FANDOM


Bethesda-creation-kit.pngTableMakeUp
タイプ 食卓、利便性
Description 皿やボウルをアクティベートしてその上に物を置けるMod
バージョン 不明
製作者 作者不明
ソース http://skup.dip.jp/up/up03275.zip
Download
ダウンロードリンク
有用なリンク
SkyrimのMod使用法
·

TableMakeUp とは、皿やボウルをアクティベートしてその上に物を置けるMod[1]。 作者によると、自身のModに同梱して再配布など、使い道は自由としている。

対象となる食器は以下の通り (抜粋):


必要動作環境 編集

インストール 編集

  • TableMakeUp.espTableMakeUp.bsa を Dataディレクトリにコピー。

使用法 編集

  • 皿をアクティベートするとコンテナ画面が開くので、載せたいものを入れる。
  • 入れられたものを適当に配置する。
  • 皿やボウルを回収したいときはSneak状態でアクティベートする。

備考 編集

  • 皿やボウルの上にものを起くものの、Havokを止めるわけではないので、皿にビンはほぼ立たない。
  • Gourd (ウリ) みたいな重心の悪いものもキレイには収まらない。
  • 錬金素材もほとんどはサイズが大きいので、一皿に詰め込むと爆発する。
  • ブーツや武器やLockpick (ロックピック)も置くことはできますが、皿におとなしく載らない可能性がある。
  • Bread (パン) の重心は狂っているので場所だけ合わせても駄目である。

配置方法 編集

配置の仕方は、1個のときは中央。2個のときは直線状。3個のときは正三角形。以降正n角形が基本。 複数種類のものを混ぜて置こうとするともう少し複雑で、 例えばりんご2個とトマト3個の場合、

  • りんごグループとトマトグループで2グループ。グループ同士では直線状(左右方向)に配置。
  • りんごは2個だから、グループ内で直線状(皿全体としては前後方向)に配置。
  • トマトは3個だから、グループ内で正三角形に配置。

上から見るとこうなる。

↑皿の正面

既に置いてある飲食物を拾って、皿に置きなおすと、大きさが変わることがよくある。 配置済みの物体は見栄えを考慮して大きさを細かく変えてあるが、プレイヤーが使うときは 元の大きさに戻るため。ホールチーズなどもよく縮む。

室内を装飾する場合、ものの位置を変えても変えても戻ってしまう現象が有名である。初めて部屋に置かれたものは座標などの情報がまだ「仮置き」の状態にあって、見た目の位置しか変わらないため。 新しくものを部屋に入れたら、プレイヤーがその部屋にいない状態でセーブ&ロードすればこの現象は起きなくなるといわれている。 (技術的には、プレイヤーがいるセルはメモリイメージ保存によって状態保存するから現象は変わらない。プレイヤーがいないセルはデータレコードとして保存され、ものの情報が仮置きでなくなるので、この現象が起きなくなる。)

仕組みの都合上、世界のどこともつながっていない新しいセルを足す。 何かの理由で行きたければ、コンソールコマンド で aaaNowhereCellに coc で移動すること。

Modで追加された皿やボウルには(もしあるなら)対応していない。

お手軽な移植・改造ガイド 編集

TableMakeUp.bsa を BSA Browserなどでばらしてソースを見ると、setMotionType(**.Motion_Dynamic)という行がいくつか現れるが、この行の先頭に";"をつけるなどしてコメントアウトすると、一度皿に食品を置くと、皿も食品もつかんで動かせたり何かに当たって動いたりということがなくなる。取得回収のみ可能。 移植する場合、スクリプトのプロパティのConsigneeだけ、世界のどこかのいつも空っぽでよいコンテナを指定できれば、任意の家具にスクリプトを添付しなおすだけで簡単に移植できる。このmodでは万人にそれを保証するために新セルが作られている、個人的改造ならどこかの家の個人用チェストでも十分である。 スクリプト自体はテーブルに仕掛けても動く可能性がある。

参考文献 編集

  1. TableMakeUp (txtファイル) (日本語). Retrieved on 2012-9-5.

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki