FANDOM


Reader (Achievement).png The Tale of Dro'Zira
Book04Green.png
タイトル: The Tale of Dro'Zira
フルタイトル: The Tale of Dro'Zira
著者: Sonia Vette
Skyrim
重量 1
価格 11
FormID 000F03E3
詳細は Books (Skyrim) を参照

この書籍 The Tale of Dro'ZiraSkyrim公式日本語訳は「ドロジラの物語」である。

既知のロケーション 編集

Skyrim 編集

内容 編集

原文 編集

The following is a tale overheard, as told by a Khajiit father to his cub, while making camp with one of their caravans. I have attempted to transcribe it as he told it, for the Khajiit do not often speak of their history to outsiders. In truth I do not believe he would have spoken at all, but for the vast helping of Moonsugar he had consumed that night.

Come and warm your fur by the fire, Ma'rashirr, and I will tell you of how our Dro'Zira came to be the greatest of all Kahjiit! (ed: Dro'Zira I took in this case to be an honored ancestor)

The ancient Khajiit heard the great roar of Alkosh the Great Cat King of Time (ed: known as Akatosh in the empire, and Alduin in Skyrim) and raced to his Voice. In three days' time they crossed the whole of Tamriel, resting not even for the moonsugar, for such was the speed of Khajiiti then.

They joined with the pride of Alkosh and were his strongest warriors. Lorkhaj, (ed: Shor in the Nordic) however, chose to give his roar to the Ra'Wulfharth to spite the Khajiiti warriors, for he was jealous of their devotion to Alkosh.

Seeing the ferocity of the Khajiiti warriors, Ra'Wulfharth could not bring himself to put them to death. Using the roar that Lorkhaj had given him, he spoke to Masser and Secunda, to move to their fullness in the sky. The Khajiiti warriors became Senche, but Lorkhaj stripped from them all reason.

When Ra'Wulfharth returned to sink his fangs into the Red Mountain, he called upon his people to aid him. Dro'Zira was the only among the "Rhojiit" who still remembered, and so was the only one who answered the summons.

But these Nord bards are (expletive removed) and do not sing of how the great Ash King rode Dro'Zira up the Red Mountain itself to strike at the heart of the Dunmer. Never is it mentioned how Dro'Zira pounced atop Dumalacath, the Dwarf-Orc, when he had his blade to the throat of the Ash King so that he could not speak.

Nor do they sing of how Lorkhaj returned Dro'Zira from the lands of Sheggorath for his bravery and for saving the Ash King! So when you find a bard who speaks ill of the Khajiit, you be sure to leave him an iron claw in the back to remind him who saved Skyrim.

As for the rest of the "Rhojiit" They grew small and lost their cunning altogether, which is why you should not hesitate to strike them down when they approach the wagons. So it was told by my father, and so I tell it now to you.

Now, be a good cub and go fetch me some more moonsugar for these sweet cakes.

Much of the tale seemed to me, little more than a boast, but certain facts do seem to line up with what we believe is the truth behind the legends. It does raise questions as to why we do not know more about history of the Khajiit and what parts they have played that might not have been recorded by our written histories.

Skyrim公式日本語訳 編集

ドロジラの物語 複写・批評

ソニア・ヴェット 著

  以下の物語は、カジートの父親が隊商の野営準備中に若者へ話しているのを小耳にはさんだものだ。カジートはあまり自分たちの歴史を語らないため、話を記録しようと試みた。本当は彼が話すことはないと思っていたが、その夜消費した大量のムーンシュガーが手伝った。

 こっちで火に当たって毛を温めろ、マラシーア、ドロジラがどうやって最も偉大なカジートになったか話してやる! (編者: ドロジラとはこの場合名誉ある先祖と解釈)

 古代のカジートは時の偉大な猫王アルコシュ (編者: 帝国ではアカトシュ、スカイリムではアルドゥインとして知られている) の大きな鳴き声を聞き、声の下に駆けつけた。3日間でタムリエルを横断し、ムーンシュガーのためであろうと休まない。当時のカジートはそれだけ速かった。

 彼らはアルコシュの群れに加わり、最強の戦士になった。しかしローカジュは、 (編者: ノルドのショール) カジートの戦士を困らせるため、ラウルファースに力を貸した。アルコシュに捧げられる愛を妬んだんだ。

 カジートの戦士たちの凶暴さを見て、ラウルファースは彼らを倒せる気がしなかった。ローカジュから受け取った咆哮を使い、彼はマッサーセクンダと話して、空に満ちた彼らを動かしてもらった。カジートの戦士はセンシェになったが、ローカジュが彼らを奪った。

 ラウルファースが戻ってきてレッドマウンテンにかみつくと、彼の民に援助を呼びかけた。ドロジラは“ロジート”の中で唯一覚えていた1人で、召喚に応えた唯一の者だった。

 しかしノルドの吟遊詩人は (悪態は削除) で、偉大な灰の王がどうやってレッドマウンテンの上でドロジラに乗って、ダンマーの中心地を攻撃したか歌わない。彼の剣が灰の王の喉元にあったからしゃべれなかった時、どうやってドワーフオークのドゥマラキャスの頂上を襲撃したか決して語らない。

 彼らはどうやってローカジュが、勇敢に灰の王を救うためにシェッゴロスの土地からドロジラに戻ったのかも歌わない! だからもしカジートを悪く言う吟遊詩人がいたら、背中に鉄の爪痕を残して誰がスカイリムを救ったか思い出させてやれ。

 残った“ロジート”は小さくなり、狡猾さを失った。だからこそ、奴らが荷馬車に近づいたらためらわずに攻撃しなければならない。私の父にそう言われ、今お前に話した。

 さて、いい子だから甘いケーキのためにムーンシュガーを取ってきてくれ。

  私にとって話のほとんどは自慢話と大差ないが、我々が信じる伝説の裏側の真実とも一致するようだ。これは何故我々はカジートの歴史をあまり知らないのか、我々の歴史に記録されていないかもしれないが、どんな役割を果たしたのかという疑問を起こさせた。

登場 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki