FANDOM


Reader (Achievement) Argonian Account, Book 1
Book04Red
タイトル: Argonian Account, Book 1
フルタイトル: The Argonian Account, Book One
著者: Waughin Jarth
次巻:

The Argonian Account, Book II

Skyrim
重量 1
価格 2
FormID 0001AFD7
詳細は Books (Skyrim) を参照
詳細は Books (Oblivion) を参照Skyrim公式日本語版では完全タイトル名もアイテム名もどちらも『アルゴニアン報告 第1巻』と訳されている。

既知のロケーション 編集

Oblivion 編集

  • ランダムなクエスト報酬として得られる。この本を入手する一つの方法は、 (戦闘スキルブックのみ獲得できる) Bear Season のようなクエストを完了し、クエスト報酬を得る前にセーブしてこの本を入手できるまでリロードすることである。
  • ランダムな戦利品。

Skyrim 編集

内容 編集

原文 編集

In a minor but respectable plaza in the Imperial City sat, or perhaps lounged, Lord Vanech's Building Commission. It was an unimaginative, austere building not noted so much for its aesthetic or architectural design as for its prodigious length. If any critics wondered why such an unornamented, extended erection held such fascination for Lord Vanech, they kept it to themselves.

In the 398th year of the 3rd Era, Decumus Scotti was a senior clerk at the Commission.

It had been a few months since the shy, middle-aged man had brought Lord Vanech the most lucrative of all contracts, granting the Commission the exclusive right to rebuild the roads of Valenwood which had been destroyed in the Five Year War. For this, he had become the darling of the managers and the clerks, spending his days recounting his adventures, more or less faithfully... although he did omit the ending of the tale, since many of them had partaken in the celebratory Unthrappa roast provided by the Silenstri. Informing one's listeners that they've gorged on human flesh improves very few stories of any good taste.

Scotti was neither particularly ambitious nor hard-working, so he did not mind that Lord Vanech had not given him anything to actually do.

Whenever the squat little gnomish man would happen upon Decumus Scotti in the offices, Lord Vanech would always say, "You're a credit to the Commission. Keep up the good work."

In the beginning, Scotti had worried that he was supposed to be doing something, but as the months went on, he merely replied, "Thank you. I will."

There was, on the other hand, the future to consider. He was not a young man, and though he was receiving a respectable salary for someone not doing actual work, Scotti considered that soon he might have to retire and not get paid for not doing work. It would be nice, he decided, if Lord Vanech, out of gratitude for the millions of gold the Valenwood contract was generating, might deign to make Scotti a partner. Or at least give him a small percentage of the bounty.

Decumus Scotti was no good at asking for things like that, which was one of the reasons why, previous to his signal successes in Valenwood as a senior clerk for Lord Atrius, he was a lousy agent. He had just about made up his mind to say something to Lord Vanech, when his lordship unexpectedly pushed things along.

"You're a credit to the Commission," the waddling little thing said, and then paused. "Do you have a moment free on your schedule?"

Scotti nodded eagerly, and followed his lordship to his hideously decorated and very enviable hectare of office space.

"Zenithar blesses us for your presence at the Commission," the little fellow squeaked grandly. "I don't know whether you know this, but we were having a bad time before you came along. We had impressive projects, for certain, but they were not successful. In Black Marsh, for example, for years we've been trying to improve the roads and other routes of travel for commerce. I put my best man, Flesus Tijjo, on it, but every year, despite staggering investments of time and money, the trade along those routes only gets slower and slower. Now, we have your very clean, very, very profitable Valenwood contract to boost the Commission's profits. I think it's time you were rewarded."

Scotti grinned a grin of great modesty and subtle avarice.

"I want you to take over the Black Marsh account from Flesus Tijjo."

Scotti shook as if awaking from a pleasant dream to hideous reality, "My Lord, I - I couldn't -"

"Nonsense," chirped Lord Vanech. "Don't worry about Tijjo. He will be happy to retire on the money I give him, particularly as soul-wrenchingly difficult as this Black Marsh business has been. Just your sort of a challenge, my dear Decumus."

Scotti couldn't utter a sound, though his mouth feebly formed the word "No" as Lord Vanech brought out the box of documentation on Black Marsh.

"You're a fast reader," Lord Vanech guessed. "You can read it all en route."

"En route to ..."

"Black Marsh, of course," the tiny fellow giggled. "You are a funny chap. Where else would you go to learn about the work that's being done, and how to improve it?"

The next morning, the stack of documentation hardly touched, Decumus Scotti began the journey south-east to Black Marsh. Lord Vanech had hired an able-bodied guard, a rather taciturn Redguard named Mailic, to protect his best agent. They rode south along the Niben, and then south-east along the Silverfish, continuing on into the wilds of Cyrodiil, where the river tributaries had no names and the very vegetation seemed to come from another world than the nice, civilized gardens of the northern Imperial Province.

Scotti's horse was tied to Mailic's, so the clerk was able to read. It made it difficult to pay attention to the path they were taking, but Scotti knew he needed at least a cursory familiarity with the Commission's business dealings in Black Marsh.

It was a huge box of paperwork going back forty years, when the Commission had first been given several million in gold by a wealthy trader, Lord Xellicles Pinos-Revina, to improve the condition of the road from Gideon to Cyrodiil. At that time, it took three weeks, a preposterously long time, for the rice and root he was importing to arrive, half-rotten, in the Imperial Province. Pinos-Revina was long dead, but many other investors over the decades, including Pelagius Septim V himself, had hired the Commission to build roads, drain swamps, construct bridges, devise anti-smuggling systems, hire mercenaries, and, in short, do everything that the greatest Empire in history knew would work to aid trade with Black Marsh. According to the latest figures, the result of this was that it took two and a half months for goods, now thoroughly rotten, to arrive.

Scotti found that when he looked up after concentrating on what he was reading, the landscape had always changed. Always dramatically. Always for the worse.

"This is Blackwood, sir," said Mailic to Scotti's unspoken question. It was dark and woodsy, so Decumus Scotti thought that a very appropriate name.

The question he longed to ask, which in due course he did ask, was, "What's that terrible smell?"

"Slough Point, sir," Mailic replied as they turned the next bend, where the umbrageous tunnel of tangled tree and vine opened to a clearing. There squatted a cluster of formal buildings in the dreary Imperial design favored by Lord Vanech's Commission and every Emperor since Tiber, together with a stench so eye-blindingly, stomach-wrenchingly awful that Scotti wondered, suddenly, if it were deadly poisonous. The swarms of blood-colored, sand-grain-sized insects obscuring the air did not improve the view.

Scotti and Mailic batted at the buzzing clouds as they rode their horses towards the largest of the buildings, which on approach revealed itself to be perched at the edge of a thick, black river. From its size and serious aspect, Scotti guessed it to be the census and excise office for the wide, white bridge that stretched across the burbling dark water to the reeds on the other side. It was a very nice, bright, sturdy-looking bridge, built, Scotti knew, by his Commission.

A poxy, irritable official opened the door quickly on Scotti's first knock. "Come in, come in, quickly! Don't let the fleshflies in!"

"Fleshflies?" Decumus Scotti trembled. "You mean, they eat human flesh?"

"If you're fool enough to stand around and let them," the soldier said, rolling his eyes. He had half an ear, and Scotti, looking around at the other soldiers in the fort noted that they all were well-chewed. One of them had no nose at all to speak of. "Now, what's your business?"

Scotti told them, and added that if they stood outside the fortress instead of inside, they might catch more smugglers.

"You better be more concerned with getting across that bridge," the soldier sneered. "Tide's coming up, and if you don't get a move on, you won't get to Black Marsh for four days."

That was absurd. A bridge swamped by a rising tide on a river? Only the look in the soldier's eyes told Scotti he wasn't joking.

Upon stepping out of the fort, he saw that the horses, evidently tired of being tortured by the fleshflies, had ripped free of their restraints and were bounding off into the woods. The oily water of the river was already lapping on the planks, oozing between the crevices. Scotti reflected that perhaps he would be more than willing to endure a wait of four days before going to Black Marsh, but Mailic was already running across.

Scotti followed him, wheezing. He was not in excellent shape, and never had been. The box of Commission materials was heavy. Halfway across, he paused to catch his breath, and then discovered he could not move. His feet were stuck.

The black mud that ran through the river was a thick gluey paste, and having washed over the plank Scotti was on, it held his feet fast. Panic seized him. Scotti looked up from his trap and saw Mailic leaping from plank to plank ahead of him, closing fast on the reeds on the other side.

"Help!" Scotti cried. "I'm stuck!"

Mailic did not even turn around, but kept jumping. "I know, sir. You need to lose weight."

Decumus Scotti knew he was a few pounds over, and had meant to start eating less and exercising more, but embarking on a diet hardly seemed to promise timely aid in his current predicament. No diet on Nirn would have helped him just then. However, on reflection, Scotti realized that the Redguard intended that he drop the box of documents, for Mailic was no longer carrying any of the essential supplies he had had with him previously.

With a sigh, Scotti threw the box of Commission notes into the glop, and felt the plank under him rise a quarter of an inch, just enough to free him from the mud's clutches. With an agility born of extreme fear, Scotti began leaping after Mailic, dropping onto every third plank, and springing up before the river gripped him.

In forty-six leaps, Decumus Scotti crashed through the reeds onto the solid ground behind Mailic, and found himself in Black Marsh. He could hear behind him a slurping sound as the bridge, and his container of important and official records of Commission affairs, was consumed by the rising flood of dark filth, never to be seen again.

Skyrim公式日本語訳 編集

アルゴニアン報告 第1巻


ウォーヒン・ジャース


 帝都の小さいが立派な広場の一角に置かれている、または、ぐったりとしているのがヴァネック卿の建設会社である。その想像力に欠けた質素な建物は、芸術性や建設設計に関してはあまり有名ではなく、むしろその並外れた長さによって知られている。もし批判的なものが、なぜヴァネック卿はあのような飾り気のない、伸びきった突起物を好むのかを疑問に思ったとしても、彼らはそれを口にしなかった。

 第三紀398年デクマス・スコッティは建設会社の先任書記であった。

 内気な中年の男がヴァネック卿の下へ、五年戦争によって破壊されたヴァレンウッドの街道を修復する独占権をこの建設会社に与えるという、今までの契約の中でも最高の利益を得られる契約をもたらしてから数ヶ月が経過していた。これによって彼は、管理職や書記の間で人気者になり、彼の冒険を物語る日々を過ごしていた、大体は忠実に… 彼らの多くはシレンストリーによって催された、祝賀のアンスラッパローストに参加していたので、結末は除いてあった。聞き手に彼らは肉をむさぼり食ったと伝えるのは、どのような気の利いた話であっても、その質を高めるものではないからである。

 スコッティは特に野心家でもなければ勤勉者でもないので、ヴァネック卿が彼に何もすることを与えなかったことは気にしていなかった。

 あの、小太りで小さなふざけた男が職場でデクマス・スコッティに出くわすと、ヴァネック卿は必ず、「君はこの建設会社の名誉である、頑張りたまえ」と言う。

 最初の頃は、何かしていなければいけないのかと心配したが、数ヶ月がすぎて行くにつれ、彼はただ「ありがとうございます、がんばります」と答えるだけになっていった。

 一方、将来のことも考えなければならなかった。彼は若くもなく、何もしない人にしてはかなりの給料も貰ってはいたが、近いうちに引退する破目になり、何もしない、何も貰えない人になってしまうのではないかなどと考えた。もしヴァネック卿が、ヴァレンウッドの契約が生み出す何百万もの金への感謝から、快くスコッティをパートナーにしてくれれば、それは素晴らしいことだと考えていた。最低でも、彼にお宝の歩合をほんの少しでも与えてくれればと考えていた。

 デクマス・スコッティはそのような事柄を請求するのは苦手であった。それが、ヴァレンウッドでの先任書記としての目覚しい成功の前は、アトリウス卿にとって彼が手際の悪い代理人であった1つの理由である。彼がヴァネック卿に何か言おうと決断しかけた時、閣下が突然話を進めた。

「君はこの建設会社の名誉である」と、よぼよぼした背の低い者は言い、そして一瞬止まった。「予定に少々、時間の空きはないかね?」

 スコッティは躍起になってうなずき、閣下の後を、あの悪趣味な装飾を施された、誰もがうらやむ巨大な部屋へとついていった。

「君がこの建設会社に居てくれることを、ゼニタールの神に感謝します」小男が甲高い声で雄大に言った。「知っているかは分からないが、我々は君が来る前はひどい苦境に立たされていた。確かに大きな計画はあったのだが、成功はしなかった。例えばブラック・マーシュ。我々は、何年間も商業用の街道や他の通行用の路線の改善を試みてきた。私はその件に最適の男、フレサス・ティッジョを送り込んだが、膨大な資金と時間の投資をよそに、毎年それらの街道上の貿易は遅くなる一方であった。今は、君の良くまとまった、建設会社の利益を押し上げてくれるヴァレンウッドの契約がある。君が報われるべき時期が来たと思う」

 スコッティは謙虚さと、かすかな欲をまとった笑顔を見せた。

「フレサス・ティッジョからブラック・マーシュの仕事を引き継いでもらいたい」

 スコッティは心地よい夢から恐ろしい現実へと引き戻されたかのように震え、「閣下… わ、私には…」

「大丈夫だ」ヴァネック卿は甲高い声で、「ティッジョのことは心配しなくてもよい。手渡す金で彼は喜んで引退するであろう、特に、この魂をも痛めつけるほどに難しい、ブラック・マーシュ事業の後ではな。君にこそ相応しい挑戦である、敬愛なるデクマスよ」

 スコッティは、ヴァネック卿がブラック・マーシュに関する資料を取り出している最中、声は出せなかったが口は弱々しく「嫌」の形をしていた。

「君は、読むのは早いほうであろう」ヴァネック卿は推測でものを言った。「道中で読んでくれたまえ」

「どこへの道中ですか…?」

「ブラック・マーシュに決まっておるではないか」小男がクスクス笑った。「君は面白い男だ。行われている仕事や改善の方法を他のどこへ行って学ぶというのだ?」

 次の朝、ほとんど触れられていない書類の山とともに、デクマス・スコッティはブラック・マーシュへと南東に向かって旅立った。ヴァネック卿が、彼の最高の代理人を保護するために、壮健な衛兵を雇っていた。少々無口なメイリックと言う名のレッドガードである。彼らはニベンに沿って南へと馬を進め、それからシルバーフィッシュに平行して、川の支流には名前もなく、草木は北帝国地域の上品な庭園からではなくまるで違う世界から来たような、シロディールの荒野へと進んだ。

 スコッティの馬はメイリックのそれにつながれていたので、書記は移動しながら書類を読むことができた。進んでいた道に注意を払うことは困難ではあったが、建設会社のブラック・マーシュにおける商取引に関して、最低でも大雑把な知識が必要であることをスコッティは分かっていた。

 それは、ギデオンからシロディールへの街道の状態を改善するために、裕福な貿易商ゼリクレス・ピノス・レヴィーナ卿から初めて数百万の金を受け取った、40年前にさかのぼる書類が詰まった巨大な箱であった。当時、彼が輸入していた米や木の根が帝都に到着するまでには、半分腐って3週間という、途方もないような期間がかかるものだった。ピノス・レヴィーナはすでに亡くなっているが、数十年にわたってペラギウス四世を含む多くの投資家たちが、建設会社を雇っては道を作り、沼の水を抜き、橋を造り、密輸防止策を考案し、傭兵を雇い、簡単に言えば歴史上最大の帝国の思いつく、ブラック・マーシュとの貿易を援助するためのすべての方策を行なわせてきた。最新の統計によると、この行為の結果、今は荷物が到着するまでに2ヶ月半かかり、完全に腐っているとのことである。

 読みふけった後に周りを見回すと、地形は常に変化していたことにスコッティは気付いた。常に劇的に。常により悪く。

「これがブラックウッドです」と、メイリックはスコッティの無言の問いに答えた。そこは暗く、木が生い茂っていた。デクマス・スコッティは適切な地名であると思った。

 本当に聞きたかった質問は、「このひどい臭いは何?」だった。そして、後に聞くことができるのだった。

沼沢地点です」メイリックは、木と蔓が絡み合い、影の多い通路が空き地へと開ける角を曲がりながら答えた。そこにはヴァネック卿の建設会社、そしてタイバー以降のすべての皇帝が好む、型にはまったインペリアル様式の建物がまとまって建てられており、目もくらみ、腸がねじれるような強烈な汚臭と相まって、突然すべてが劇薬にさえ思えた。至るところを飛び回り、視界をさえぎる深紅色で、砂の粒ほどの虫たちの大群も、その光景を見やすいものにはできなかった。

 スコッティとメイリックは、元気いっぱいに飛び回る大群に向かって瞬きを繰り返しながら、近づくにつれ真っ黒な川のふちに建てられていることが判明した一番大きな建物に向けて馬を進めた。その大きさと厳粛な外観から、対岸の茂みへと続く大きな気泡を発する黒い川に架けられた、幅広の白い橋の通行人管理と税徴収の事務所であるとスコッティは推測した。それは光り輝く頑丈そうな橋で、彼の建設会社が架けたものであるとスコッティは知っていた。

 スコッティが一度扉を叩いたとき、いらいらした汚らしい役人が扉を開いた。「早く入れ! ニクバエを入れるな!」

「ニクバエ?」デクマス・スコッティは身震いした。「人間の肉を食べると言うことですか?」

「馬鹿みたいに突っ立てれば食われるさ」と、兵士は呆れたように言った。彼には耳が半分しかなく、スコッティは他の兵士たちも見たが、全員いたるところをかまれており、1人は鼻が完全になかった。「それで、何の用だ?」

 スコッティは用事を伝え、要塞の中ではなく外に立っていたほうが、より多くの密輸者を捕らえられるであろうと付け足した。

「そんなことより、あの橋を渡ることを気にしたほうがいいぞ」と、あざけるように兵士が言った。「潮が満ちてきている。もし急がなかったら、4日間はブラック・マーシュへ行けないぞ」

 そんな馬鹿な。橋が上げ潮に呑まれる、それも川で? 兵士の目が、冗談ではないことをスコッティに伝えていた。

 砦から外に出た。ニクバエから拷問されることに嫌気がさした馬は、どうやら止め具を引きちぎり、森の中へと消えたらしい。川の油質の水は既に橋の厚板に達しており、その隙間から滲み出ていた。ブラック・マーシュへ行く前に、4日間の滞在に耐えるのは構わないとスコッティは考え始めていたが、メイリックは既に渡り始めていた。

 スコッティは彼の後をあえぎながら追った。彼は昔から壮健ではない。建設会社の資料が入った箱は重かった。途中まで渡ったとき、彼は息をつくために立ち止まった、そして、動けないことに気がついた。足が固定されていたのである。

 川を覆う黒い泥には粘着性があり、スコッティが行く厚板の上に泥が打ち寄せたとき、彼の足をしっかりと固定してしまった。彼はうろたえてしまった。スコッティはそのわなから顔を上げ、メイリックが板から板へと飛び移りながら、対岸のアシの草むらへの距離を急速に縮めていくのを見た。

「助けてくれ!」と、スコッティは叫んだ。「動けない!」

 メイリックは跳ね続け、振り返りもしなかった。「はい、残念ながら、もはや、お痩せになられるしか、なすすべはありません」

 デクマス・スコッティは、自分の体重が数マイル多いことも分かっていたし、食事を減らして運動を増やすつもりでもいたが、減量が現在の苦境から速やかに彼を救ってくれるとは到底思えなかった。ニルンに存在するいかなる減量も、その場では助けにならない。そこで、よく考えてみるとあのレッドガードは、資料の詰まった箱を捨てろと言っていたのだと気がついた。メイリックは既に、それまで持っていた重要な物資を何ひとつ持ってはいなかった。

 ため息をつきながら、スコッティは建設会社の記録書類が入っている箱をネバネバした川の中に捨て、厚板が数ミリ、辛うじて自身を泥の束縛から解放するに足るだけ浮き上がるのを感じた。恐怖から素早さが湧き上がった。スコッティは板を3枚ずつ飛ばしながら走り、川が彼を捉える前に、跳ね上がりながらメイリックの後を追った。

メディア 編集

ビデオ 編集

Skyrim - The Agronian Account Book 1 (Audio Narration)10:42

Skyrim - The Agronian Account Book 1 (Audio Narration)

An audio narration of the Argonian Account

登場 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki