FANDOM


Serana
Serana.png
基本情報
種族 Nord Vampire
性別
エッセンシャル Always

SeranaThe Elder Scrolls V: Dawnguard の、太古の純血のヴァンパイア。彼女は積極的でフレンドリーだが、トラブルを抱えた幼少期と母親の亡命により孤独の身である。そのことは彼女がDragonborn を信用して秘密を打ち明けることで明らかになる。

背景 編集

血筋 編集

彼女の正確な年齢は判明していないが、彼女は First Era 初期から Alessian Empire よりも前から存在するとされている[1]

彼女は存在が確認されているわずかの純血ヴァンパイアの一人である。純血ヴァンパイアは、ヴァンパイアの創造神 Molag Bal から直接 vampirism (ヴァンピリズム) を授かった個人である[2][3]。その過程は幾分、初代ヴァンパイア Lamae Beolfag の創造に似ている[2]。Serana は Molag Bal に誓う彼女の家族の一員の儀式を通じて vampirism (ヴァンピリズム) を得た。恐ろしく厳しい試練を生き延びたSerana や彼女の母親 Valerica のような女性は "Daughters of Coldharbor" (コールドハーバーの娘) という異名を持っている。

予言 編集

彼女の父親 Lord HarkonCastle Volkihar を本拠としている Volkihar ヴァンパイア一族のリーダーである。彼は、もし制定されればヴァンパイアが太陽による弱体化の恐れもなく自由に世界を徘徊できる Tyranny of the Sun (太陽の暴政) と呼ばれる古代の予言を発見した。しかし、それを実行するために、彼はElder ScrollAuriel's Bow と生贄の儀式のための Serana を必要としている。

これに答えて、彼女の母親は彼女を父親から守るために、Dimhollow Crypt にある封印された石棺に何千年もの間、Elder Scroll と一緒に彼女を隠した。彼女の母親は別の Elder Scroll を持って Soul Cairn に避難している。

関係 編集

Dawnguard の過程において、Dragonborn は、Serana の母と直面し Elder Scroll を手にするために Soul Cairn へと Serana と行動を共にするかもしれない[4][5]


登場 編集

参考文献 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki