FANDOM


The Elder Scrolls V: スカイリム 日本語版には数多くの誤訳や適切とはいいにくい訳が存在する。そのような訳によってゲームの中ではまったく異なる意味になる文や会話が散見している。実際にゲームをプレイせずに翻訳したと見られる訳、ゲームの世界観を誤解しやすい訳、過去のシリーズの世界観を無視した訳、訳の内容によっては折角用意されたイースタエッグの意味がわからなくなっていることもちらほら存在する。The Elder Scrolls V: ドーンガード 日本語版の誤訳については、Dawnguard公式日本語版の誤訳悪訳珍訳を参照。

誤訳一覧 編集

名詞 編集

あ行 編集

  • 悪しきスザンナ - Susanna the Wicked の誤訳。彼女の性格や行動から、悪人とはいえない。Wicked には「いたずらな」「腕白な」「すばらしい」「上手な」という意味もあり、こちらが近い。
  • アワビ - Abelone という女性NPCの誤訳。"Abalone" と間違えて訳したと見られている。「アベローネ」あたりが適切な訳語。誤訳の詳細は Abelone を参照。
  • アルドメリ自治領 - Aldmeri Dominionの誤訳。Aldmeriは「アルドマーの」という意味のため、Daedricを「デイドラの」と訳すのと同様に訳すべき。「アルドマー自治領」か「アルドメリ・ドミニオン」が適切な訳。
  • 偉大なるバルグルーフ - Balgruuf the Greater の誤訳。Greater は単に Senior や Junior のうち Senior に相当する意味。例えばアレクサンダー大王は Alexander the Great であって Alexander the Greater ではない。「大バルグルーフ」のような呼び名が適切という意見もあるが、「大バルグルーフ」とするほうがひどい誤訳であろう。「大~」「小~」は、ラテン語の"~ Major"、"~ Minor" の定訳であり、英語では "~ the Major" と"~ the Minor" もしくは "~ the elder"と"~ the younger" に相当する。"~ the greater" が一般的でないことと、"~" に入る箇所は家門・氏族名(日本語的にいうと苗字)が一般的ということの比較の問題になる。同一氏族に著名人が複数いるから、「大~」「小~」と呼び分けるのだ。同時に「大~」、「小~」と呼ばれるのは君主制なら臣下だけであり、さもなくば共和政体の著名人である。 (Skyrim公式の訳語としては首長) を氏族で呼ぶことはない。王族でありながら氏族名付の2語名で呼ばれるのは領地を持たない傍系人物である。現に Skyrim 世界でも氏族名のついた2語名を自ら名乗っている首長一族はいない。また、ウインドヘルム首長であるウルフリック首長を「ウルフリック・ストームクローク」と呼ぶのは、ウルフリック首長を犯罪者として扱っている帝国軍側の人物である。
  • 裏切り者の位置 - Traitor's Post という、Bandit 達の巣窟のことなので誤訳。「 反逆者のねぐら」あたりが適切な訳。
  • オラヴァ・ザの記章 - Olava's Token の致命的な誤訳。Olava the Feeble (オラヴァ・ザ・フィーブル) から「ザ」(the) を取り除き忘れている。「オラヴァのトークン」か「オラヴァの記章」あたりが妥当な訳。
  • エクスプロージョン - Fire ball の誤訳でかつ Incenerate の訳語ファイアボールと混乱しやすい訳語。Fire ball は名前の通り火の玉を高速で投げて命中箇所が爆発する。Incenerate は「焼く」という意味であり、ゆっくりと炎のような大きな塊が放った方向に進む。Fire ballのように小さな球体を高速で投げる魔法でもなければ爆発もしない。一方で Fire ball は爆発するから「エクスプロージョン」と訳したのだろうが、それでは球体でもない Incenerate の立場がないので明らかに誤訳。混乱を避けるためか The Elder Scrolls V: Dawnguardではこの「エクスプロージョン」は「火炎球」という訳語に変更されているが、「Spell Tome: Fire ball」の訳語は相変わらず「呪文の書:エクスプロージョン」から変わっていない。Dawnguard公式日本語版の誤訳悪訳珍訳も参照。
  • 大鎚 - Mauls の誤訳。Werewolf に変身できるようになるとこの記録がキャラクターメニューに表示される。Maul は「大きい斧」や「大鎚」以外にも「打ち潰す」「傷つける」という意味があり、この Mauls はウェアウルフになってから殺害した人数を意味することから後者の意味で使われている。「モール」や「ウェアウルフ時に打ち潰した件数」あたりが妥当な訳。

か行 編集

  • 海賊船 - 単に「海賊」を意味する Corsair というNPC名の誤訳。誤訳の詳細は海賊船を参照。
  • 刻目のあるつるはし - Notched Pickaxe の誤訳。Tamriel大陸でもっとも高い場所にあるつるはしMinecraftのクリエイター "Notch" 氏に言及している。そのNotched にかけている。この日本語訳ではこの名前の由来がわからない問題がある。
  • 奇妙な心臓 - Human Heart の意訳。「人間の心臓」か「人の心臓」が適切な訳。
  • 奇妙な肉 - Human Flesh の意訳。「人肉」が適切な訳。この意訳に関する問題点や詳細は Human Flesh を参照。
  • 吟遊詩人の跳躍 - Bard's Leap Summit の誤訳。"Bard's Leap" なら正しい訳だが、頂上を意味する "Summit" が無視されている。「吟遊詩人の頂上峠」や「バーズ・リープ・サミット」あたりが適切な訳。
  • クリー - Dragon Language の一つ krii。「クリイ」という訳語不統一の他に「クリル」という誤訳も存在する。
  • クリイ - Dragon Language の一つ krii。「クリー」という訳語不統一の他に「クリル」という誤訳も存在する。
  • クリル - Dragon Language の一つ krii の誤訳。その他に「クリー」「クリイ」という訳語不統一も存在する。
  • グレイドルクラッシュ・ロック - Cradlecrush Rock の誤訳。頭文字がCから始まるのに「グ」で始まっている。「クレイドルクラッシュ・ロック」が適切な訳。
  • 公平なエリシフ - Elisif the Fair の誤訳。「麗しきエリシフ」または「美しきエリシフ」あたりが適切な訳。"Fair" が女性名につく場合は映画 "My Fair Lady" の訳「我が麗しき貴婦人」のように「麗しき」「美しき」になる。
  • 黒檀 - Ebony の日本語訳。実際の黒檀は木でできている。ところがゲームでは金属のような素材という設定。誤訳の詳細は Ebony を参照。
  • 黒檀の剣 - The Elder Scrolls シリーズでは Ebony BladeEbony Sword という2つの剣が登場する。どちらも公式日本語版では黒檀の剣と訳されて混乱しやすい。詳細は黒檀の剣を参照。

さ行 編集

  • 最初の仲間 - First Mate の誤訳。"First Mate" とは「一等航海士」という意味。
  • 裁きの神殿 - 書籍 A Game At Dinner (晩餐での遊戯) に登場する Tribunal Temple の不適切な訳。この Temple は人を裁くところではない。"Tribunal" は3人の現人神を意味し、「裁判」や「裁き」という意味ではなくむしろ「三位一体の神」の意味に近い。
  • 執政 - Steward の誤訳または訳語不統一。The Elder Scrolls V: Hearthfire では邸宅を保護・維持するためのサービスを提供する。「執政」から逆引きすると administration や magistrate 、councilになり、かなり強い権限を持つ役職になってしまう。幹事、執事、給仕、ボーイ、世話人あたりが近い。ウィキペディアの役職のスチュワードのようにカタカナで「スチュワード」と訳すのも適切である。Steward の原義は豚小屋 (pigsty) の番人 (ward) である。
  • スーム - Dragon Language である Su'um の訳語。Mysterious AkavirArcturian Heresy に登場する "Ada'Soom" の Soom も「スーム」と訳されている。なお、 Thu'um は「スゥーム」と訳されているので Su'um との区別はなされている。
  • スカイ・ヘヴン聖堂 - Sky Haven Temple の誤訳。Haven は港、停泊所、避難所、安息地という意味で発音は「ヘイブン」。「ヘブン」にすると Haeven (天国) と誤解する。「スカイヘイブン・テンプル」あたりが適切な訳。
  • スコール - SkjorSkaal との訳語不統一。Skjor は実際には「スキョー」「スキヨー」と発音。Skaal は「スコール」でも構わないが「スカール」とも発音できる。詳細はスコールを参照。
  • スタミナ減退回復 - Damage Stamina Regen の誤訳。Stamina の回復速度を減衰させる毒薬の効果の一種。「スタミナ回復減退」「スタミナ回復速度減退」「スタミナ再生速度減衰」などの訳が妥当。
  • 星霜の書 - Elder Scrolls の誤訳。ゲームシリーズのタイトルにもなっている The Elder Scrolls のこと。「星霜」は年月や歳月という意味だがこれが Elder Scrols の日本語訳に相応しいかは意見が分かれる。
  • 煽動 - Rally の誤訳。一見すると敵対心を煽る魔法のように見えるが、仲間にも普通にかけられる。かけられた対象は Courage と同様、戦闘中に有効時間中に敵から逃げなくなり HealthStamina が上昇する。よって普通に「ラリー」や「元気」のような訳が妥当。Oblivionでは Rally をかけると標的が術者に攻撃する魔法だった。この誤訳はその誤解から来たか。

た行 編集

  • 食べ物 - Food の訳語。一見すると問題ない訳に見えるが、Skyrim では Food カテゴリに所属するアイテムにはアルコール飲料などの飲み物も含まれる。よって厳密な定義をしようとすると、「食べ物」というより「食品」や「飲食物」に近い。
  • ダンジョン - The Dark Brotherhood のクエストで Noster Eagle-Eye が地下牢のことを「ダンジョン」と呼ぶ場面がある。誤訳の詳細はダンジョンを参照。
  • 帝国軍ラック - Imperial Luck の誤訳。Imperial Luck は種族としての Imperial の Special Ability のひとつ。「インペリアル・ラック」か「インペリアルの幸運」あたりが妥当な訳。
  • 帝国軍の鋼鉄の篭手 - Steel Imperial Gauntlets の誤訳。Imperial Luck の誤訳「帝国軍ラック」と同種の誤訳。Imperial Legion の装備は Imperial Bracers (帝国軍の腕当て) でありこのガントレットとは異なる。「スティール・インペリアル・ガントレット」や「鋼鉄のインペリアルの篭手」あたりが妥当な訳。
  • 挑発 - Courage の誤訳。一見すると敵対心を煽る魔法のように見えるが、仲間にも普通にかけられる。かけられた対象は戦闘中に有効時間中に敵から逃げなくなり HealthStamina が上昇する。よって普通に「勇気」「勇敢」と訳すのが妥当。
  • 治癒の薬 - Potion of the Healer の紛らわしい訳。このポーションはRestoration スキルの効果を一時的に高めるアイテムであり、それ自体に治癒効果はない。治癒・回復効果がある薬として Potion of Healingがある。こちらは「回復の薬」と訳されているために紛らわしい。「ヒーラーのポーション」や「治癒者の薬」のような訳が適切。
  • デイドラ王子 - Daedric Prince の誤訳。Prince には大公、君主、親王という意味もあるため、そちらの意味で使うのが適切。大国に属する小国の王という意味でもあるので王と訳すこともできる。デイドリックは「デイドラの~」という意味なのでデイドラと表記するのは適切。
  • ドゥーマー - Dwemerの日本語訳。発音は「ドゥエマー」に近く単語の読み方からも本当にドゥーマー」が適切な訳とは言えない。
  • ドゥーマーの歯車 - Dwemer Gear の誤訳と、Dwermer Gog との紛らわしい訳と訳語不統一。Dwemer Cog は「ドゥーマーのコグ」、Dwemer Gear は「ドゥーマーの歯車」と訳されているが、Dwemer Cog を10本集めるクエスト Arniel's Endeavor では Cog を「コグ」ではなく「歯車」と訳しているために紛らわしく、クエストのプレイを煩わせている。そもそも Dwemer Gear は歯車の形をしていないので (発音の訂正も兼ねると)「ドゥエマーのギア」のようにと訳すのが適切。
  • ドラゴンズリーチのダンジョン - Dragonreach Dungeon (ドラゴンズリーチの地下牢) の誤訳。誤訳の詳細はダンジョンを参照。WhiterunHold Guard がよく口にする誤訳セリフ。
  • ドール城のダンジョン - Castle Dour Dungeon (ドール城の地下牢) の誤訳。誤訳の詳細はダンジョンを参照。
  • トレジャーハウス - The Treasury House - Thonar Silver-Blood の立場から、「トレジャーハウス」よりも、「トレジャリー・ハウス」とカタカナ訳にするか「公庫」「財務官の家」「財務商社」という訳の方が適切。

は行 編集

  • パインクリーク洞窟 - Pinepeak Cavern の誤訳。原語のスペルは「パインピーク」なので「パインピーク洞窟」あたりが適切な訳。
  • 白金 - 前作The Elder Scrolls IV: OblivionCS版White Gold Tower の日本語訳「白金の塔」や、White Gold Concordat の日本語訳「白金協定」で使われている誤訳。White Gold の日本語は「白色金」であって、白金の原語は Platinum (プラチナ) になるので、誤訳である。また日本語版声優は日本語訳の「白金協定」のことを「はっきんきょうてい」とは発音しないどころか「はくきんきょうてい」「しろがねきょうてい」などとブレている。
  • 歯車 - Dwemer CogDwemer Gear との紛らわしい訳と訳語不統一。Dwemer Cog は「ドゥーマーのコグ」、Dwemer Gear は「ドゥーマーの歯車」と訳されているが、Dwemer Cog を10本集めるクエスト Arniel's Endeavor では Cog を「コグ」ではなく「歯車」と訳しているために紛らわしく、クエストのプレイを煩わせている。そもそも Dwemer Gear は歯車の形をしていないので (発音の訂正も兼ねると) 「ドゥエマーのギア」のように訳すのが適切。
  • バルバス - Balbus というNPCBarbas という猟犬姿 Daedra が存在する。日本語訳ではどとらも「バルバス」である。詳細はバルバスを参照。
  • ファイアボール - Incenerate の誤訳でかつ Fire ball との混乱しやすい訳語。Incenerate は「焼く」という意味であり、ゆっくりと炎のような大きな塊が放った方向に進む。Fire ballのように小さな球体を高速で投げる魔法でもなければ爆発もしないので明らかに誤訳。これとは別に Fire ball というスペルの訳語はなぜかエクスプロージョンと訳されている。混乱を避けるためか The Elder Scrolls V: Dawnguardでは「エクスプロージョン」は「火炎球」という訳語に変更されている。Dawnguard公式日本語版の誤訳悪訳珍訳も参照。
  • ファルメル - Falmer (ファルマー) というエルフ族 (Mer) の訳語不統一。Dunmer、Bosmer などほかのエルフ族はほとんど語尾が「マー」で終わっているが Falmer だけ「メル」で終わっている。
  • フルック! - シェオゴラスのセリフ「Hafrumph!」の誤訳。咳払いの表記を無理に単語にしようとした結果、人の名前のようになってしまっている。「ウェッホン!」などでよかっただろう。
  • ヴァーミルナ - Vaermina (ヴァールミナ) の誤訳。「ル」と「ミ」が逆になっている。「ヴァーミルナ」だと元のスペルは Varmilna のようになってしまう。ちなみに公式英語版ではVaerNimaとVaernrMinaが混在している書籍もある(Sixteen Accords of Madness, v. IX)ため混乱してしまうのも無理はない。
  • ブロークン・ラムの野営地 - Broken Limb Camp (ブロークン・リムの野営地) の誤訳。Limb (リム) を「ラム」と誤訳している。

ま行 編集

  • 碧水晶 - Glass の意訳。Glassは水晶ではない。Ebony同様金属のようう溶かして武器防具に加工できる。

や行 編集

  • 宿屋「ブラック・ブライア」- Brack-Briar Lodge の誤訳。単にBrack-Briar家が所有している別荘に過ぎない。「ブラック・ブライア山荘」あたりが適切な訳。翻訳担当者がゲーム内でこの建物がどういうシチュエーションで使われるかをまったく確認しないで翻訳したためにこのような誤訳をしたと見られる。
  • 要塞 - Hold、Redoubt、Stronghold、Fortをすべてこのように訳している。またSkyrimでよく使われる Hold は行政区分に使われるので Hold の訳語「要塞」は誤訳。詳細は要塞を参照。

ら行 編集

  • リーチウィンド砦 - Reachwind Eyrie の誤訳。Eyrie (Aerie) はワシ・タカなど猛禽類の高巣や「高所にある建物」を意味する。実際の建物は Daynas Valen's Notes から Gauldur が住んでいたと考えられる Dwemer の塔。「リーチウィンド・アイリー」あたりが適切な訳。
  • リーチの刀剣 - Blade of the Reach の誤訳。Thane Weapon のひとつ。しかし実際の形状は斧であり剣ではない。Blade には刀剣以外にも刃物や刃という意味がある。
  • リッケ特使 - Legate Rikke の誤訳。Legate は使節、国使、ローマ教皇の特使という意味の他にも将軍補佐官、属州総督、軍団長という意味もある。彼女は外交官や使節団でもなく Imperial Legeon の軍人である。Imperial Legeon が古代ローマ帝国のレギオン (軍団兵) をモデルにしていることから、「リッケ軍団長」や「リッケ将軍補佐官」あたりが適切な訳。
  • レオナラの家の鍵 - Leonara Arius (レオナラ・アリウス) という女性NPCの誤訳。そのような鍵もそのような名前の建物も存在しない。
  • ロストナイフ洞窟 - Lost Knife Hideout - の誤訳。「ロストナイフの隠れ家」あたりが適切な訳。

編集

  • 回復 - ポーションの効果の一種。「 X 回復」(Restore X)「 X を回復」(Regenerate X) という似た名前の二種類の効果があるが、全く別物で紛らわしい。前者「 X 回復」(Restore X) が「 A を X ポイント回復する」という意味で、後者「 X を回復」(Regenarete X) が「 A の回復が X %、Y 秒間早くなる」という意味。また「治癒」の原語もまったく同じで訳語不統一の一種でもある。のそれぞれ「リストア X」、「リジェネレート X」のような訳が妥当。
  • 治癒 - 上記「を回復」と同様ポーションの効果の一種。「 X 治癒」(Restore X)「 X を治癒」(Regenerate X) という似た名前の二種類の効果があるが、全く別物で紛らわしい。前者「 X 治癒」(Restore X) が「 A を X ポイント治癒する」という意味で、後者「 X を治癒」(Regenarete X) が「 A の治癒が X %、Y 秒間早くなる」という意味。また「回復」の原語もまったく同じで訳語不統一の一種でもある。それぞれ「リストア X」、「リジェネレート X」のような訳が妥当。

台詞 編集

  • 「お前と甘い言葉の事を聞いた」 - 原文 : "Heard about you and your honeyed words" - 本来ならば「お前は口がうまい奴だと聞いた」という意味。

関連項目 編集

外部リンク 編集

  • CS版 Skyrim Wiki - 誤訳悪訳珍訳の情報をいち早く集めていたWiki内のページ。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki