FANDOM


Reader (Achievement).png Words of Clan Mother Ahnissi
Book07.png
タイトル: Words of Clan Mother Ahnissi
フルタイトル: Words of Clan Mother Ahnissi
著者: Ahnissi
Skyrim
重量 1.00
価格 14
FormID 0001B27D
Morrowind
重量 4.00
価格 40
FormID bk_wordsclanmother
詳細は Books (Skyrim) を参照
詳細は Books (Morrowind) を参照


この書籍 Words of Clan Mother AhnissiSkyrim公式日本語訳は『我らが母アニッシの言葉』である。

既知のロケーション 編集

Morrowind 編集

Skyrim 編集

内容 編集

原文 編集

Ahnissi tells you. You are no longer a mewing kitten and you have learned to keep secrets from Ahnissi, and so Ahnissi tells you.

In the beginning there were two littermates, Ahnurr and Fadomai. After many phases, Fadomai said to Ahnurr, "Let us wed and make children to share our happiness."

And they gave birth to Alkosh (Akatosh), the First Cat. And Ahnurr said, "Alkosh, we give you Time, for what is as fast or as slow as a cat?"

And they gave birth to Khenarthi (Kynareth)), the Winds. "Khenarthi, to you we give the sky, for what can fly higher than the wind?"

And they gave birth to Magrus (Magnus) the Cat's Eye. "Magrus, to you we give the sun, for what is brighter than the eye of a cat?"

And they gave birth to Mara, the Mother Cat. “Mara, you are love, for what is more loving than a mother?”

And they gave birth to S'rendarr (Stendarr), the Runt. “S'rendarr, we give you mercy, for how does a runt survive, except by mercy?"

And many phases passed and Ahnurr and Fadomai were happy.

And Ahnurr said, “We should have more children to share our happiness.” And Fadomai agreed. And she gave birth to Hermorah (Hermeus Mora) and Hircine. She gave birth to Merrunz (Mehrunes Dagon), Mafala (Mephala), Sangiin (Sanguine), Sheoggorath (Sheogorath) and the other Daedric Princes.

And Fadomai said:

“Hermorah, you are the Tides, for who can say whether the moons predict the tides or the tides predict the moons?”

“Hircine, you are the Hungry Cat, for what hunts better than a cat with an empty belly?”

“Merrunz, you are the Ja'Khajiit, for what is more destructive than an kitten?”

“Mafala, you are the Clan Mother, for what is more secretive than the ways of the Clan Mothers?”

“Sangiin, you are the Blood Cat, for who can control the urges of blood?”

“Sheggorath, you are the Skooma Cat, for what is crazier than a cat on Skooma?”

And Ahnurr said, "Two litters is enough, for too many children will steal our happiness."

But Khenarthi went to Fadomai and said, "Fadomai-mother, Khenarthi grows lonely so high above the world where not even my brother Alkosh can fly." Fadomai took pity on her and tricked Ahnurr to make her pregnant again. And Fadomai gave birth to the Moons, Masser and Secunda, and their Motions. She gave birth to Nirni, the majestic sands and lush forests. And she gave birth to Azurah, the dusk and the dawn.

And from the beginning, Nirni and Azurah fought for their mother's favor.

Ahnurr caught Fadomai while she was still birthing, and he was angry. Ahnurr struck Fadomai and she fled to birth the last of her litter far away in the Great Darkness. Fadomai's children heard what had happened, and they all came to be with her and protect her from Ahnurr's anger.

And Fadomai gave birth to Lorkhaj, the last of her litter, in the Great Darkness. And the Heart of Lorkhaj was filled with the Great Darkness. And when he was born, the Great Darkness knew its name and it was Namiira.

And Fadomai knew her time was near. Fadomai said:

"Ja-Kha'jay", to you Fadomai gives the Lattice, for what is steadier than the phases of the moons? Your eternal motions will protect us from Ahnurr's anger." And the moons left to take their place in the heavens. And Ahnurr growled and shook the Great Darkness, but he could not cross the Lattice.

And Fadomai said:

"Nirni, to you Fadomai leaves her greatest gift. You will give birth to many people as Fadomai gave birth today." When Nirni saw that Azurah had nothing, Nirni left smiling.

And all Fadomai's children left except Azurah. And Fadomai said, "To you, my favored daughter, Fadomai leaves her greatest gift. To you Fadomai leaves her secrets." And Fadomai told her favored daughter three things.

And Fadomai said, "When Nirni is filled with her children, take one of them and change them. Make the fastest, cleverest, most beautiful people, and call them Khajiit."

And Fadomai said, "The Khajiit must be the best climbers, for if Masser and Secunda fail, they must climb Khenarthi's breath to set the moons back in their courses."

And Fadomai said, "The Khajiit must be the best deceivers, for they must always hide their nature from the children of Ahnurr."

And Fadomai said, "The Khajiit must be the best survivors, for Nirni will be jealous, and she will make the sands harsh and the forests unforgiving, and the Khajiit will always be hungry and at war with Nirni."

And with these words, Fadomai died.

After many phases, Nirni came to Lorkhaj and said, "Lorkhaj, Fadomai told me to give birth to many children, but there is no place for them."

And Lorkhaj said, "Lorkhaj makes a place for children and Lorkhaj puts you there so you can give birth." But the Heart of Lorkhaj was filled with the Great Darkness, and Lorkhaj tricked his siblings so that they were forced into this new place with Nirni. And many of Fadomai's children escaped and became the stars. And many of Fadomai's children died to make Nirni's path stable. And the survivors stayed and punished Lorkhaj.

The children of Fadomai tore out the Heart of Lorkhaj and hid it deep within Nirni. And they said, "We curse you, noisy Lorkhaj, to walk Nirni for many phases."

But Nirni soon forgave Lorkhaj for Nirni could make children. And she filled herself with children, but cried because her favorite children, the forest people, did not know their shape.

And Azurah came to her and said, "Poor Nirni, stop your tears. Azurah makes for you a gift of a new people." Nirni stopped weeping, and Azurah spoke the First Secret to the Moons and they parted and let Azurah pass. And Azurah took some forest people who were torn between man and beast, and she placed them in the best desserts and forests on Nirni. And Azurah in her wisdom made them of many shapes, one for every purpose. And Azurah named them Khajiit and told them her Second Secret and taught them the value of secrets. And Azurah bound the new Khajiit to the Lunar Lattice, as is proper for Nirni's secret defenders. Then Azurah spoke the Third Secret, and the Moons shone down on the marshes and their light became sugar.

But Y'ffer heard the First Secret and snuck in behind Azurah. And Y'ffer could not appreciate secrets, and he told Nirni of Azurah's trick. So Nirni made the deserts hot and the sands biting. And Nirni made the forests wet and filled with poisons. And Nirni thanked Y'ffer and let him change the forest people also. And Y'ffer did not have Azurah's subtle wisdom, so Y'ffer made the forest people Elves always and never beasts. And Y'ffer named them Bosmer. And from that moment they were no longer in the same litter as the Khajiit.

And because Y'ffer had no appreciation for secrets, he shouted the First Secret across all the heavens with his last breath so that all of Fadomai's children could cross the Lattice. But Azurah, in her wisdom, closed the ears of angry Ahnurr and noisy Lorkhaj so they alone did not hear the word.

公式日本語訳 編集

 アニッシは教えよう。あなたはもはや子猫ではないし、アニッシに隠しごとをすることも覚えた。だからアニッシは話そう。

 初めは、オーナールとファドマイというつがいがいた。様々な局面が過ぎ、ファドマイはオーナールに、「結婚して子供を作り幸せを分かち合おう」と言った。

 そして彼らの間に最初の猫、アルコシュが生まれた。オーナールは「アルコシュよ、時間を与えよう。猫のように素早く、ときにはゆっくり動くものは何だ?」と言った。

 それから風のへーナルシが生まれた。「へーナルシよ、お前に空を与えよう。何が風より高く飛ぶのだ?」

 そして猫の目のマグラスが生まれた。「マグラスよ、お前に太陽を与えよう。何が猫の目より明るく輝くのだ?」

 そして母猫のマーラが生まれた。「マーラよ、お前は愛である。何が母の愛より優るのだ?」

 そして子猫のスレンダーが生まれた。「スレンダーよ、お前に慈悲を与えよう。慈悲なくしてどうしたら子猫は生き延びれるのだ?」

 様々なことが起こり、オーナールとファドマイは幸せだった。

 オーナールが、「もっと子供を作って幸福を分かち合うべきだ」と言った。それにファドマイも賛成した。そしてハーモーラーが生まれた。その後、ハーシーン、マールンズ (Mehrunes Dagon)、マファラ (Mephala),、サンジーン (Sanguine)、シェッゴロス (Sheogorath)、他にもたくさんの子供が生まれた。

 ファドマイはこう言った:

「ハーモーラーよ、お前は潮汐です。月が潮の流れを予測できるのか、それとも潮の流れが月を予測するのか、誰に分かりましょう?」

「ハーシーンよ、お前は腹を空かせた猫です。腹を空かせた猫より上手に狩りをするものは何ですか?」

「マールンズよ、お前はジャカジートです。子猫より破壊的なものは何ですか?」

「マファラよ、お前は一族の母です。一族の母のやり方より明かされないものは何ですか?」

「サンジーンよ、お前は血の猫です。誰が血の衝動を制御できますか?」

「シェッゴロスよ、お前はスクゥーマの猫です。スクゥーマの猫より正気でないものは何ですか?」

 そしてオーナールは「子供は2人で十分だ。子供が多すぎると幸せを奪われてしまう」と言った。

 しかし、へーナルシはファドマイのところへ行き、「母よ、へーナルシは兄弟のアルコシュでさえも飛べないほど高い所に飛んでしまえるので寂しいです」と言った。ファドマイはへーナルシを可哀そうに思い、オーナールを騙して再び身籠った。

 ファドマイは月 (MasserSecunda) とその動きを生み出した。次に魔法の砂と豊富な森のニルニ、そして夕暮れと暁のアズラーを生んだ。

 最初から、ニルニとアズラーは母親の愛を奪い合った。

 オーナールはファドマイが出産しているとき彼女を捕まえた。オーナールは怒った。オーナールはファドマイを打ちつけ、彼女は最後の子供を生むために深い闇の奥へと逃げた。子供たちはこの出来事を聞き、母を父の怒りから守るためにやって来た。

 そしてファドマイは、最後の子供ローカジュを深い闇の中で生んだ。ローカジュの心は深い闇でいっぱいだった。ローカジュが生まれると、深い闇はその名前を知った。それがナミイラであった。

 ファドマイは自分の死期が近いことを悟り、こう言った:

ジャ・カージェイよ、お前にラティスを与えよう。月の側面よりしっかりとしたものは何ですか? お前の止まることのない動きは我々をオーナールの怒りから守るでしょう」そして、月は天より出てしかるべき場所に着いた。オーナールの怒りが轟き渡り深い闇は揺れたが、彼はラティスを渡ることはできなかった。

 それからファドマイは言った:

「ニルニよ、お前に素晴らしいものを残しましょう。ファドマイが今日まで子供を授かったように、お前もたくさんの子宝に恵まれるだろう」アズラーには何もないことが分かると、ニルニは笑った。

 アズラーを除いてファドマイの子供たちは全員去った。ファドマイは「私のお気に入りの娘よ、お前に最も素晴らしいものをあげよう。ファドマイはお前に秘密を残します」と言って、娘に3つの事を話した。

 ファドマイは「ニルニに子供がたくさんできたら、1人選んで変化させなさい。機敏で賢く、美しくし、カジートと呼ぶのです」と言った。

「カジートは最高の登り手でなければいけません。マッサーセクンダが落ちても、へーナルシの息吹を登って月を彼らの道に戻さなくてはなりませんから」

さらに「カジートは最高の詐欺師でなければいけません。いつもオーナールの子供たちに自分の性質を隠さなくてはなりませんから」

「カジートは最高の生存者でなければいけません。ニルニが嫉妬して、砂をザラザラにし森を激しいものにし、常にニルニとの戦いで飢えるからです」

 このような言葉を残してファドマイは息を引き取った。

 様々な局面が過ぎ、ニルニがローカジュのもとにやって来てこう言った。「ローカジュよ、ファドマイは私にたくさん子供を生めと言いましたが、そんな場所はありません」

 ローカジュは「ローカジュが子供たちのために場所を作り、お前はそこで子供を生める」と言った。しかしローカジュの心は深い闇でいっぱいだった。ローカジュは姉妹を欺き、2人はニルニとともにこの新しい地へ行くしかなかった。ファドマイの子供の多くは逃げ、星になった。ファドマイの子供の多くはニルニの歩みを安定させるために亡くなった。そして生き残った者は残り、ローカジュを罰した。

 ファドマイの子供たちはローカジュの心を引き出し、ニルニの内側奥深くに隠した。彼らは「騒がしいローカジュよ、我々はお前を呪う。色々な段階をニルニと歩むように」と言った。

 しかしニルニは子供を作るため、すぐにローカジュを許した。彼女は子供たちで満たされたが、お気に入りの子供、森の精は自分の姿が分からなかったので泣いた。

 アズラーが来て「哀れなニルニよ、泣くのを止めなさい。アズラーからお前のために新しい子供を送ろう」ニルニは泣き止み、アズラーは月への第1の秘密を話した。2人は分かれて、アズラーを通した。アズラーは人間と野獣の狭間で悩んでいた森の精を、最高の砂漠と森へ連れて行った。アズラーはその見識で数多くの形に彼らを変えた。すべての目的に合う1つの姿にした。アズラーは彼らをカジートと名づけ第2の秘密を話し、秘密の価値を教えた。そしてアズラーはニルニの秘密の護衛者にふさわしいよう、新しいカジートを月のラティスと結びつけた。それから第3の秘密を話した。月は沼地を照らし、その光は砂糖になった。

 しかしワイファーは第1の秘密の話を聞き、アズラーの後ろについて忍び込んだ。ワイファーは秘密について理解できず、アズラーの罠のことをニルニに話した。ニルニは砂漠を熱し、砂は燃えるようにジリジリした。それから森を濡らし猛毒で満たした。ニルニはワイファーに感謝し、森の精を変えさせた。ワイファーにはアズラーの巧妙な知恵はなかったので、森の精をエルフにし、2度と野獣にならないようにした。彼らをボズマーと名づけた。そのときから、彼らはもはやカジートとは同じ子供ではなくなった。

 そしてワイファーは秘密の価値を理解していなかったので、息を引き取るまで第1の秘密を大声で触れまわり、ファドマイの子供たちは全員ラティスを渡れた。しかしアズラーは賢く、オーナールとローカジュの耳を塞いで、その言葉が聞こえないようにした。

登場 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki