FANDOM


Reader (Achievement) On Oblivion
BookLarge02
タイトル: On Oblivion
フルタイトル: On Oblivion
著者: Morian Zenas
Skyrim
重量 1.00
価格 10
FormID 0001ACF3
詳細は Books (Skyrim) を参照
詳細は Books (Oblivion) を参照
詳細は Books (Morrowind) を参照
詳細は Books (Daggerfall) を参照


Skyrim公式日本語訳 編集

Skyrim公式日本語訳ではアイテム名もフルタイトルもどちらも「オブリビオンについて」と訳されている。

既知のロケーション 編集

Daggerfall 編集

Morrowind 編集

Oblivion 編集

Skyrim編集

内容 編集

原文 編集

It is improper, however customary, to refer to the denizens of the dimension of Oblivion as "demons." This practice probably dates to the Alessian Doctrines of the First Era prophet Marukh -- which, rather amusingly, forbade "trafficke with daimons" and then neglected to explain what daimons were.

It is most probable that "daimon" is a misspelling or etymological rendition of "Daedra," the old Elven word for those strange, powerful creatures of uncertain motivation who hail from the dimension of Oblivion. ("Daedra" is actually the plural form; the singular is "Daedroth.") In a later tract by King Hale the Pious of Skyrim, almost a thousand years after the publication of the original Doctrines, the evil machinations of his political enemies are compared to "the wickedness of the demons of Oblivion... their depravity equals that of Sanguine itself, they are cruel as Boethiah, calculating as Molag Bal, and mad as Sheogorath." Hale the Pious thus long-windedly introduced four of the Daedra lords to written record.

But the written record is not, after all, the best way to research Oblivion and the Daedra who inhabit it. Those who "trafficke with daimons" seldom wish it to be a matter of public account. Nevertheless, scattered throughout the literature of the First Era are diaries, journals, notices for witch burnings, and guides for Daedra-slayers. These I have used as my primary source material. They are at least as trustworthy as the Daedra lords I have actually summoned and spoken with at length.

Apparently, Oblivion is a place composed of many lands -- thus the many names for which Oblivion is synonymous: Coldharbour, Quagmire, Moonshadow, etc. It may be correctly supposed that each land of Oblivion is ruled over by one prince. The Daedra princes whose names appear over and over in ancient records (though this is not an infallible test of their authenticity or explicit existence, to be sure) are the afore-mentioned Sanguine, Boethiah, Molag Bal, and Sheogorath, and in addition, Azura, Mephala, Clavicus Vile, Vaermina, Malacath, Hoermius (or Hermaeus or Hormaius or Herma -- there seems to be no one accepted spelling) Mora, Namira, Jyggalag, Nocturnal, Mehrunes Dagon, and Peryite.

From my experience, Daedra are a very mixed lot. It is almost impossible to categorize them as a whole except for their immense power and penchant for extremism. Be that as it may, I have here attempted to do so in a few cases, purely for the sake of scholastic expediency.

Mehrunes Dagon, Molag Bal, Peryite, Boethiah, and Vaernima are among the most consistently "demonic" of the Daedra, in the sense that their spheres seem to be destructive in nature. The other Daedra can, of course, be equally dangerous, but seldom purely for the sake of destruction as these five can. Nor are these previous five identical in their destructiveness. Mehrunes Dagon seems to prefer natural disasters -- earthquakes and volcanoes -- for venting his anger. Molag Bal elects the employment of other daedra, and Boethiah inspires the arms of mortal warriors. Peryite's sphere seems to be pestilence, and Vaernima's torture.

In preparation for the next instalment in this series, I will be investigating two matters that have intrigued me since I began my career as a Daedra researcher. The first is on one particular Daedroth, perhaps yet another Daedra prince, referred to in multiple articles of incunabula as Hircine. Hircine has been called "the Huntsman of the Princes" and "the Father of Man-beasts," but I have yet to find anyone who can summon him. The other, and perhaps more doubtful, goal I have is to find a practical means for mortal men to pass through to Oblivion. It has always been my philosophy that we need only fear that which we do not understand -- and with that thought in mind, I ever pursue my objective.

Skyrim公式日本語訳 編集

オブリビオンについて
モリアン・ゼナス


どれほど習慣的であっても、オブリビオンの次元の居住者を「魔族」と呼ぶのは適切ではない。おそらくこの習わしは、第一紀の予言者マルクによるアレッシアの理論に始まる-- その中に「魔族との取引を禁ず」と、興味深く記したが、魔族とは何なのかについての説明を怠った。

おそらく、オブリビオンの次元から出でる、動機不明で強力な魔物という意味を持つ、エルフの古語「デイドラ」を誤って「魔族」と記したと考えられる(実際、「デイドラ」は複数形であり、その単数形は「デイドロス」である)。理論の原本が発表されてから約千年後、ヘイルスキリム王の敬神者による小冊子の中で彼は政敵を、「オブリビオンの魔族のように邪悪… 彼らの腐敗はサングインの如くであり、ボエシアのように残酷であり、モラグ・バルの如く打算的、そして、シェオゴラスのように狂っている」と比較表現した。そこでヘイルは長々と文書記録にデイドラの四領主について説明し、書き込ませた。

しかし、結局のところ文書記録はオブリビオンやそこに住むデイドラについて調査する最善の手段ではない。「魔族と取引」を行うような者は、ほとんどの場合、その行為を他に知られたくないからである。それでも、第一紀の書物には日記や日誌、魔女焼きの知らせやデイドラと戦う者向けの指南などが記載されている。これらを私は主要情報源としてきた。これらは、最低でも私自身が召還して長話を交わしたデイドラ主ほどは信用できる。

どうやら、オブリビオンは多数の領地で構成されているらしい-- よって、オブリビオンには多数の同意語が存在する: コールドハーバークアグマイヤームーンシャドー等。オブリビオンの個々の土地は一人の王子によって支配されていると仮定して間違いはなさそうだ。デイドラの王子たちで、その名が太古の記録に頻出する(確実に存在した裏づけや内容の真正を証明するものではない)のは前記したサングイン、ボエシア、モラグ・バル、そしてシェオゴラス、これらに加えて、アズラメファーラ醜いクラヴィカスヴェルニーママラキャス、ハルメアス(または、ヘルマエウス、ホルマイウス、ヘルマ-- 決まった呼び名はないようだ)モーラ、ナミラジャガラグノクターナルメエルーンズ・デイゴンペライトである。

経験から、デイドラの構成は非常に複合的であると言えるであろう。強大な力と過激主義であることを除いたら、彼らを一つの分類に収めるのは不可能に近い。とはいえ、純粋な学術便宜上、いくつかの事例に関して分類を試みた。

メエルーンズ・デイゴン、モラグ・バル、ペライト、ボエシア、そしてヴェルニーマはその破壊的本分から、デイドラの中でも常に「悪魔的」のようだ。もちろん、他のデイドラも同様に危険だが、めったに上の5体のような破壊のためだけの行動を取らない。そしてまた、これらの5体ですら、それぞれの破壊性が同質という訳ではない。メエルーンズ・デイゴンは怒りを発散するのに、大地震や噴火などの自然災害を好むようだ。モラグ・バルは他のデイドラを巻き込み、ボエシアは人間の戦闘意欲をかき立てる。ペライトの本領は悪疫で、ヴェルニーマは拷問を好む。

この連続記事の次掲載分を準備するために、私がデイドラ研究者となってから興味を持ち続けてきた二つの事柄を調査する。ひとつ目は、初期に数々の記事でハーシーンと紹介された特定のデイドロスで、デイドラの王子だ。ハーシーンは「狩人王子」や「獣人の父」と呼ばれているが、いまだ召還できる人を目にしたことがない。ふたつ目、そしてさらに達成できるか疑わしい目的は、人間がオブリビオンへ渡れる実用的な手段を探すことだ。かねてからの私の持論は、理解できないものを怖がる必要はないだ。私はいつもそれを心に刻んで目的を追っている


登場 編集

ライセンス 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki