FANDOM


Map of skyrim bintoenglish
この記事は Tamriel の北部の地域 Skyrim について解説しています。その他の Skyrim (スカイリム) については、Skyrim (曖昧さ回避) を参照してください。

Skyrim (スカイリム) は、古来から Tamriel (タムリエル) の北部にある広大な地域の集合。自然のものと魔法によるもの両方の寒気 (frost) に対して強い抵抗力を持つ大柄でたくましい男たちと女たちの人種、Nord (ノルド) の故郷である。東は Morrowind (モロウィンド) 、南は Cyrodiil (シロディール)、南西は Hammerfell (ハマーフェル)、西は High Rock (ハイ・ロック) と国境を接している。Skyrim の北東には Solstheim 島 が位置している。

殺されたり投獄されることを恐れて Cyrodiil の市民になるために、Imperial の侵略の間に、多くの Nord が Skyrim から Bruma に移住している。

歴史 編集

Nords の故郷で The Elder Scrolls V: Skyrim の舞台である Skyrim も Old Kingdom (古代王朝) や Fatherland (父祖の地) として知られいる。

Merethic Era (Merethic の時代) の時期、The Land Mereth と呼ばれた Nede は膨大な数の Mer をそこに移住させた功績がある。Skyrim は人間が、はるか北の Atmora の土地から Sea of Ghosts を横断して Tamriel に定住した最初の土地であった。この移住の時期は知られていないが、エルフの文明の最盛期の前である。伝説によると、 Ysgramor が最初に Skyrim のBroken Cape の 最北端にある Hsaarik Head に上陸した。彼とその連れ (companions) は、そのときはかなりの人口があった Atmora の内戦から逃げてきたと言われている。多くのエルフが Tamriel の原生林に移動してから、彼らは The Land Mereth という名前をつけられた。

StatueofYsgramor

Five Hundred Companions を結成した Ysgramor

長い間、 Snow Elf (スノーエルフ) と人間との間の関係は比較的に平和だった。しかし、 Snow Elf は、かなり短命だと予期され (エルフの尺度からみて) 肉体的成熟が早くその場凌ぎの繁殖サイクルを持ち、歯止めが効かないまま最終的に彼らを追い越してしまった Nord 達と出会った。当時、人間は Snow Elf からみて原始的で動物のような存在と見なされて、Tamriel の生態系の安定性を損なう災いをもたらす侵略的な人種の拡大を食い止めるために、卓越した道徳上の緩和がない者と見なされていた。このようにして、エルフの大虐殺が、後に Night of Tears (涙の夜) として知られるようになる Saarthal の町を徹底的に壊滅させた。だが Ysgramor と彼の2人の息子は Atmora へと逃げていった。そして、さまざまな派閥の間で生み出されたほんの僅かの平和は、彼らの苦境を、人類 (Human race、エルフではない人間型種族) を結びつける力に変える機会を与えた。数年以内のうちに Ysgramor は 数多くのレジスタンスを除く Atmoran Civil War (Atmoran 内戦) の英雄からなる "Five Hundred Companions" として知られる軍隊を連れて Skyrim に戻ってきた。彼は Snow Elf を追い払い、ナイト爵を授かり First Emipre の基礎を築いた。

Snow Elf は First Era が始まる Thirteenth of the Ysgramor Dynasty (第13 Ysgramor 王朝)、 King Harald (ハラルド王) の統治まで Skyrim の国境で生き残った。King HaraldAtmora のすべての土地を率先して手放し (そのときまで、AtmoraNord と Skyrim は同じ集団と見られていた)、Skyrim の民族は独立した民族だと宣言した。一部の血統は希薄だが、Tamriel のすべての人間はこれら Nord の子孫である。

Vrage the Gifted は、最終的に人間の First Empire を導いて拡張していった。彼の統治から50年のうちに、Nord は Skyrim 全土のほかに High Rock の一部、CyrodiilMorrowind の Dunmer の土地 を支配した。Morrowind の獲得はとりわけ血に飢えて残忍であり、今日でも Morrowind では未だに忘れられていない (ResdaynChimer-Dwemer 王国樹立の目的は Nord を追放することであった)。

帝国の後継者を選ぶシステムは最終的に破滅のもとになることが判明した。かなりの時間を Moot に費やして、多数の各 Hold から Lord (領主) を集め、帝国の後継者を選んだ。Moot が推薦しそこなったのに、これは King Borgas が死ぬまでかなり続いた。

Skyrimlandscape

地理 編集

Skyrim はツンドラの平原、森、高原、山岳地帯を含む多くのさまざま地形の種を特徴づけている。大陸のうち大部分が起伏の激しい地域である。5つの Tamriel の最高峰があるだけでなく、極めて雪が多くて寒い。ただし西側の荒野では、人口の大部分が居住するある程度平坦な土地がある。Skyrim では他の部分は天頂の山々、断崖絶壁、深い渓谷である。wheat (小麦) から たくましい snowberry (セッコウボク) まで、色とりどりの農作物は Skyrim で育てられている。注目すべきは、Skyrim の独特の気候風土は、High RockMorrowind の北部の荒野の大部分を除いて Tamriel で唯一の地域にしていることである。この気候風土は、単に ""Rotgut"" として知られる悪名高いアルコール飲料 Nord Mead の醸造に適している。この理由は、地元の特定の原料の供給力に加えて、蒸留過程の数時間、冷凍と再凍結がするように、材料は超低温にさらされなければならないことにある。その中身が非常に有害なように、胃の中で氷の感触が続く並外れて強力なミントに似ている、そのアルコール飲料は独特の「冷たい」味で名高い。Nordic Ale は帝国中の至るところで違法であるが、これは、多くの経営者が、毅然とジョッキを試す人のために密輸されたボトルを仕入れるのを妨げていない。

経済 編集

Skyrim は富裕で影響力のある行政区分である。SolitudeHold (支配地) は常にもっとも豊かで有力な地域の1つである。最近になって、Solitude はこれまでにもっとも力強く成長し、Dawnstar の女帝 Macalla との結婚による King Thian の提携に付随して北部の海岸線の大部分を支配している。 Solitude は、Uriel V が271年に占領して以来から皇帝が直接支配していた Roscrea の島のようなかつての Imperial 領 (帝国領) をいくらか合併して勢力を拡大しようとしている。Morrowind からの難民がそこへ逃げて新しい知識、文化、刺激的な経済を持ち込んだたため、Morrowind からの影響もあった。一部の都市では、市民は木材の切り出しや鍛冶によって経済圏の一部になる。Fourth Era (第4紀) には、Skyrim は、東側の Hold が西側の Hold に対して対抗する内戦が突発するまで政治的に統一されていた。これにも関わらず、Skyrim の経済にいくらか損害を与えた Great Collapse に加えて、Riften の町は mead (ミード、蜂蜜酒) や魚介類を産出する産業用発電所になった。これは一部で政治の腐敗を招いたが、しかし全体的に見ると、Skyrim は Tamriel 上ではかなり有力で富裕な国家の1つである。

Hold首都 編集

Skyrim の険しい景観には5つの都市のほかに小規模な村や入植地が散らばっている。いくつもの小さな町の存在は、いくぶん都会的な Cyrodiil よりも土地を自然の田舎風の感触にしている。

Dawnstar 編集

Dawmstarmain

Dawnstar.

Dawnstar (ドーンスター) はSkyrim の北海岸にある守備隊駐屯都市。The Pale (ザ・ペイル) の首都。2E 283 (第2紀 283年) の Dawnstart にある要塞の破壊の後、Tanriel 史上もっとも残忍で血に植えた時代の1つにつながる、Potentate Versidue-Shaie が戒厳令を宣言した。Dawnstar は SolitudeWinterhold と並んで Skyrim の北部にある大きな都市の1つである。

Falkreath 編集

Falkreathmain

Falkreath.

Falkreath (フォークリース、ファルクリース) は Skyrim 南西の都市、Falkreath Hold の首都。Hammerfell (ハマーフェル、ハンマーフェル) の国境に接している。Hammerfell の国境を横断した先には Elinhir の町がある。Falkreath は町の南部を著しく目立たせる墓で有名である。

Markarth 編集

Markarth

Markarth.

Markarth (マーカース、マルカルス) は Skyrim の西の主要な都市。The Reach (リーチ) の首都。Voice を兵法に復活させるべく Tiber Septim が設立した Imperial College of the Voice を有することで有名である。町の半分は Silver-Bloods として知られている富裕な一族に統制されており、Forsworn (フォースォーン) のせいでほとんどの市内の至るところで暴行が蔓延している。 a

Morthal 編集

Morthal

Morthal

Morthal (モーサル) はSkyrim の西の主要な町。Hjaalmarch の首都。Dragon Bridge (ドラゴン・ブリッジ) と Solitude に接している。Vampirism (ヴァンピリズム、ヴァンパイアになる病気) を治療できる魔術師 Falion がいる。Morthal にいる 現在の Jarl (首長) は Idgrod Ravencrone である。

Riften 編集

Riften 2

Riften.

Rifton (リフトン) としても知られる The Rift (ザ・リフト) の首都であるこの町 Riften (リフテン) は Skyrim の南東に位置する。Cyrodiil と Morrowind 両方と国境を接している。Skyrim の Thieves' Guild (シーフギルド、盗賊ギルド) の所在地であり、Skyrim での亡命から Morrowind (モローウィンド) に期間中、Barenziah が加盟したギルドは Riften にあった。Maven Black-BriarRiften で最も影響力のある人間であり、Riften Guard も Jarl も彼女の懐の中にあり、ほかに Thieves GuildThe Dark Brotherhood 両方へのコネクションもある。

Solitude 編集

Solitude

Solitude.

Solitude (ソリチュード) は Skyrim における Imperial の影響力の中心であり、Haafingar (ハーフィンガー、ハーフィンガル) の首都である。Castle Dour はここにあり、Imperial Legion を運営している General Tullius がそこにいる。皇族は Blue Palace に住居を与えられている。Solitude はマップ中央から遠い北西に位置する。有名な Bards' College (バーズ・カレッジ、吟遊詩人のカレッジ) は本拠地、Haafingar も Skyrim の自然港かつ最重要な港湾都市の1つでもある。 海岸の至るところからやって来る船は、WayrestAnvilSenchal の市場へのと木材や塩漬けダラを積んでいる混みあった埠頭で見つかる。Skyrim の長い Alessian flirtation の間、Bards' College は異端なストリーキングを見せびらかし続けている。その受講生は取引先に十分に適合している名高い大酒飲みである。受講生は毎年一週間のお祭り騒ぎのため市が開かれている広場に殺到する。そのクライマックスは、考えようによっては、今は忘れ去られた War of Succession の競争相手であろう "King Olaf" を形どった人形を燃やすことである。Cyrodiil の復興した Imperial Court (インペリアル法廷) を含む Tamriel の至るところで地位の高い所帯では、卒業生には就職難はないが、 多くの卒業生が今もなお、CallisosMorachellis のような華々しい卒業生のさすらいの後を継ぐことを選んでいる。

Whiterun 編集

Whiterun

Whiterun.

Whiterun (ホワイトラン) は Skyrim の中央にある都市で Whiterun Hold の首都。Skyrim の貿易拠点である。逃亡中の若き日の Barenziah は、Mournhold (モーンホールド) へと帰る途中に、若き恋人とともに一週間ここに避難した。この支配地域は Whiterun と High Hrothgar を含み、王家の確執、Hörme banditsfrost trolls (フロスト・トロール) からの攻撃、洪水、干ばつ、火災が次々と起こる絶滅の冬を含むさまざまな無秩序の活動を被るまでは、かつては 「Skyrim の Imperial City」(スカイリムのインペリアル・シティ) と称されていた。自称 Lorkhan の巫女、Jsashe the Witch-Queen は、この郡と地元の魔女の集まりを支配している。Giant (ジャイアント) の地域個体群が、マンモスの群れが食べるための牧草地かつ、Bleakwind Basin のようなキャンプを構える場所として Whiterun の外のツンドラを利用しているように見えることを気に留めると興味深い。

Winterhold 編集

Winterholdcity

Winterhold.

都市としての Winterhold (ウィンターホールド) は Hold (支配地域) としての Winterhold の首都であり、かつては富裕で影響力があった、Skyrim 北東の郡である。Winterhold は、国境に接している Dunmer のしきたりやアイデアの影響を大きく受けている。Winterhold には Ysmir Collective (Ysmir の共同体) と有名な College of Winterhold (カレッジ・オブ・ウィンターホールド) がある。Winterhold の現在の Jarl (首長) はJarl Korir である。Great Collapse (大崩壊、大崩落) のお陰で、ドラゴンの襲撃するよりも前の200年間に、歴史上重要な都市の大部分が海に沈んだ。 Winterhold は、酒場、Jarl's Longhouse (ジャール(首長) のロングハウス)、College of Winterhold だけしかない、ほぼ間違いなく最も小さい Hold の首都である。

Windhelm 編集

Windhelmmain

Windhelm.

Windhelm (ウィンドヘルム) は かつての First Empire (初代帝国) の首都で、現在は Eastmarch (イーストマーチ) の首都である。Ysgramor 王朝の宮殿がいまでも Old City (旧市街) の中央にそびえている。Windhelm は War of Succession の間に略奪を受けた[1]。さらに Akaviri の軍隊 Ada'Soon Dir-Kamal によって再び略奪を受けた[2]Palace of the Kings (王の宮殿) はわずかに残存する First Empire の建築物の1つである。現今、Windhelm は他の確固たる地方の Eastmarch の Hold の中で唯一かなり大きな都市にとどまり、Morrowind へとつながる Dunmeth Pass を警護する Imperial の部隊のための基地としての機能を果たしている。

関連項目 編集

参考文献 編集

  1. Pocket Guide to the Empire, First Edition: Skyrim
  2. Pocket Guide to the Empire, First Edition: Skyrim

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki