りが発覚するということであった。通常、タムリエルの皇帝が死亡した場合、Elder CouncilはAmulet of Kingsの魔力によってその知らせを受け、後継者を選ぶために招集されるからである。Uriel Septim VIIを、時間がゆっくりと進む別次元に幽閉することで、Tharnはこれを回避した。彼はstaffを8つの欠片に砕き、それぞれタムリエルの他の属州に隠した。

数年後、TharnはMehrunes Dagonと取引をし、帝国の訓練施設であり、Imperial Battlemageの拠点でもあるBattlespireに侵攻した。これはTharnの地位を保障し、彼の支配に対して起こりうる脅威を排除するために重要な戦略であった。Mehrunes Dagonは謎の英雄によって打ち負かされ、オブリビオンの領域へと追い返されたが、Battlespireは破壊されてしまった。Tharnに対する潜在的な脅威であるImperial Battlemageたちは、もはやTharnの支配を阻止することができなくなった。[2]

3E 397、TharnとPergan Asuulは、Shadow of War、すなわちUmbra'Kethとして知られる強力な生き物を造り出すために、War of Bend'r Mahkを操ろうとした。しかしながら、Skelos UndrielAzra Nightweilderの助けを得たもう一人の謎めいた英雄が、Tharnの計画を阻止した。[3]

Tharnの支配は第3紀399年に終わった。Eternal Championが、Ria SilmaneとLady Barenziahの助けを得て、Staff of Chaosの隠された欠片を集めることに成功したのである。Imperial Palace Dungeonの再深部での最後の戦いの最中、Eternal Championは、Tharnの力とStaff of Chaosの全エネルギーを蓄えていたJewel of Fireを奪うことに成功した。Jagar Tharnは殺され、Uriel Septim VIIは救出された。そしてこの英雄は、Eternal Championと称されたのである。

Skyrim公式日本語版 編集

The Elder Scrolls V: スカイリム 日本語版ではゲーム内に登場する書物で Jagar Tharn のことを、英語発音に近い「ジャガー・サーン」や「ジャガー・ソーン」ではなく、「ジャガル・サルン」と古ノルドのように「r」を「ル」に置き換えて翻訳している。

登場編集

出典編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki