FANDOM


Reader (Achievement).pngLymdrenn Tenvanni's Journal
Lymdrenn Tenvanni's Journal Front.png
タイトル: Lymdrenn Tenvanni's Journal
タイトル日本語名: レムドレン・トレヴァンニの日記
完全タイトル: Lymdrenn Tenvanni's Journal
完全タイトル日本語名: レムドレン・トレヴァンニの日記
著者: Lynmdrenn Telvanni, Hidrya Olen (ノート内のカバーにメモ)
スキルブック: N/A
重量:
1 WeightIcon.png
価格:
5 GoldIcon.png
FormID: 000E82BE
詳細は Books (Skyrim) を参照

Lymdrenn Tenvanni's Journal (レムドレン・トレヴァンニの日記) は The Elder Scrolls V: Skyrim で入手できる書物。


既知のロケーション 編集

関係のあるクエスト 編集

内容 編集

原文 編集

Brandyl,

I hope this text of your father's last words finds its way to your hands. I served House Telvanni as a wet nurse during your first months of life and wanted to repay your father's kindness. I've done all I can to locate you, but I regret that we'll never meet face-to-face. Hidyra Olen.

4E 6Second Seed, Middas

Is this the end of all things? Are we to die by the cruel barbed blades of the Argonian invasion force? After surviving the Red Year, struggling to dig from the ash and the rubble, and burying the thousands that died, is this to be our epitaph? The irony of our demise glows brighter than Masser on the summer solstice. We brought this upon ourselves; the Argonians simply answering a rallying cry incited by a millennia of suffrage imposed by my kind. And so here I sit, in the crumbling basement of our family home while a thousand thousand booted feet echo above me and the screams of the dying find their way to my ears. So falls House Telvanni.

But then I look into the eyes of this child, this blessing given to us the very year that Vvardenfell spouted its fiery death across the land; this gift I hold my grasp. Is it too much to wish he be given the chance to survive and keep our memories alive? This small boy born in the midst of chaos and destruction must carry on. If nothing else, as a reminder to the other dunmer that the Telvanni were once a proud and noble people.

Since the death of my wife, I haven't been able to bring myself to give my son a proper name. It never felt right without her. But my own life reaches its final hours as the luxury of time is escapes my embrace. I name him now: Brandyl, son of Lymdrenn and sole living heir to House Telvanni. I will wrap him in his t'lonya, his birthing swaddle and leave his fate to Azura's will.

Live with virtue and pride, sera.

公式日本語訳 編集

ブランディル

あなたの父親の最期の言葉を書き記したこの本があなたの元へ届くといいのだけれど。あなたの父親の優しさに報いたかったため私はあなたが生後1ヶ月の時、乳母としてHouse Telvanniに使えていました。あなたの居場所を探すためあらゆることをしましたが、直接会うことが一度も無いと思うと残念でなりません。 ヒドリャ・オーレン.

第四紀6年Second Seed, Middas

これで全ては終わってしまうのだろうか? 我々はアルゴニアンの侵略軍の残虐な剣の前に切り伏せられ死ぬ運命なのだろうか?レッドイヤー(噴火)を生き延び、灰や瓦礫を掘り起こそうと奮闘し、何千もの死者を埋めた我々に用意された墓標がこれか?我々が没落するという皮肉は夏の日マッサー よりも光り輝く。この惨事をもたらしたのは我々自身だ。アルゴニアン達は我々の種族に強いられた数千の間の行いに答えているに過ぎない。だから私は今にも壊れそうな自宅の地下室に腰を下ろしている。上からは数千のブーツの足音そして死に逝く者の叫び声が聞こえる。ああ、テルヴァン二家が没落する.

しかし、この小さな子の瞳を見つめる。ヴァーデンフェル全土が灼熱の炎に包まれ大量の死者が出た調度この年に授かった子。神からの祝福を抱きしめる。この子に生き延びるチャンスを、そして我々の思い出を記憶を留めておいてほしいと思うのは図々しいだろうか?混乱と破壊の中生まれたこの男の子の命を途絶えてはならない。テルヴァンニ家は誇り高く気高い者達であったと他のダンマー達に伝えてもらうだけでもいい。

妻が死後、この子にきちんとした名前をつける気になれなかった。彼女なしでしっくり来る名前がつけられなかったのだ。しかし何事にも変えがたい時間が私の手からすり抜けていく、私の命の最期の時が近づいている。だから今名前をつけよう。ブランディルと。リムドレンの息子でありテルヴァンニ家唯一の継承者。この子をトロンニャという布に包み、この子の運命をアズラに委ねることにする。

公徳心と誇りをもって生きてくれ、sera.



ノート編集

  • ゲーム内ではLymdrenn Tenvanni's Journalと記されてているが、このHouseはTelvanniと呼ばれており"n"の部分は"l"である。恐らくはBethesdaのチェックミスである

登場編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki