FANDOM


他の用法は、Solstheim を参照してください。
SK solstheim map

Fourth Era の時代の Solstheim

SolstheimThe Elder Scrolls V: Dragonborn で見られる雪に覆われた島。Skyrim の北東、Vvardenfell の北西に位置する。 Skyrimアドオン The Elder Scrolls V: Dragonborn の舞台となる。

島の地形は Vvardenfell と Skyrim 双方に似た特質を有する。島の北部は Winterhold Hold に見られるものと似ている北極圏の気候が多数を占める一方で、南部は Dunmer の故郷を彷彿とさせる荒削りな地形を特徴付けている。

大多数が避難するために Skyrim の国境を超え、4E 5 (第4紀5年) に起きた Red Mountaion噴火により、何千もの Dunmer が Morrowind から逃亡せざるを得なくなっていた。多数が順応し、 Nord たちは新しい故郷として Solstheim の島に彼らを寛大に受け入れた。[1][2] Skyrim の High King は 4E 16 の年にこの領地を正式に彼らに与えた。[3]

ロケーション 編集

Solstheim Skyline

Solstheim の灰の荒れ地。

詳細は ロケーション (Dragonborn) を参照

登場 編集

参考文献 編集

ギャラリー 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。