FANDOM


Skyrim.esm とは The Elder Scrolls V: Skyrim の本体となる ESMファイル。Skyrimで使われるすべてのesp/esmファイルのマスターファイルでもある。Creation Kit ではこれをベースに拡張したプラグインESPファイルを作っていく。

Mod ファイルのロード順 編集

Skyrim.esm はMod やオフィシャルプラグインを導入するとき、必ず一番最初にロードされる。 BOSS でもロードオーダーでは必ず先頭に来るようになっている。

マスターファイル 編集

基本的にSkyrim.esm は他のesp/esmファイルで最も頂点にあるマスターファイルである。原則としてこの Skyrim.esm ファイルが他のesp/esmファイルをマスターにすることや他のesp/esmファイルをマスターにすることはない。Update.esm がこの Skyrim.esm をマスターファイルにしている。

stringファイルとの関係 編集

Skyrim.esm には各言語につき対になる以下の3つの string ファイルがある。これらのファイルは Data/Strings ディレクトリに配備する。これらのファイルにテキスト情報が存在し、Skyrim String Localizer のようなツールで翻訳や日本語化のときに利用することができる。

ファイル 説明
Skyrim_English.string アイテム、魔法名など
Skyrim_English.dlstring ゲーム内の書物やテキストなど
Skyrim_English.ilstring NPC との会話情報など。

公式パッチのアップデートの影響 編集

公式パッチがアップデートされても基本的に Skyrim.esm が変わることはほとんどない。代わりにSkyrim.esm をマスターファイルとしている Update.esm がその役割を担う。

クリーニングはしない 編集

Skyrim.esmDirty Edit を消すためのクリーニングをしないことが推奨されている。Creation Kit Wiki で紹介されている TES5Edit による mod クリーニングガイドでもクリーニングしてはならないと指南している。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki