FANDOM


The Elder Scrolls IV: Shivering Isles
The Shivering Isles
公開情報
開発者 Bethesda Softworks
パブリッシャー Bethesda Softworks, 2K Games
リリース日 Microsoft Windows
  • NA 2007年3月27日
  • EU 2007年

Xbox

  • NA 2007年3月26日
  • EU 2007年

PlayStation 3

  • NA 2007年11月20日
  • EU 2007年
モード シングルプレイヤー
レーティング ESRB: M
プラットフォーム PC, Xbox, PlayStation 3
ゲーム情報
セッティング Shivering Isles
年代 3E 433

The Elder Scrolls IV: Shivering Isles (ジ・エルダー・スクロールズ・フォー・シヴァリング・アイルズ) とは、The Elder Scrolls シリーズ4作目 The Elder Scrolls IV: Oblivion の公式拡張パック。Daedric PrinceSheogorath が支配する Realm of Oblivion (オブリビオンの領域) のひとつ、Shivering Isles としても知られている "Realm of Madness" という世界が舞台になる。[1]

その追加コンテンツは後に Game of the Year edition および The Elder Scrolls IV: Oblivion 5th anniversary edition でパッケージ化された。

開発 編集

Bethesda Softworks は、2007年2月28日に、The Shivering Isles が計画された The Elder Scrolls IV: Oblivion の拡張であることを公式に発表した。[2] ゲームはその年の5月26日と27日に、2600 Microsoft Point の費用で Microsoft Windows プラットフォーム用に公式にリリースされた。PlayStation 3 版のリリースはその年の11月に入荷した。

景観 編集

この Realm (領域) はふたつの区域に分かれている: 明るくカラフルで過飽和の Mania と暗くて憂鬱で閉所恐怖症の Dementia。Shivering Isles の東岸部付近に、首都でかつ唯一の都市 New Sheoth が位置する。 都市 の3分の1 (Bliss、無常の喜び、至福を意味する) は Mania の名の通り「熱狂」(あるいは「愛着」「躁病」) しているように見え、「熱狂」を象徴している。もうひとつの都市の3分の1 (Crucible、るつぼ、苦しい経験を意味する) は Dementia の名の通り「認知症」のように見え、「認知症」を象徴している。最後の3つ目は、両者の都市の半分に分けられ、Palace District (宮廷地区) として知られている。島は、各々の時代の終わりに起きた "Greymarch" と呼ばれる事件によって脅かされている。チャンピオンSheogorath の命を受けて起こりうる破壊から彼らを救わなければならない。

Dementia

Dementia

Realm of Madness は Cyrodiil の土地にあるものと比べると外観も雰囲気もかなり異質に見える。リードデザイナー Mark Nelson (マーク・ネルソン) はテーマの中の強烈な変化の理由として、 "People want to explore a new realm. Besides if you've played Oblivion for 200 hours, you've gotta be sick of gray stone castles." (「人は新しい王国を探検したい。その上、あなたがもし200時間 Oblivion をプレイしていたら、あなたは灰色の石造りの城郭にうんざりしているに違いない」) と述べた。


新しい拡張パックはプイやーがさらに30-40時間追加でゲームプレイが可能と推定され、Realm of Madness は Cyrodiil の25%のサイズだと言われている。拡張では32のユニークな Ingredients、10の新しい Achievements、(レベルによる違いがある) 10 の新しいクリーチャー 、9500の新しい会話のセリフ、200の新しい武器と80の防具と衣服がある。

プロット 編集

Gatekeeper (Shivering Isles)

休養後の Gatekeeper

Shivering Isles に入ると、Hero of Kvatch (主人公) は "Fringe" (ヘリ、末端、外れを意味する) と呼ばれるエリアに足止めされる。Fringe は Shivering Isles 本土の玄関口としての機能を果たす小さなエリアである。その Realm に入るには、Gatekeeper と呼ばれる巨大な守護者を倒さなければならない。Gatekeeper を倒すということは、無用の襲撃から Sheogorath の Realm を守っている彼が非常に高い防御力と攻撃力を持っているため挑戦的になるかもしれない。

主人公は、強制ではないが Gatekeeper を倒すのを手伝うために射手のNPCと協力する選択することができる。主人公は後でクエストのときに倒したものを置き換えるために新しいものを再構築しなければならない。次に列挙されたいくつもの新しい敵が登場する:3タイプの魔術師 (Heretic, Zealot, Apostle)、多様な毒攻撃を活用する大型昆虫 Elytra、木のようなヒューマノイド Gnarl、Cyrodiil にいる Goblin そっくりな原始の蛙のような種 Grummite、Grummite の幼生形と考えられている Baliwog

Dark SeducerGolden Saint は、それぞれ Demantia と Mania の守護者としてシリーズの前作から戻ってきている。Dark Seducer は Blunt (メイスなどの鈍器)、 戦闘、Light Armor に熟練し、一方で Golden Saint はBlade、Magicka、Heavy Armor に熟練している。前作から復帰したもう一つの Daedric クリーチャーは Hunger である。

Sheogorath の個人的な家来 HaskillThe Elder Scrolls II: Daggerfall から戻ってきたクリーチャー Flesh Atronach を召喚する能力を含む新しいスペルが登場している。(Grummite やその巣で簡単に見つけられる。高い Armor Rating を持つ Heavy Armor を作るのに使われる) "Madness Ores" または (Gnarl やその巣で簡単に見つけられる。Madness と同等以下の Armor Rating を持つ Light Armor を作るのに使われる) "Amber Ore" と呼ばれる、島で見つかるマテリアルと "Matrices" (Matrix) と呼ばれる Amber (琥珀) の鋳型を使用すると、新しいタイプの防具を鋳造できる。どちらもふつうの防具を Madness Ore か Amber 単体を使用して鋳造できる。または、これらは魔法の性質を持った同等の防具の部分品を形成するために適切な Matrix と組み合わせることができる。

Daedric 種族 編集

主人公は Golden Saint か Dark Seducer のいずれかの側につくことを選択することもできる。そしてメインクエストで Mania か Dementia の Duke (君主、公爵)/Duchess (女公爵) になることもできる。

双方のランクに達するため 250 Gamer Points を得るためには、Shivering Isles の本筋の話をそれぞれ別のキャラクターで2回プレイする必要がある。あるいは、この筋の部分を2回プレイすることになるが、できれば重大な選択のときの前にゲームをセーブしてからプレイするとよい。

Sheogorath, Jyggalag, Greymarch編集

Sheogorath

Sheogorath

メインクエストの進行過程で、Sheogorath は実際には Prince of Madness になった他の Prince たちによって呪われた Daedric Prince of Order の Jyggalag であること、彼は Greymarch の間に、各時代の終わりに自分の真の姿を見せたいだけの可能性があることが明らかにされる。メインクエストの終わりに、主人公は Jyggalag と戦って倒す。そして、Sheogorath は前もって主人公は Daedric Prince になることができないときっぱり言うが、主人公が新しい Prince of Madness であることが明らかにされる。


主人公は Staff of Sheogorath で戦いをフリーズさせる能力、 ランダムなステータス増強を提供する Shivering Isles の天候を変える能力、 プレイヤーが死にそうになったとき、回復のために安全に Sheogorath の城にテレポートできる防御スペルを含むいくつもの新しいパワーを手に入れる。これらの能力は島の中でのみ使うことができる。これらの能力にははダンサーを呼び出すもの、Golden Saint または Dark Seducer の royal guard (近衛兵) にエスコートしてもらうもの、それぞれ侵入者や野生動物から Gates of Madness や 町を守る戦闘ベースのミニクエストの無制限供給にアクセスできるものもある。

ガードを派遣 (500 gold の報酬)しても、彼らを保護しても (1000 gold の報酬) いずれもこれらのクエストの実行を選択できる。ゲーム終盤の報酬として、Sheogorath のパワフルなエンチャントの服と エンチャントされていない Claymore としての機能がある Jyggalag の のセットが貰える。


アイテム 編集

この拡張で導入されたものは、ずらりと並んだユニークな PotionIngredients から新しい防具武器までさまざまに及ぶ大量の新規アイテムである。


Amber Armor 編集

Bliss にいる鍛冶屋は Shivering Isles の至るところで入手できる Amber を集めさえすれば、その Amber から Amber ArmorAmber Weapons を生産できる。この新しいアイテムは Arcane UniversitySigil Stoneエンチャントできる。


Madness Armor 編集

Crucible にいる鍛冶屋は、Shivering Isles の至るところで Madness Ore を集めさえすれば、その Madness Ore から Madness ArmorMadness Weapons を生産できる。この新しいアイテムは Arcane UniversitySigil Stoneエンチャントできる。

Dawnfang/Duskfang 編集

この新しいブレードはその日の時刻次第で Fire DamageFrost Damage に切り替わる。どちらも、ブレードで生き物を殺すたびにその力を増強する。日中には、剣の柄に嵌められた宝石はオレンジ色だが、夜間には、紫色になる。

Grummite Weapon 編集

Grummite が扱う武器 Grummite Weapon がいくつも登場する。
GrummiteShield


批判的反響 編集

Shivering Isles は、ほとんど100点中80点台以上のランクをつけられ、批評家からは肯定的な批評を受けている。[3][4][5]

外部リンク 編集

参考文献 編集

  1. Bethesda Softworks (2007-1-18). Retrieved on 2007-01-18.
  2. Ransom-Wiley, James (2007-01-04). Shivering Isles: first full-length Oblivion expansion. Joystiq. Retrieved on 2007-09-02.
  3. The Elder Scrolls IV: Shivering Isles. Game Informer.
  4. The Elder Scrolls IV: Shivering Isles Xbox 360. Meta Critic.
  5. The Elder Scrolls IV: Shivering Isles PC. Meta Critic.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki