FANDOM


Reader (Achievement).png The Lunar Lorkhan
AlterationSkillBook.png
タイトル: The Lunar Lorkhan
フルタイトル: The Lunar Lorkhan
著者: Fal Droon
Skyrim
スキル Alteration
重量 1.00
価格 60
FormID 0001AFCD
詳細は Books (Skyrim) を参照
詳細は Books (Oblivion) を参照
詳細は Books (Morrowind) を参照

サマリ 編集

The Elder Scrolls V: スカイリム 日本語版ではアイテム名も本の完全タイトルもどちらも『月夜のロルカーン』と訳されている。

効果編集

以下のものが恒久的に増加する:

既知のロケーション 編集

Morrowind 編集

Oblivion 編集

Skyrim 編集

内容 編集

公式英語版 編集

I will not go into the varying accounts of what happened at Adamantine Tower, nor will I relate the War of Manifest Metaphors that rendered those stories unable to support most qualities of what is commonly known as "narrative." We all have our favorite Lorkhan story and our favorite Lorkhan motivation for the creation of Nirn and our favorite story of what happened to His Heart. But the Theory of the Lunar Lorkhan is of special note.

In short, the Moons were and are the two halves of Lorkhan's 'flesh-divinity'. Like the rest of the Gods, Lorkhan was a plane(t) that participated in the Great Construction... except where the Eight lent portions of their heavenly bodies to create the mortal plane(t), Lorkhan's was cracked asunder and his divine spark fell to Nirn as a shooting star "to impregnate it with the measure of its existence and a reasonable amount of selfishness."

Masser and Secunda therefore are the personifications of the dichotomy—the "Cloven Duality," according to Artaeum—that Lorkhan legends often rail against: ideas of the anima/animus, good/evil, being/nothingness, the poetry of the body, throat, and moan/silence-as-the- abortive, and so on—set in the night sky as Lorkhan's constant reminder to his mortal issue of their duty.

Followers of this theory hold that all other "Heart Stories" are mythical degradations of the true origin of the moons (and it needn't be said that they observe the "hollow crescent theory" as well).

公式日本語訳 編集

月夜のロルカーン

ファル・ドルーン 著

 アダマンチンの塔での出来事に関する様々な報告を説くつもりはない。また、明瞭なる暗喩の戦から生じた話が、俗に呼ばれる「物語」というものの特性に欠けていることに関しても、述べるつもりはない。皆それぞれに、ロルカーンに関するお気に入りの物語、ニルン創造の背後にあるお気に入りのロルカーンの動機や彼の心臓を巡るお気に入りの物語があるだろう。しかし、「月夜のロルカーン理論」はとりわけ注目に値する。

 端的に言うと、今も昔も月は、ロルカーンの「聖なる肉体」の二等分から成り立っている。ほかの神々のように、ロルカーンは「偉大なる創造」に加わった惑星であった… 八聖者は自らの神聖なる肉体を一部貸し与え、死すべき惑星を創り上げた。一方で、ロルカーンの肉体は粉々に砕け、流星の如くその聖なる光はニルンへ落ち、「その存在価値と多少の利己心の跡を残す」こととなった。

 従って、大月神小月神は、二分割の化身(アルテウムによるところの「裂けた二元論」)であり、ロルカーンにまつわる伝説でしばしば非難の対象となるのである。それはすなわち、アニマとアニムス、善と悪、有と無、そして肉体と嗚咽や、失敗した者のうめきと沈黙を織り成す詩歌などといった観念を指す。ロルカーンは、己の役割に命の限りがあることをいつも忘れぬよう、夜空に月を置いたのである。

 この理論を支持する者によると、他の「心臓物語」はすべて、月の真原点に関する陳腐な神話であると言う。(また、言うまでもなく、『空虚なる三日月理論』に対しても同様にとらえている)

登場 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki