FANDOM


Bethesda-creation-kit.pngMagical Alchemy Harvest-o-tron
タイプ 自動採集、効率化、錬金術
Description Eキー一発で採集できる錬金術原料なら、特定のコンテナの中にあるものやかなり離れた位置からでも自動的に原料を採集できる
バージョン 0.6
製作者 Ghostifish
Download
Magical Alchemy Harvest-o-tron (Skyrim Nexus)
有用なリンク
SkyrimのMod使用法
·

Magical Alchemy Harvest-o-tron とは The Elder Scrolls V: Skyrim で Eキー一発で採集できる固定タイプの錬金術原料の元となる植物、固定された動物、殆どのコンテナ型の入れ物から自動的に原料を採集できるMod。収穫済みでアイテムとして地面やテーブルなどに置かれている原料も自動採集の対象になる。

自動採集するには、WhiterunDragonreachFarengar Secret-Fire がいるデスクの上にある Spell Tome: Harvest という本を読んで Harvest という名の Alteration スペルを習得してそれを使用するか、同じくデスクの上にあるエンチャントされた Amulet of Reaper を装備する。この Amulet of Reaper は Disenchant して他の装備品にエンチャントし直すことができる。これによって Enchanting の Perk Extra Effect によって同じ装備にこの自動採集エンチャントを含めた複数のエンチャントをすることができる。

魔法による自動採集というスタイルは前作 The Elder Scrolls IV: Oblivion の自動収穫Mod Gather Ye Rosebuds による影響も受けている。作者はこの Mod に Foodカテゴリに属すアイテムや、お金、宝石を自動採集機能を追加する予定はないという。[1]

他の自動採集Mod との違い 編集

HARVEST - auto pick upAuto Harvest と比べると、自動収穫できる Ingredients の対象が特定のコンテナや地面やテーブルなどに置いてある収穫済みのものも含まれ非常に広く、収穫効率が高い。ただし魔法を片手に持って使うか、エンチャントされた防具の装備を必要とする。また Food カテゴリに該当するものは自動採集の対象にできない。

HARVEST - auto pick up との大きな違いは、広範囲で自動採集できること、Foodカテゴリに該当するものを採集できないことと、採集速度がやや低速だがゆっくり確実に採集できることと、何か他の作業をしながら採集できることと、SolitudeBlue Palace の外壁の高所の手の届かない場所にあるような素材を簡単に採集できる点にある。

Auto Harvest との違いは、採集速度が早いこと、採集範囲がやや狭いこと、ほとんどのコンテナにある原料を採集できること、地面やテーブルなどに置いてある収穫済みの原料も採集できること、Powerの代わりに魔法またはエンチャントされた防具を装備して採集するところある。

特徴 編集

  • スペルの詠唱によって自動採集するタイプとエンチャントされたアイテムのよって自動採集するタイプがある。どちらか一方を使ってもいいし両方を使うこともできる。
  • エンチャントされたアイテムは Disenchant して別のアイテムにエンチャントし直すことができる。これによってEnchanting の Perk Extra Effect によって同じ装備にこの自動採集エンチャントを含めた複数のエンチャントをすることができる。
  • Dragonborn を中心とした一定のサイズの円 (魔法タイプでは1秒間で500 game units)の内側にある植物、昆虫、Beehives (蜂の巣)、Barrel (樽)、Alchemy Bag (錬金術師のかばん)、死んだ Hawk (鷹) から錬金術で調合に使える Ingredients を自動採集できる。
    • 魔法タイプは、スペルをキャストし続けると以後は1秒ごとに500 game units 分収穫範囲が広がる。
  • エンチャントタイプであれば、自動採集が行われている最中に鍛冶など同時に何か他のこともできる。
  • 動物であっても、蝶やトンボ、Torchbug (トーチバグ、ホタル) Clam (貝) 、鳥の卵、魚の卵のようなものであれなんであれ、Ingredients カテゴリに所属するものであれば、Hawk (鷹) のクリーチャー死体などの特定のコンテナを除きほぼどんなものからでも収穫できる。
  • すでに採集済みのアイテムとしてその場に置かれている素材 (Eキーで採集できるがマウスドラッグで動かすことができるタイプ。例 : 食卓などにある Salt Pile (塩) など) も自動採集できる
  • Slaughterfish (スローターフィッシュ) を除く、死体コンテナ型ではないタイプの魚は Food カテゴリに属している Salmon (サケ) を除けば自動採集できる。
  • いかなる手段を用いてもDragonborn の手の届かない場所 (Eキーでアクティベートできない場所)にある素材であっても、一定の距離まで近づけば自動採集の対象になる。例として、以下のものを簡単に自動採集できる(HARVEST - auto pick upでは採集できない届かない場所にあるものも簡単に採集できる):
    • SolitudeBlue Palace の外壁の高所にぶら下がっているような Hanging Moss (垂れ苔)
    • Dragonborn よりかなり高いところを飛んでいる蝶やトンボ。
    • 水中で Dragonborn よりもかなり低い所または高いところを泳いでいる魚。
  • Green Thumb (緑の指) のような Perk を習得していると、エンチャントタイプに限り自動収穫するときも植物からの採集量が2倍に反映される。
  • 普通に採集しようとして見つかると犯罪になってしまう所有権が自分にはないものは自動採集の対象にならないので安心して採集できる。

自動採集できないもの 編集

  • クリーチャーの死体コンテナの中にある素材 (Detect Dead で検出できるもの)
  • Ore (鉱石) と Ore Vein (鉱脈) から取れる鉱石や宝石など
  • Food (食料) カテゴリに該当するアイテム
  • Ingeredients カテゴリに該当しないアイテム
  • 収穫しようとしたときに赤字で盗む と表示されている、所有権が他人にあるものやセル。
  • たとえ「盗む」表示がなくてもプレイヤー自身によって所有権がマークされたアイテムやセルも自動採集対象から外れる。
  • The Elder Scrolls V: Dawnguard で追加された Soul Cairn に生えている植物のようなものなど。

グリッチ 編集

  • 川沿いで収穫しようとすると、Ingredient タイプになる魚を大量に自動採集できるため勢い良く音がする。
  • コンテナ型の入れ物から自動採集するときは採集音だけが聞こえて画面左上に採集した旨のメッセージが表示されない。

インストール 編集

ファイルをダウンロードして Ghostifish-Magical Alchemy Harvest-o-tron.esp と"Scripts" ディレクトリをまとめて Skyrim をインストールした Data ディレクトリにコピーする。

使用方法 編集

使用法はスペルを唱える方法とエンチャントされたアイテムを使う方法の2通りある。双方には一長一短があるが、両方を同時に使うこともできる。

スペルを唱える方法 編集

  • WhiterunDragonreachFarengar Secret-Fire がいるデスクの上にある Spell Tome: Harvest という本を読む。
  • すると Harvest という名の Alteration スペルを習得できる。
  • 魔法を片手に持ってマウスボタンを押したままにしていると徐々に採集が行われる。
  • Harvest を唱えると、初期状態では500 game units の範囲まで採集を行い、以後は1秒詠唱を続けるごとに500 game units ずつ採集範囲が拡大してゆく。

魔法は両手に持ってもわざと片方ずつしか使えないようにしてあるため意味がない。そのため Dual Casting の Perk の恩恵を受けることもできない。 また HarvestAlteration (Skyrim) Magic の系統だからといって Alteration スキルレベルやその Perk が収穫に影響を与えることはない。またこの魔法の使用によって Alteration スキルを成長させることはできない。

魔法タイプでは Green Thumb (緑の指) の Perk の恩恵を受けることはできない。


魔法タイプは、エンチャントタイプよりも収穫速度が高いが、他の指輪やアミュレットなどをすでに装備しているときに、装備し直す手間を省ける利点があるが、The Elder Scrolls V: Skyrim では水中やに跨ったまま魔法を使うことがてきない、戦闘などによって両手が一時的に使えないと使えないというハンデがあるため、水中や馬上や戦闘中で自動採集を行いたい場合はエンチャントタイプの方が扱いやすい場合がある。

エンチャントされたアイテムを使う方法 編集

Spell Tome が置かれているデスクでTomeのとなりに自動収穫ができる能力がエンチャントされた Amulet of Reaper があるのでそれを入手する。

  • Amulet of Reaper は Disenchant して他の装備品にエンチャントし直すことができる。これによって Enchanting の Perk Extra Effect によって同じ装備にこの自動採集エンチャントを含めた複数のエンチャントをすることができる。
  • このエンチャントされたアイテムを装備するか、一旦Disenchantして別のアイテムの再エンチャントし直したアイテムを装備する。
  • 装備した時点で即座に効果を発揮する。

エンチャントタイプの自動採集範囲はレンジ1000と固定である。 エンチャントタイプは Green Thumb (緑の指) の Perk の恩恵を受けることができる。 ただしエンチャントタイプは魔法タイプよりも採集速度が緩やかである。

エンチャントタイプは、いちいち魔法を装備し直す手間もなく、戦闘中でも勝手に採集してくれる利点がある。敵に察知されやすい魔法とは違い、敵のアジトでは敵に気付かれずにこっそりと材料をいただくこともできる。しかしエンチャントタイプは、アイテムを装備しなければ使えないため、すでに他のアイテムを装備している場合、代償としてその装備を外さなければならない点がある。これはEnchanting の Perk Extra Effectや、そのPerkのエンチャント数増加版Modや、装備品をすばやく切り替えるホットキーModなどによってある程度は解消できる。

互換性 編集

  • BOSSには登録済みである。
  • HARVEST - auto pick up とは問題なく併用できる。これによって Ingredient だけでなくFood カテゴリにあたる農作物や植物、貝などから自動採集が可能になる。

その他 編集

2012年12月18日 (火) 00:18 (UTC)現在、0.6 ではこの mod を TES5Editクリーニングする必要はない。

関連項目 編集

参考文献 編集

  1. Ghostifish. ModのDescription. Retrieved on 2012-9-18.

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki