FANDOM


Reader (Achievement).png The Song of Pelinal Volume 5
Book04Green.png
タイトル: The Song of Pelinal Volume 5
フルタイトル: The Song of Pelinal Volume 5: On His Love of Morihaus
著者: 不明
前巻:

The Song of Pelinal, Book IV

次巻:

The Song of Pelinal, Book VI

Skyrim
重量 1
価格 5
FormID 0001AF8E
詳細は Books (Skyrim) を参照
詳細は Books (Oblivion) を参照

サマリ 編集

この書籍は8巻からなる The Song of Pelinal (ペリナルの歌) の1つである。 Skyrim公式日本語版ではアイテム名が「ペリナルの歌 第5巻」、本の完全タイトルが『ペリナルの歌 第5巻: モーハスへの愛情』と訳されている。

既知のロケーション 編集

Oblivion 編集

Skyrim 編集

内容 編集

公式英語版 編集

On His Love of Morihaus 編集

It is a solid truth that Morihaus was the son of Kyne, but whether or not Pelinal was indeed the Shezarrine is best left unsaid (for once Plontinu, who favored the short sword, said it, and that night he was smothered by moths). It is famous, though, that the two talked of each other as family, with Morihaus as the lesser, and that Pelinal loved him and called him nephew, but these could be merely the fancies of immortals. Never did Pelinal counsel Morihaus in time of war, for the man-bull fought magnificently, and led men well, and never resorted to Madness, but the Whitestrake did warn against the growing love with Perrif.

"We are ada, Mor, and change things through love. We must take care lest we beget more monsters on this earth. If you do not desist, she will take to you, and you will transform all Cyrod if you do this." And to this the bull became shy, for he was a bull, and he felt his form too ugly for the Parvania at all times, especially when she disrobed for him. He snorted, though, and shook his nose-hoop into the light of the Secunda moon and said, "She is like this shine on my nose-hoop here: an accident sometimes, but whenever I move my head at night, she is there. And so you know what you ask is impossible."

= 公式日本語訳 編集

ペリナルの歌

第5巻: モーハスへの愛情 編集

 [編者注: 1巻から6巻に収められた文章は、帝国図書館所蔵のいわゆるレマン文書から採られたものである。この文書は、第二紀初期に無名の研究者によって集められたもので、古代文書の断章の写しからなる。古代文書のそもそもの出所は不明であり、いくつかの断章は同時期に書かれた(同じ文書からの断章という可能性もある)ものと考えられている。しかし、6つの断章の成立時期に関する学術的な合意は得られておらず、ここでもその断定は避ける。]

 モーハスカイネの息子であることは厳然たる事実である。しかし、ペリナルがシェザリンであるかどうかについては語らないほうがいいだろう(あるとき、ダガー使いのプロンチヌがそれを言って、その夜蛾を喉につまらせて死んだ)。しかし、モーハスとペリナルが互いを家族と呼び合ったことはよく知られている。モーハスが弟分であり、ペリナルは彼を甥と呼んでかわいがった。しかし、これらは単に神々に近い不死身の彼らの気まぐれな遊びだったのかもしれない。ペリナルは、戦いに関してはモーハスに助言などしなかった。この半牛人は素晴らしい戦いぶりを見せていたし、兵をうまく導き、憤怒に身を任せることもなかったからだ。しかしペリナルは、モーハスがペリフに対して募らせていた愛にだけは警告を与えた。「モール、俺たちはアダだ。愛によって何かを変えなくてはならない。さらなる怪物をこの地上に生み落とさないように気をつけろ。お前が思いとどまらなければ、彼女はお前を愛するようになり、お前のせいでシロドはその姿を変えてしまうぞ」これを聞いたモーハスは彼の雄牛のような姿を恥じ、彼がパラヴァニアにとって醜すぎるのではないかといつも思い悩んでいた。ペリフが彼の服を脱ぐのを手伝ってくれる時などは特にそうだった。ある夜、彼は小月神の月の光に鼻輪を光らせ、鼻を鳴らして言った。「彼女はまるでこの鼻輪の光のようだ。ときどき気まぐれに光り輝くが、夜にこうして頭を動かせばいつでもそこに見ることができる。そして、俺は決して手に入れられないものを知るのだ」

登場 編集

[[ru:Песнь о Пелинале, т. 5]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki