FANDOM


Bethesda-creation-kitWrye Bash (Smash)
タイプ Mod管理ツール
Description Modをマージ、BOSSSKSEとの連携やBAINによる管理/インストールなどができるMod管理ツール。
バージョン 304.3
製作者 Wrye Bash Team, Wrye
Download
Wrye Bash (Skyrim Nexus)
有用なリンク
SkyrimのMod使用法
·

Wrye Bash (ライ・バッシュ)、あるいはWrye Smash (ライ・スマッシュ) は The Elder Scrolls III: MorrowindThe Elder Scrolls IV: OblivionThe Elder Scrolls V: Skyrim などのゲームのModを管理できるツール。 The Elder Scrolls V: Skyrim では 頭文字をとって Wrye Smash と呼ばれることがあり、Skyrim版を起動すると Wrye Smash というアプリケーション名になる。 またFallout 3対応版は Wrye Flash、The Elder Scrolls III: Morrowind 対応版は Wrye Mash または Wrye Mushing と呼ばれている。

特徴 編集

  • esp/esmファイルの管理ができる。
  • セーブデータの管理、バックアップができる。
  • Nexus Mod Manager よりも強力な BAINによるModの管理、インストール優先度の設定ができる。
  • SKSEBOSSなどのソフトウェアとの連携ができる。
  • "Bashed Patch" によって Bashed Tag を付ける、敵のLeveled Listの変更やespファイルの競合やファイル数の肥大化を防ぐModのマージができる。
  • スクリーンショットの管理ができる。
  • Skyrim.ini の設定がマウスだけで可能になる。
  • 1つのインストーラーで The Elder Scrolls III: MorrowindThe Elder Scrolls IV: OblivionThe Elder Scrolls V: Skyrim 版すべてのインストールに対応。

安定性 編集

2012年11月2日 (金) 12:57 (UTC)の時点では v301のバージョンのStandalone版が安定している。それ以前のバージョン、とくに、v27x前後、v295.x前後ではUnicode関係の不具合などがあったため、当時はWrye Bash を無闇に最新版にアップデートしない方が得策な時期もあったが、今のところは2012年8月10日リリースされたv300で安定している。Python版はPythonライブラリの関係上、不具合に悩まされることがある。過去に起きたUnicodeのトラブルはStandalone版で解決するケースがあった。Pythonの扱いに慣れていないか Wrye Bash の Python コードに手を加えるつもりがなければ無理してPython版を使う必要はない。

インストール 編集

現在のインストーラーはThe Elder Scrolls III: MorrowindThe Elder Scrolls IV: OblivionThe Elder Scrolls V: Skyrim など他のゲームにも対応している。。2012年9月3日 (月) 16:01 (UTC)現在公開されているものは一つのインストーラーで複数のゲームに対応した Wrye Bash をまとめてインストールできる。

インストーラーを起動するとすでにインストールされているゲームのディレクトリに Wrye Bash をインストールするかどうか、Python版をインストールするかどうか、聞いてくる。 Python版とStandalone版の指定が現れる。Pythonのバージョン、必要な依存Pythonライブラリやそのバージョン違い、Unicodeの文字化け問題を回避する[脚注 1]ために、Pythonに慣れていないユーザーはStandalone版が推奨されている。

インストールするディレクトリに "C:\Program Files" のサブディレクトリを指定すると、ユーザアカウント制御 (UAC) の問題から、別のディレクトリにインストールするようにと警告してくる。UAC の設定変更方法を知っているか、"C:\Program Files" ディレクトリの下のディレクトリのユーザアクセス制御の設定を甘くしても構わないならば、UACの設定で Wrye Bash をインストールするディレクトリに書き込み権限を与える。これをしないと上手くインストールできないばかりか Wrye Bash が起動しない。

旧バージョンからのアップデート 編集

v295.1xあたり以降のバージョンからは旧バージョンがインストール済みの状態でインストールすると、旧バージョンの設定や mod インストール情報をバックアップするかどうか聞いてくるので旧バージョンからのアップデートは非常に簡単になっている。ただし、v295付近のバージョンよりも古いバージョンでは、アップデートすることによって設定情報や インストールした mod の情報などが消えて mod がインストールされる前と同じ状態になる。それらの旧バージョンでは Bash Installer ディレクトリや Mopy ディレクトリのバックアップが推奨される。

使用法 編集

Installer タブ 編集

このタブでは、Nexus Mod Managerよりも柔軟性が高い、Bash Installer (BAIN)による Modパッケージの管理が可能になる。 BAIN フォーマットに対応していないModパッケージをBAINフレンドリーなパッケージに変換できる Bain Conversion File (BCF) ファイルもこの Installer タブで扱う。

Mods タブ 編集

現在ゲームにインストールされている esp/esmファイルを直接管理できる。チェックボックスを外すとそのesp/esmファイルはゲームに認識されなくなる。

ロード順変更 編集

マウスでファイルをドラッグするとロード順を変更できる。実際のロード順の値は、"Load Order" カラムで確認できる。esp/esmファイルがBOSSで認識できるものであれば無理に手動でModのロード順を設定する必要はなく、自動でソートしてくれるBOSSに任せたほうがよい。

espファイルのゴースト化による負荷軽減 編集

使用していないespはゲームに無駄に負荷をかける原因になる。ゲームは基本的にactivateしていないespファイルも、拡張子で認識して自動的に読み込もうとするので、わざとespファイルの拡張子を.ghost に変更する。ファイル名の拡張子が .esp.ghost になりゲームから読み込まれなくなる。Wrye Bash 側ではghost状態の esp ファイル は薄い灰色で反転表示される。

Bashed Patch 編集

Mods タブでは Bashed Patch, 0.esp という特殊なespファイルをビルドできる。このespファイルは軽いmodのespファイルのインポートや Bashed Tag でタグ付けされた複数のespファイルをマージすることによって負荷対策が可能になる。その他に矢の発射速度や懸賞金額の変更をする Tweak Setting もある。Bashed Patch,0 esp は原則としてすべてのespファイルのうち一番最後にロードする必要がある。 ほとんどが The Elder Scrolls IV: Oblivion 専用で、The Elder Scrolls V: Skyrim では Twreak Seting など使われることがなかったが、2012年12月8日 (土) 04:26 (UTC)現在、v302.1 では徐々に利用可能な項目が増えている。


トリビア 編集

  • このツールの名称 Wrye Bash は最初に作った作者のハンドル Wrye から来ている。Wrye 氏は2012年9月3日 (月) 16:01 (UTC)現在 UESP Wiki の管理者を務めている。
  • Wrye BashBThe Elder Scrolls IV: Oblivionbのからきている。
  • Fallout 3対応版は 頭文字をとって Wrye Flash と呼ばれている。
  • The Elder Scrolls III: Morrowind 対応版は頭文字をとって Wrye Mash または Wrye Mushing と呼ばれている。

脚注 編集

  1. 過去のWrye BashのバージョンではPythonにまつわるライブラリのバージョン、Unicode文字化けの問題による起動できない不具合が頻発していた。

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki